【盲点だった】ヨギボーを捨てるときの注意点はこれ!ビーズクッション処分方法まとめ

ヨギボーの捨て方における注意点とは?

ソファーより手軽に取り入れられるビーズクッションとして人気の「ヨギボー」ですが、実は「どう捨てたらいいかわからない」という声も意外と多いんです。

お引越しや模様替えなどで念願のソファーを手にいれることができて、ご自宅で持て余してしまっている方も多いのでは?

そこで今回は、処分のプロでもある不用品回収のポルテがビーズクッションを捨てる時の注意点についてまとめていきます!

あわせて読みたい
【徹底解説】ヨギボーを粗大ゴミで捨てるには?実は可燃ゴミでも処分OK ヨギボーの捨て方に迷ったら、この記事をチェック!正しい処分方法からリサイクル、回収依頼業者の選び方までの情報を提供します。 身体にフィットしてくれて、自宅で気...
目次

まだ使える?ヨギボーの寿命の目安

ほとんどのビーズクッションの寿命は3〜6年程度が目安です。

クッションとは違ってカバーが取りはずせないものが多く、洗濯ができないので汚れやすいものですよね。

また、内袋の中にカビが生えている可能性もあります。
目には見えなくても、空気中に散乱して気管などに影響が出る場合も考えられます。

長く使っているビーズクッションをお持ちの方は、ニオイや素材に異変がないか、一度チェックしてみると良いでしょう。

ぽるるん

実は不衛生なまま寝っ転がったりしてたかも…!?恐怖😲

あわせて読みたい
ヨギボーにカビが生えたらどうする!?ビーズクッションの洗い方と寿命の判断ポイント ヨギボーは、快適な座り心地で人気のあるビーズクッションのメーカーのひとつ。斬新なデザインで、発売当初は話題になりましたよね! そんなヨギボーですが湿気の管理を...

ヨギボーはリサイクルや再利用ができる?

リサイクルショップや出張買取を利用して処分することも、もちろん可能です。
ヨギボーや無印良品などの人気のメーカーのビーズクッションであれば、買取してもらえる機会も多いのではないでしょうか。

しかし、長年使用して汚れが目立っていたり、ニオイがついていたりする状態では、値段がつかないことがほとんどです。

日常の中で、座ったりと人の手が触れることが多い特性上、いくら綺麗に使っていても使用感は出てしまうものですよね。

未使用の新品であったり、よっぽど状態が良いものでなければ、売ることでかえって手間がかかってしまう場合もあるので気をつけましょう。

あわせて読みたい
これを読めば全部解決します!不用品回収と出張買取サービスのちがいとは みなさんは、「不用品回収」と「出張買取サービス」の違いについて知っていますか?ポルテのお問い合わせでも「買取サービスだと思ってた!」とお声をいただくことが多...

ゴミに出す時は、ビーズの飛び散りに要注意!

ヨギボーを捨てる方法は、そのまま粗大ゴミに出すか、解体して一般ゴミに出すかの二択になります。

ビーズクッションを捨てる際の注意点はなんと言っても、面倒くさい分解を避けて通れないことです。

分解する場合は、カビ予防によく換気をして、ペットや子供がいない場所を選んで作業をしましょう。

クッションに入っているビーズはかなり細かく、散乱すると誤飲の原因につながります。
小さなお子さんやペットの場合は窒息などの事故に発展する場合もあるため注意が必要です。

また、カビの胞子が飛び散ることも考えられます。大人であってもマスクを着けて、安全に作業してくださいね!

ぽるるん

別の記事では、ゴミとして処分する方法を詳しくまとめてあるよ!参考にしてみてね〜

あわせて読みたい
【徹底解説】ヨギボーを粗大ゴミで捨てるには?実は可燃ゴミでも処分OK ヨギボーの捨て方に迷ったら、この記事をチェック!正しい処分方法からリサイクル、回収依頼業者の選び方までの情報を提供します。 身体にフィットしてくれて、自宅で気...

不用品回収なら、注意の必要ナシ!

もし、ご自分で処分するのが大変そうに感じたときは、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。

ご自宅のヨギボーやビーズクッションが邪魔になってしまう前にぜひポルテにご相談くださいね♪

あわせて読みたい
【ビーズクッション】福岡県春日市春日原南町 U様の不用品をお片付けさせていただきました! 福岡県春日市春日原南町にお住まいのU様からいただいた、不用品整理のご依頼についてご紹介します! U様ご家族のお引越しに伴い、かさばってしまうビーズクッションや、...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次