テレビの正しい回収方法|無料での方法も解説!

テレビを正しく回収する方法を詳しく解説。リサイクル法対応の手順、無料での回収方法、よくある質問まで網羅。テレビの引き取り・リサイクルの疑問を解消します。

テレビの正しい回収方法|無料で回収する方法はある?

テレビは環境に悪影響を与える可能性があるため、リサイクルが重要です。無料で回収する方法として、新しいテレビを購入する際、古いテレビを販売店に回収してもらう、自治体が指定する回収業者に依頼する、指定引取所に直接持ち込む、またはリサイクルショップで買い取ってもらう方法などがあります。テレビを適切にリサイクルすることで、環境保護に貢献しましょう。

テレビリサイクル回収のお申込について

テレビリサイクル回収お申し込み方法

自治体指定業者への依頼する方法として自治体が指定した回収業者を利用する方法です。自治体のウェブサイトやごみ収集スケジュールを確認し、回収依頼の方法を調べます。各方法には異なる手続きや条件があるため、自身の状況や地域に合った方法を選択し、テレビを適切にリサイクルしましょう。

申し込み時の注意点

回収対象商品の確認、料金の確認、回収スケジュール、データの削除、テレビの準備(配線を外し、付属のリモコンや付属品を整理しておくと、回収作業がスムーズです)、回収業者の信頼性、リサイクル法の遵守

これらの注意点を守ることで、テレビリサイクルの申し込みプロセスを円滑に進め、環境への貢献を確保できます。

リサイクル法対応のテレビ回収

リサイクル法とは?

環境保護法の一種で、廃棄物の適切なリサイクルと廃棄物削減を促進するために制定された法律です。資源の効率的な利用、廃棄物削減、環境保護、経済効益などが挙げられます。リサイクル法は、リサイクル産業の成長を促進し、雇用を創出する一方、資源の節約により経済的な効益をもたらすことを期待しています。再利用市場の拡大が、経済にプラスの影響をもたらします。

いらなくなったテレビを回収するには?

回収の流れと手順

最初に地域で提供されている自治体のウェブサイトやリサイクルセンターの連絡先、販売店のポリシーなどを確認しましょう。

一部の自治体は、定期的な回収日を設定している場合もあります。

付属のリモコンやケーブルを整理し、テレビと一緒に提供します。テレビが壊れている場合、その旨を先に伝えましょう。

必要な手続きや書類にサインをすることがあるかもしれません。テレビは回収後、適切な方法でリサイクルや廃棄物処理されます。

テレビは正しく回収する必要あり!その方法を詳しく解説

テレビ回収の重要性

適切なリサイクルは環境への負荷を軽減し、持続可能な資源管理を促進します。

テレビには有害な物質(例:重金属、フラムレタード剤)が含まれていることがあり、これらが不適切な廃棄物処理によって環境に漏洩することを防ぎます。

テレビの部品や材料は再利用できます。リサイクルにより、貴重な資源を再利用し、新しい製品の製造に貢献します。

また、不要なテレビが埋立地に投棄されることを防ぎ、埋立地の使用を減少させます。多くの地域でリサイクル法が存在し、これに従うことは法的義務であることがあります。

テレビメーカーや販売業者は、廃棄テレビの適切な処理とリサイクルを促進しております。消費者として、社会的責任を果たす一環としてリサイクルに協力することが重要です。

リサイクル産業の成長は雇用の創出や新たなビジネスチャンスを生み出します。経済的にもプラスの影響をもたらします。

テレビのリサイクル・引き取りについて

引き取りサービスの種類

販売店の引き取りサービス、自治体の回収サービス、指定引取所 、不用品回収業者、リサイクルショップ、オンラインプラットフォームがあげられます。

正しいテレビリサイクルとは?

テレビのリサイクルプロセス
STEP
回収と分別
STEP
部品と材料の分解
STEP
再利用
STEP
リサイクル!!

このように、テレビのリサイクルプロセスは環境保護と資源の効率的な利用を目指しております。

知らないと損!テレビを回収する方法

テレビはリサイクル法の対象製品

液晶・プラズマ式テレビ

テレビの基本的な回収料金とは
対象の家電製品リサイクル料金(税込)
テレビ(液晶・プラズマ式・16型以上)3,150円
冷蔵庫・冷凍庫(170L以下)3,950円
冷蔵庫・冷凍庫(171L以上)4,950円
洗濯機・衣類乾燥機2,730円
新しくテレビを購入する販売店に回収を依頼

新しくテレビを購入する際に、処分予定のテレビをその販売店で引き取ってもらうことが可能です。家電量販店は、家電リサイクル法の対象製品を買い替える消費者に対して、古い製品を引き取る義務があります。この方法の良い点は、新しいテレビを配達してもらった際にそのまま古いテレビを引き取ってもらえるので、余計な手間がかからないことでしょう。

ただし、販売店は古いテレビを下取りしたり、無料で回収してくれるわけではなく、「リサイクル料金と運搬料」がかかります。

リサイクル料金はテレビのメーカーや種類によって異なりますが、運搬料は販売店によって異なります。

回収するテレビを購入した販売店に回収を依頼

販売した店舗は処分品を引き取る義務が生じます。

実店舗はもちろん、ネット通販・テレビショッピングなどでも同様です。また、引越して店舗が近くにない場合でも、支店に引き取り依頼が可能です。しかし、購入店であっても料金は店舗に準じた費用が必要になります。また、持ち込みの場合は運搬費が必要ありません。

自治体が指定する回収業者にテレビの回収を依頼

電話もしくはネットで申し込むだけで、指定回収業者が自宅までテレビを回収しに来てくれるため手軽です。

高齢者だけのご家庭や、テレビを運搬するための車がない方にはメリットと言えるでしょう。 ただし、治体指定の回収業者にテレビの処分を依頼すると、「リサイクル料金+収集運搬料」がかかります。また、自分の予定に合せて回収に来てもらえる保証はありません。そして、事前に郵便局でリサイクル料金を支払う必要があるため、多忙な方にはデメリットと言えるでしょう。

指定引取所にテレビを直接持ち込んで回収

一番料金を安く抑えられるのが、郵便局で家電リサイクル券を購入し、自分で指定引取場へ持ち込む方法です。

家電リサイクル券の料金だけで処分ができるので、指定引取場所が近くにあり、自分で持ち込みできる場合にはおすすめの方法です。

ただし、指定引取場所が遠方にある場合は、ガソリン代も時間もかかるのであまりおすすめできません。ご自宅と、指定引取場所の位置を確かめてからご検討するのがいいでしょう。

リサイクルショップにテレビを買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取りを依頼する場合は、複数のショップに見積もりを依頼して、一番高く買い取って貰える業者を選ぶことが大切です。

買取価格なんて、大して差はないんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、店舗ごとに買取価格設定は違うんですよ。また、店舗ごとに力を入れている商品にも差があります。家電をたくさん取り扱っている店舗や、家電の買い取りに力を入れている店舗のほうが高く買い取って貰える可能性があります。

フリマアプリやネットオークションでテレビを売却

フリマアプリやネットオークションにテレビを出品するのも一つの手段です。この方法もリサイクルショップを利用するのと同様に、処分費用がかからないのがメリットだといえます。自分で売却価格を設定できるので、リサイクルショップよりも高額で売却できる可能性があります。

とはいえ、すぐに買い手が現れるとは限らないので、売れるまで自宅に不要なテレビを保管しなければなりません。さらにフリマアプリやネットオークションにテレビを出品する際は、以下の手間がかかるので初心者には少々ハードルが高い方法です。

不用品回収業者にテレビの回収を依頼

不用品回収業者を利用すると、面倒くさい手続きや準備は全部任せられるメリットが大きいので、とにかく簡単にテレビを処分することが出来ます。

それなりに料金はかかりますが、家電リサイクル券の購入手続きや配線の取り外し、テレビの運び出しまですべてスタッフがおこなってくれるので忙しい人にはオススメできる処分方法でしょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン

テレビの回収に関するよくある質問

不用品の量が少なくても回収してもらえますか?

1点から回収いたします。お気軽にご相談ください。

市区役所で回収できないもの、テレビなども回収できますか?
また、回収ができない物はありますか?

家電リサイクル法の対象となる家電は、管轄の市役所で回収できない可能性がございます。

下記以外の物でしたら、どんな物でも回収できますのでお気軽にご連絡ください。

生ゴミ、液体類、食品類、土、ブロック、生木、砂、汚物などは回収不可となりますのでご了承ください。

家電リサイクル法の対象になる物はなんですか?

家電リサイクル法の対象となる物は下記になります。エアコン(室外機含)、テレビ(ブラウン管)、薄型テレビ(液晶・プラズマ)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機を市区役所で処分する場合、リサイクル料金(運搬料含む)として1,000円~7,884円の費用が掛かる場合がございます。

テレビの回収方法まとめ

  1. 自治体の回収業者へ依頼
  2. 自治体の引取場所へ持ち込む
  3. 購入した店舗に依頼
  4. 買い替えで家電量販店に依頼
  5. リサイクル業者に買い取ってもらう
  6. ネットやアプリで出品
  7. 知り合いなど人に譲る
  8. 不用品回収業者へ依頼する

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次