盲点だった!?本棚を粗大ゴミに出す前に注意しておきたいポイントとは

みなさんも、一度くらいは自治体の粗大ゴミ回収を利用したことがあるのではないでしょうか?

本棚を手放すタイミングといえば、模様替えやお引越しでただでさえ予算がないもの。
そんなときは、粗大ゴミを利用して安く処分を済ませたいですよね。

しかし、頻繁に出るものでない粗大ゴミ。

いざ処分しようと思ったときに「どうやって捨てるんだっけ?」と戸惑ってしまう方も中にはいるのではないでしょうか。

というわけで、粗大ゴミの出し方と注意点についておさらいしていきましょう!

あわせて読みたい
本棚の処分方法3選!大容量の収納をラクに手放すポイントとは? 勉強部屋や仕事部屋には、必要不可欠なアイテムである本棚。ほとんどの家庭にある、身近な家具のひとつですよね。 しかし、最近ではWEB漫画などの流行りもあり、電子書...
目次

どうやって申し込む?本棚の処分料金相場

お住まいの地域によってやり方は異なるので、基本的な粗大ゴミの処分の流れを説明します。

STEP
各自治体の「粗大ゴミ受付センター」へ申し込み

本棚を粗大ゴミとして処分したい旨を伝え、電話・WEB上で申し込みをします。申し込みの際に、実際に回収を行う日程を調整します。

STEP
粗大ゴミ処理券の購入

「有料ゴミ処理券取扱所」のステッカーのあるコンビニエンスストアや商店、スーパーなどで購入ができます。

STEP
家の前や収集所に本棚を出す

購入した粗大ゴミ処理券を本棚に貼り、回収日当日に申し込みの際に取り決めていた場所に本棚をだします。

ぽるるん

料金は小さい本棚なら500円くらい、大きいものだと2000円以上かかるよ!

こんな裏技も!実は可燃ゴミでも処分可能なんです

本棚のほとんどが木製ですよね。

ということは、たとえ大きな本棚であっても解体することができれば可燃ゴミとして出してもOKなんです!

ただし、分解後の木の板が、可燃ゴミとして回収可能な大きさであることが大前提です。
また、自力で解体する際は、釘などの金属製のパーツは必ず分別しなければなりません。

分解したところで全体の重量は変わらないので、ゴミ捨て場まで運び出す方法をあらかじめ考えておいてから解体するようにしましょう。

ぽるるん

本棚は重い本を収納するために頑丈な作りになっているよね!解体はさすがに大変そう…!

あわせて読みたい
大きくて運ぶのが大変な本棚を楽に処分する方法とは?粗大ゴミでの捨て方から不用品回収まで みなさんのお部屋に本棚はありますか? 大人から子供まで、すべての年齢層の方がお持ちの家具が本棚ですよね!本が増えるにつれて、ついつい大きなサイズになりがちな本...

本棚を粗大ゴミに出すには?事前に知っておきたいある注意点とは

本棚を粗大ゴミとして出すときには、注意しておきたい点がいくつかあります!

それは、「大きな本棚をどうやって搬出すればいいのか?」ということ。
買った時には組み立てるためにコンパクトになっていた場合もあります。

解体をするためのお部屋のスペースは足りているのか、ドアからはスムーズに出せるのかなど、あらかじめ確認しておきましょう。

どうやって運ぶ?粗大ゴミ置き場までのルート確保

本棚を粗大ゴミで出す際は、必ずご自身で家の近くのゴミ置き場、またはゴミ処理場へ運搬しなければなりません。

そのままの状態では室外に出せず解体が必要であったり、大きい本棚であれば最低でも2人以上での作業が必要となってしまいます。

回収日当日の朝に「搬出ができない!」と焦らないためにも、事前にルートの想定をしておきましょう。

ぽるるん

本棚は引き出し付きのものも多いから、運ぶのも一苦労だよね

すぐには処分できない場合あり!粗大ゴミは予約が必須

自治体の粗大ゴミは、可燃・不燃ゴミと違って予約が必須です。

また、収集日も自治体によって異なり、週に1回、月に1・2回といった形で地域によって様々です。
「明日捨てたい」「引っ越し前日・当日に捨てたい」など、ご自身のタイミングでは捨てられないので注意しましょう!

それから、粗大ゴミの回収は朝に定められています。
夜のうちに出すのはマナー違反なので、必ず余裕をもって作業できる日に、運び出すための人手を確保する必要がありますね。

不用品回収なら、重い本棚でも簡単に処分できる

ここまで読んでみて、「自分では粗大ゴミ置き場まで運べないかも」「仕事があって朝に出すのは難しいかも」と気づいてしまった方も多いのではないでしょうか…?

そんなときは、不用品回収に依頼するのもおすすめの方法です。

解体が必要な場合もプロにお任せ!

不用品回収業者であれば、ご自分の都合のいいタイミングを指定できて、家の中から搬出まで行ってくれます。
また、分解しなければ外に出せない大きな家具なども解体から任せることができるのです。

粗大ゴミ同様もちろん予約は必要となりますが、ポルテの場合は朝だけでなく、お仕事が終わった21時まで回収が可能です!

ご自宅の本棚の処分に困ったときは、ぜひ一度ポルテまでご相談くださいね♪

あわせて読みたい
【本棚】埼玉県久喜市にお住まいのF様からいただいた、本棚のお片付けのご依頼についてご紹介します! 個人で営まれていた医院を引退に伴い数年前に閉業されたF様。 「お客様のカルテ書類や資料などの保管期限が過ぎたため書類と収納していた本棚をお片付けしようとしたが...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次