ゴミ屋敷の心理を解説! なぜ人々はゴミ屋敷で暮らすのか?

ゴミ屋敷はなぜ存在するのでしょうか?その背後にある原因と解決のための具体的な対策を詳しく調査します。

ゴミ屋敷の謎: 原因と対策を探る

どうして、このようにゴミ屋敷になってしまうのでしょう?

実は、そこに住む住人の環境から心的要因に至るまで原因はさまざまです。

この記事では、その原因を細かく解説し、ゴミ屋敷化してしまった場合の対処法をしっかりとご紹介していきます。

ゴミ屋敷になりそうな方から、家族の家がゴミ屋敷になってしまっている方まで、なぜゴミ屋敷になってしまうのか原因と対処法をしっかりと知っておきましょう。

目次

ゴミ屋敷の定義とその特徴

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷という言葉には明確な定義はありませんが、不要な物が家の中や外にあふれ、生活できる空間がほとんどなく、人間の生活に適さない状態のことを指します。

簡単に言えば、「家の中が足の踏み場もなく、ものであふれている状態」になるでしょう。

ゴミ屋敷が生まれる背後にある心理的要因

さまざまな心理的要因がありますが、過労過度なストレスを感じている場合や精神疾患を抱えているケースが多くあります

ごみ屋敷に住む人々の心理状態

孤独や疎外感: ゴミ屋敷住民の共通点

近隣に誰も知り合いがおらず一人で暮らしている場合、孤独感からゴミ屋敷になりやすいといわれています。

ゴミに囲まれることで疎外感が薄れるという人も少なくないからです。

家族や配偶者を亡くし、孤独が深まることがきっかけになるケースもあります。

物を捨てられない心理

本人は物に対しての執着心が強く、周りの人がゴミだと思うものでも本人は「必要な物」「価値のある物」と認識しているため、捨てるのがもったいないので処分できません。

捨てられずに物がどんどん増え続けていき、結果としてゴミ屋敷になります。戦後の物が少ない時代を経験した方にこの傾向が多いようです。

ごみ屋敷住民の特徴と行動パターン

多忙でゴミ出しができない

ごみの分別を極端に面倒くさいと感じる

片付けに苦手意識がある

精神的に負担がかかる仕事をしている

収集癖がある

\ 不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

ゴミ屋敷ができる原因

買い物依存と物の取得

買い物依存症は買うときには強い欲求を感じているものの、購入した商品にはあまり強い関心がありません。

以前買ったことを忘れて同じ商品を何度も購入してしまうこともあります。

そのため、家の玄関にはネット通販で購入して届いた段ボールがそのまま何十箱と積み上げられている、という状態になる家庭も珍しくありません。

そのような状態が長く続けば、ゴミ屋敷と呼ばれる不用品で家の中がいっぱいになり、足の踏み場もないような状態にまで陥る可能性があるのです。

時間管理の問題

仕事や育児や家事に追われてなかなかその時間がとれず、だんだんとゴミや物が増えていくパターンです。ゴミが溜まれば溜まるほど片付けに時間がかかるため、そのうち本人の手に負えなくなっていき、気が付けばゴミ屋敷状態に。

精神的な問題と病気

ゴミ屋敷に住まわれている方は何らかの精神的疾患を抱えていると言われています。大事な人を亡くしてしまったために感じる喪失感やうつ病などによって、掃除をする、片付けなどの意欲が失われ、このような精神的要因がゴミ屋敷化の引き金になることがあります。

ゴミ屋敷のリスクとその影響

健康への影響

ゴミ屋敷のような不衛生な場所は害虫・害獣の格好の住処。もちろんこれらは健康に悪影響を及ぼしますので、さまざまな病気にかかる可能性が高くなり危険です。

ゴミ屋敷で発生した害虫にはウイルスを媒介するような虫もいるため、最悪それらが原因で命を落とすことも。

また、害虫・害獣はゴミ屋敷の敷地外にも被害をもたらしますので、近隣の住民とのトラブルに発展する恐れもあります。

近隣住民への影響

近所にゴミ屋敷があるとどうでしょうか。生活環境の悪化がストレスになるだけでなく、普段の行動を抑制する必要も生じるため、不自由な生活を強いられてしまいます。

実際に近所にゴミ屋敷がある場合、以下のような4つの問題が発生します。

ゴミによる悪臭

害虫や害獣問題

火災や家屋倒壊

孤独死

火災のリスク

ゴミ屋敷の周囲は劣悪な環境になり、防災の面にも影響をおよぼします。

誤って燃え移ってしまった際は非常に危険です。

ゴミ屋敷からの脱却: 実践的な対策と解決策

専門家の助けを借りる

家がゴミ屋敷なってしまうと自身で片付けるのはかなり大変な作業です。

もちろん不可能ではありませんが、大きな労力と長い時間がかかりますよね。

専門業者にまかせることで早ければ数時間でゴミ屋敷だった家をきれいな状態にすることが可能です。

ゴミの分別、運び出し、回収、清掃まですべてまかせられるので、依頼する側はゴミにふれることもありません。

きれいになった家で心機一転、新しい生活をスタートできます!

家族やコミュニティのサポート

まずは親族の方に状況の報告と相談を各自治体には地域の苦情やトラブルの窓口がありますので、まずは電話で相談してみましょう。自治体によってはゴミ屋敷に関する条例が制定されていますので、利用しない手はありません。

相談する際は被害状況や要望、現場の画像や近隣住民の署名を事前に報告書にまとめます。そうすることで具体的な相談ができるので、話がスムーズにすすむでしょう。

自助策: 今すぐにできること

今から始められることとして7つの実践方法を紹介します。

1.床が見える状態を保つ

2.燃えるゴミは毎週捨てる

3.定期的に人を呼ぶ

4.ものを分類別にする

5.年に数回業者に掃除をしてもらう

6.使わなさそうなものは段ボールに入れて日付を書く

7.洋服はハンガーにかける

散らかった部屋は心の余裕をなくします。

できることから始めましょう。

まとめ: ゴミ屋敷問題の理解と対処

ゴミ屋敷問題への新しい視点

できればゴミ屋敷になる前に片付けるのが一番なのでしょうが、その方の環境や体と心の状態などで片付けられない原因がたくさんあるかと思います。

しかし、ゴミ屋敷化してしまい、そこに住み続けるのは体に悪影響を及ぼしますし、命に係わることもあるかもしれません。

また、近隣住民の方にも被害が及ぶことも考えられます。まずは家族や友人などに相談することも対処のひとつです。お片付けに関するご相談であればPORTEでも承ります。

できるだけお早めにご相談ください。そして、ゴミ屋敷とは決別し、快適で気持ちのいい空間で過ごしていただければと思います。

未来のゴミ屋敷問題の予防

物やゴミを片付けてせっかくきれいな気持ちのいい家に戻っても、また物が増えてゴミ屋敷になってしまっては元も子もないですよね。

何か物を購入するときは、購入するものをしっかりと吟味し、できるだけ無駄なものを購入しないようにしましょう。

忙しくてゴミがなかなか捨てられず溜め込んでしまう方は、時間に融通の利く不用品回収業者利用するのも一つの手段です。

今回ご紹介したように、ゴミ屋敷化する原因はさまざまですので、一概にこうしたほうがいいというような解決策はありません。

ゴミ屋敷を防ぐために、できるだけこまめにゴミや使わないもの処分していくのがおすすめです。

一方で、ストレスなどで心的な部分に原因がある方は、異常を感じるようであれば早い段階で家族や友人、または医療機関に相談することをおすすめします。

ですが、ごみ屋敷になってしまったら、片付けるしかないですよね。そんな時は一人で悩まずにプロにお任せしましょう!

PORTE(ポルテ)なら、ごみ屋敷の回収にも対応しています。無料で見積もりも行っていますので、初めての方も安心してご利用いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次