雛人形の処分方法と供養の重要性:徹底ガイド

雛人形の処分を考えていますか?供養の意味、処分の方法やタイミング、よくある質問まで、雛人形の処分と供養に関する全てを徹底解説します。

雛人形の処分方法と供養の重要性

雛人形は、昔から女の子の健やかな成長と幸せを願って飾られるものです。

もともと桃の節句・雛祭りは「人形(ひとがた)」と呼ばれる、人の姿をしたものに穢れを移して何を逃れる厄除けの儀式に由来しています。つまり雛人形は大切な子供を守ってくれるお守りのような存在。女の子が無事に成長すれば、本来の役目を終えます。

それでは役目を終えた雛人形は、どのように扱えばいいのでしょうか?供養する方法や、その他の処分方法についてご紹介していきます。

目次

雛人形の役割と処分のタイミング
  1. 雛人形の歴史的背景
  2. 雛人形を飾る意味と役割
  3. 雛人形の処分の適切なタイミング
雛人形の処分方法8選
  1. 一般的なゴミとしての処分
  2. 人形供養を行う方法
  3. リサイクルやリユースの方法
  4. フリマアプリやオークションでの販売
  5. 寄付や譲渡の方法
  6. 供養代行サービスの利用
  7. 不用品回収業者への依頼
  8. その他の処分方法
雛人形の供養の重要性
  1. 供養の意味と背景
  2. 供養の方法と手順
  3. 供養を行う場所の紹介
雛人形の処分に関するよくある質問
  1. 供養は必須なのか?
  2. 処分の際の注意点は?
  3. 供養の費用はどれくらいかかる?
雛人形の処分と供養のポイント

\ 不用品の処分でお困りの方は、PORTEにお任せください! /

雛人形の役割と処分のタイミング

雛人形の歴史的背景

「ひな祭り」は端午、七夕などの五節句の一つで、中国伝来の風習とされています。古代中国では3月の最初の巳の日に水で体を清め、薬を祓うという祭りがありました。その「上巳の節句」が日本に伝わり、更に日本独自の風習である人形(ひとがた)に厄を移すというものが一体となって「雛祭り」の原型が誕生しました。

平安時代になると、祈祷師を呼んで祈りを捧げ、人形を撫でて厄を移し、供物を備えて水に流すという祭りが行われるようになります。

大衆に広まったのは江戸時代から

平安時代、上流階級の女子の間で「ひいな遊び」という紙で作った人形と家財道具に似せて作ったおもちゃを使った“ままごと遊び”が盛んに行われていたようです。当時の随筆や物語にもそのような描写があります。

室町時代頃になると3月3日に祭りの日が定まってきたようです。

江戸時代になると、宮中行事として雛祭りが行わるようになりました。その頃、庶民にも雛人形が広まっていき、女の子の初節句を人形を飾ってお祝いする風習が生まれました。さらに、江戸中期には段飾りが登場し、三人官女や雛道具の数も増えていきます。明治以降になると雛祭りは農村部まで普及してきました。

雛人形を飾る意味と役割

雛人形を飾る意味の一つは、その家に生まれた女の子に対して「良い人に出会えますように」「良い結婚ができますように」という願いを込めるためです。

もう一つの意味は、お守りや厄祓いのためです。“流しびな”の文化があるように、昔から日本では人の形をした土や紙の身代わりとして使っていました。その風習が「雛人形」を飾る文化にも受け継がれてきました。当時は衛生環境も悪く、子供を無事に育てることが難しい時代でした。それだけに古くから伝わる日本の行事には、厄払いを意味したものが数多く見られます。

雛人形を飾るのなら、2月4日ごろに毎年訪れる立春以降が良いとされていますが、決まりはありません。ただし、ひな祭りの前日に飾るのは葬式の一夜飾りをイメージすることからあまり好まれないため、避けましょう。

本来の雛人形は全部で15体の人形と、さまざまな小道具がセットになっています。これらの人形にはそれぞれの意味が込められています。その意味と役割についてご紹介します。

最上階:親王(しんのう)

ひな段の一番上にいるのは、男雛と女雛の2人です。天皇陛下と皇后陛下を表しています。男雛は右手に「笏(しゃく)」を持ち、女雛は「桧扇(ひおうぎ)」という扇を両手で持っています。どちらも大切な儀式をする時に用いられるアイテムです。

2段目:三人官女(さんにんかんじょ)

2段目にいるのは、三人官女と呼ばれる日頃から皇后陛下をサポートする世話係です。お酒を注ぐための道具をそれぞれ持っています。

・長柄(ながら)…お酒を盃に注ぐための道具

・三方(さんぽう)…盃を乗せる台

・提子(ひさげ)…お酒を入れておく器。

真ん中の女性はお歯黒をしており、既婚者であることが分かります。

3段目:五人囃子(ごにんばやし)

3段目には、結婚式を盛り上げるために能楽を演じる、五人囃子がいます。五人囃子のうち、一人は謡(うたい)と呼ばれる能楽における歌を担当し、その他の4人は楽器を演奏します。そのため謡担当は扇を持っており、他のメンバーは太鼓、大鼓、小鼓、笛を持っています。

4段目:随身(ずいしん)

4段目には、随身と呼ばれる2人がいますが、これは天皇陛下らをお守りするために付き従うボディガードです。そのため、刀、弓や矢を持っています。

5段目:仕丁(じちょう)

5段目にいる3人は仕丁という、宮廷の雑用を担当する庶民です。3人はそれぞれ泣き顔、笑い顔、怒り顔というように表情が違うことから「三人上戸」と呼ばれることもあります。

6段目:嫁入り道具、7段目:御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)

6段目以降は道具が飾られます。

【嫁入り道具】

・たんす…衣服を収納する家具

・長持(ながもち)…衣服や寝具を収納する家具

・鏡針揃(きょうはりぞろい)…化粧台と裁縫箱

・火鉢…現代でいうストーブのようなもの

・台子(だいす)…お茶を点てるための道具を乗せる棚

・重箱…おせちを入れるような器

【御輿入れ道具】

御駕籠(おかご)…かごの部分に皇后陛下が乗り、人が担いで運ぶもの

牛車…屋形と呼ばれる部屋状の席に皇后陛下が乗り、牛に引かせることで運ぶ

その他の道具の意味

雛人形では、以下のような道具や植物が置かれていますが、これにも意味があります。

・緋毛氈(ひもうせん)…フェルト状の赤い布。昔から伝統行事に使われる敷物

・サクラの花…魔除けの願いを込められた飾り ・タチバナの花…冬に花をつけることから不老長寿の願いを込められた飾り

雛人形の処分の適切なタイミング

雛人形の供養は、「子どもの厄災を引き受けてくれてありがとう」という感謝の気持ちを伝えることが目的です。なので、供養の時期は成人後など、子どもが無事成長し終わった頃に行うと良いとされています。

ですが、人形供養に出すタイミングには時に決まりはなく、いつもでも大切に持っていても問題はありません。人形供養をするということは最終手段と考えられて居ます。

雛人形の処分方法 8選

  一般的なゴミとしての処分

自宅で供養する

人形を可燃ごみ、または粗大ごみとして処分する方法があります。処分の際には、子を守ってくれたことへの感謝を心の中で伝えつつ作業すると良いでしょう。

より丁寧に供養したい場合は、白い和紙に雛人形を乗せて上からお清めの塩をふり、お見送りするのがおすすめです。

可燃ごみか粗大ごみのどちらにあたるのかは、お住まいの自治体によって異なりますので事前に行政HPなどで確認しておきましょう。可燃ごみとして処分する場合には、金属などの不燃パーツは分別しなければなりません。

粗大ごみで処分する方は、行政HPなどから申し込みましょう。すぐには予約が取れないため、場合によっては1ヶ月後にしか処分できないこともあります。すぐに処分したい方は、別の方法を検討すると良いでしょう。

人形供養を行う方法

神社やお寺に依頼する

神社やお寺に依頼し、供養してもらう方法があります。お坊さんや宮司さんが読経やお焚き上げをして供養してくれます。事前に供養を行っている寺社かどうかHPなどで確認してから依頼しましょう。

費用の相場は3,000〜10,000円程度です。これは雛人形の大きさや供養の方法によって値段が変わってきます。依頼方法は、「持ち込み」と「郵送」の2種類があります。いずれも事前連絡が必要な場合が多いので、しっかりと手順を確認しておくとよいでしょう。また、金属などの燃えないパーツは事前に外しておく必要があります。

お寺や神社の中には郵送のみで受けているところもありますので注意しましょう。持ち込みの場合は自身で運搬する必要がある為、雛人形などの大型のものはかなり手間が掛かります。

リサイクルやリユースの方法

リサイクルショップに売却する方法もあります。ただ人形は、子どもの厄災を祓ってくれる大切なお守りですので、できれば長く大切にするのが良いでしょう。

もしお人形を売りたい場合は、一般のリサイクルショップよりも古いお人形専門の販売店に相談する方が良いでしょう。損傷があるなど保存状態によっては買取りしてくれないケースもあります。

フリマアプリやオークションでの販売

雛人形をどうしても売りたいという方はフリマアプリやオークションに出品する方法もあります。

出品する際には、写真の撮影や梱包、配送作業も出品者が行う必要があるので、かなり手間は掛かります。さらに買い手が見つからない場合、いつまでも自宅に置いておくことになるので、すぐに処分したい人は他の方法を検討すると良いでしょう。

寄付や譲渡の方法

物品寄付を受け入れている団体がいくつかあり、雛人形の受け入れをしている所もあります。多くの場合、送料等は自己負担となるようです。また、状態に関して基準を設けている所もあり、一部欠品しているような状態だと受付けしてくれない場合もあります。

しかし一般的には、雛人形を譲渡するのはあまり良くないとされています。

雛人形にはきちんとした意味があり飾られています。持ち主の災厄を引き受け、お人形が身代わりとなることによって、子どもが健やかに育つという家族の願いが込められています。

そして、子どもが無事に成長し、願い事が叶ったら雛人形の本来の役目は終わりということになるために、一般的に引き継ぐことは望ましくないとされているのです。

供養代行サービスの利用

雛人形を含む様々なお人形の供養「人形供養代行サービス」を行っている一般社団法人 日本人形協会に依頼する方法があります。

電話またはWebサイトから申し込むことができ、「ひとがた札」「お人形送り専用ラベル」「手続きについての説明書」「代金振込票」の入った「お人形差出キット」が自宅に送付されます。規定サイズの箱を用意して梱包・郵送し、付属の代金振り込み票で代金を支払います。

自身で梱包と郵送を行わなくてはならないので、手間は掛かります。

一般社団法人 日本人形協会

電話: 0120-25-5942

ホームページ: https://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/

不用品回収業者への依頼

不用品回収業者に依頼し、回収してもらう方法もあります。希望の日時に合わせて回収してくれてとても便利であるため、最近利用者が急増して居ます。運搬から処分まで全て業者が行ってくれるので、手間なく簡単に処分ができます。

また、他に不用品がある方はまとめて回収をお願いすることもできます。出張見積もりを無料で行ってくれるところもありますので、一度お問い合わせしてみると良いでしょう。

また、業者の中には回収だけでなく同時に買い取りも行っているところもあります。それらの買い取りと合わせるとお得な料金で処分できます。

その他の処分方法

人形感謝祭

雛人形などのお人形を供養してくれるイベントが様々な地域で開催されています。感謝祭では御祈祷やお祓いといった供養の儀式を執り行ってくれますので、そういったイベントに寄贈するも良いでしょう。

ただし、年に一度のペースで行われている所がほとんどですので、処分できる時期は限られます。

葬儀社

不定期に人形供養を行っている葬儀社もあります。僧侶を招き、ホール内の祭壇に人形を並べ、消耗を行ってから供養をします。

ただし、人形供養を取り扱っている葬儀社は限られますので、よく調べてから行く必要があります。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン

雛人形の供養の重要性

供養の意味と背景

「供養」とは、を仏や菩薩などに対して尊敬や感謝の念を示すことを言います。特に日本では古来より「物にも魂が宿る」とされてきました。

人に対してだけではなく、思い入れの強いものに対しても感謝の念を込めた儀式を行うことがあります。愛着のあるお人形を供養することで、手放す時の心の痛みや葛藤が和らぐ人も多いようです。

人形供養の歴史は浅く、戦後に広まったと言われています。

供養の方法と手順

最も一般的な方法が「お焚き上げ」です。

お焚き上げは、日本で昔から行われてきた伝統的な風習で、不要になった大事なものを処分するときに行います。魂が宿っている物が火で燃やされることで浄化され、天に戻っていけると信じられているためです。

まず読経が行われ、その後にお焚き上げがされます。

供養を行う場所の紹介

千葉県の長福寿寺(ちょうふくじ)、東京都の明治神宮、和歌山県の淡嶋神社は、人形供養を行なっている寺社として特に有名です。

長福寿寺(千葉県)

人形供養を初めて400年という歴史があります。長福寿寺では僧侶が3ヶ月もの間、読経供養をしてから火葬します。人形専用の火葬炉があり、プラスティックでも供養できるところが特徴です。持ち込みと郵送のどちらも対応しており、365日受け付けています。

ホームページ:https://choufukujuji.com/kigan_1/index.html

明治神宮(東京都)

平成元年から、毎年秋に「人形感謝祭」が開催されてきました。2019年の期間中は約7,000名が来場し、約42,000体もの人形が収められたそうです。

ホームページ:http://ningyou-kanshasai.com/index.html

淡嶋神社(和歌山県)

和歌山県の郊外にある淡嶋神社では、毎年3月3日に「雛流し」という神事が行われています。「雛流し」は、願いごとを書いた人形を舟に乗せて送り出す行事です。全国から多くの女性が集まり、それぞれの想いを人形に託して見送っています。

人形供養をしてもらう場合は、郵送や宅配は受けていません。必ず現地に持ち込んでください。

雛人形の処分に関する よくある質問

供養は必須ですか?

雛人形は、子どもの災厄を代わりに受けてくれた人形ですので「今まで身代わりになってくれてありがとう」と感謝の意を表すことが必要です。願いごとをする時だけ頼って役目を終えたら知らんぷりでは、雛人形が気の毒ですね。役目を終えた人形はしっかり供養することをお勧めします。

処分の際の注意点はありますか?

お寺や神社によっては、雛人形や五月人形が飾られているガラスケースは供養の際に持ち込めない場合があります。自身で処分をしましょう。事前に必ず受付日を確認してください。

供養の費用はどれくらいかかりますか?

お寺や神社、業者や代行サービスなど、方法によって費用は異なります。

・お寺や神社… 雛人形や五月人形は3,000〜10,000円程度(「お志」の場合は3,000円〜5,000円ほどは包むのが一般的)

・業者・代行サービス…箱のサイズで供養料が設定されていることが多いようです。1箱 5,000円程度(一般社団法人「日本人形協会」の場合)

・不用品回収業者…10,000円程度〜。他の不用品も一緒に回収を依頼するとお得になります。

雛人形の処分と供養のポイント

このように雛人形を処分する方法はいくつかありますが、感謝の意を表すためにもしっかりと供養することを心がけましょう。供養する場合は、お寺や神社に自身で申し込むのが一般的ですが、なかなか時間が取れない方は代行サービスや不用品回収業者に依頼する方法もあります。

雛人形は子どもを災厄から守ってくれたお守りのような存在です。しっかり役目を果たしてくれたお人形ですから、最後まで丁寧に扱いましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次