食器はどうやって捨てるの?正しい方法からエコな選択までをプロが解説!

食器の捨て方の基本を押さえ、素材や状態に応じて適切に処分しましょう。環境に優しい方法も紹介しています!

いらなくなった食器はどうやって捨てればいいの?正しい捨て方とお得な方法をご紹介します

割れた食器や、もう使わなくなった食器の処分、どうしていますか?

食器といっても様々な素材のものがあり、いざ捨てる時になって迷ってしまう方も多いでしょう。

種類別の正しい分別方法の知識を身につけましょう。さらに、ごみに出す以外の処分方法についても紹介しています。

シチュエーションに応じて、賢い処分方法を選択しましょう!

目次

素材別に見る食器の捨て方とは?

素材によって、ごみの分別が異なります。まずは代表的な分別方法をご紹介します。

陶磁器・ガラス製の食器

陶磁器やガラス製の食器類の場合は、【不燃ごみ】に分別されます。月に2回程度ある不燃ごみの日に捨てましょう。

これらの食器は、とても割れやすいので、そのままゴミ袋に入れてはいけません。万が一運搬中に割れて作業員が怪我をしないように、新聞紙や古紙などに包んでゴミ袋に「割れもの」と注意書きを添えて捨てるようにしましょう。

金属製の食器

金属製の食器も【不燃ごみ】に分別されます。地域で指定された不燃ごみの日に出すようにしましょう。

木製の食器

木製の場合は【可燃ごみ】で捨てることができます。他の燃えるごみと一緒にごみ袋に入れて、可燃ごみの曜日に出すようにしましょう。

プラスチック製の食器

プラスチック製のものは、地域によって分別方法が異なります。【可燃ごみ】もしくは【プラスチックごみ】に分別されます。

プラスチックを分ける必要がある地域は、別で出しましょう。お住まいの地域のごみのルールを確認する必要があります。

大きいサイズの食器の場合

 一辺が30cmを超えるサイズの場合は、粗大ごみに分別されるでしょう。多くの地域では、粗大ごみの大きさの定義を一辺30cmとしていますが、地域によっては50cmや90cmなどルールが異なります。お住まいの地域の粗大ごみルールは、行政のホームページで確認することができます。

粗大ごみサイズに該当するほど大きい食器であれば、行政の粗大ごみ予約を入れて捨てるようにしましょう。

まだ使える食器はリユースを検討しましょう

比較的新しい食器を捨てるのは、勿体ないですよね。お祝いや引き出物などでもらって、一回も使ってない!という経験も多いのではないでしょうか。

実は捨てる以外にも処分する方法はあるのです。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップなど買取専門業者に売却する方法があります。食器は需要が高いので、多くの買取業者で取り扱ってくれるでしょう。

ただし、全ての食器で買取価格がつくとは限りません。高級ブランド食器は高めの査定価格がつく場合がありますが、特典でプレゼントされるような食器は買取価格がつかなかったり、引き取りできないケースもあります。

オークションやフリマアプリに出品する

最近では、ネットオークションフリマアプリを利用する人が増えていますね。自身で価格を設定できて、買い手を見つけることができます。買い手が見つかれば良いですが、必ずしもすぐに見つかるとは限りません。それまでは、自宅で保管しておく必要があります。

さらに、自身で出品のための写真撮影、梱包、配送作業までのこなさなければならないので、かなり手間と時間がかかるでしょう。

引っ越しなどで処分しなきゃいけない期日が迫っている方には、おすすめしません。

ぽるるん

綺麗な食器と、処分する食器とを分ける必要があるね。
リユース品として売却できるように、日頃からお手入れを欠かさないように心がけよう!

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

食器の捨て方を考える前に

廃棄の前に、まずはリユースを検討することでごみの減量化に繋がります。エコな処分方法と言えるでしょう。

ここではチェックポイントを抑えていきましょう。

食器の状態で捨て方を決める

新品の場合や使用頻度が低い場合は、リユースすることを検討すると良いでしょう。ただし、傷や汚れがない場合に限ります。

傷が汚れが少しでもあると買い取ってもらえませんので、しっかりチェックしましょう。

食器のグレードを目安に捨て方を考える

 高級ブランドの食器は、リユース品として人気が高いです。買取価格も高めで売却できる可能性が高いでしょう。

マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲン、アラビア、ノリタケ、ティファニーなど
人気のブランドは需要があります。

食器の捨て方の注意点

食器を捨てる際には、そのまま捨てるのではなく新聞紙や古紙に包んで捨てることは分かりましたね。ここでは、一度に大量に捨てたい時の処分方法について紹介していきます。

ご家庭の一般ごみでは、一度に出せる量が決められているんです。それを超えて出さないといけない時には注意が必要です。

大量の食器を一度に捨てる時は不用品回収業者を利用しよう

一度に大量に捨てたい場合は、不用品回収業者に依頼するのが良いでしょう。大量の食器を捨てるとなると重量もかなりのものになります。一人で運搬するのは困難であり、もし怪我でもしたら大変ですね。

不用品回収業者なら面倒な分別も必要なく、プロのスタッフが運搬から回収までを全てやってくれるのです。楽に処分できるのが一番のメリットです。

PORTE(ポルテ)は、食器類の回収実績も多数あります。「食器棚まるごと、処分したい!」というご要望にもお応えしています!

環境に優しい食器の捨て方

近年では、食器のリサイクルも活発に行われています。

リサイクル可能な食器の選び方

食器の中には、不要食器の砕いて新たに作られたリサイクル食器やバイオプラスチック製の食器など、地球環境に優しい素材を使ったものが存在します。

これらを積極的に利用することで、循環型社会の実現のための取り組みに繋がるでしょう。

まとめ

素材別に食器の捨て方を理解しよう

食器類は、素材によって分別方法が異なりますので注意が必要ですお住まいの地域のごみ分別ルールをよく確認して、正しく捨てるようにしましょう。

割れた食器は、捨て方に気を遣いましょう。必ず新聞紙などに包み「割れもの」と書いて注意を促しましょう。誤って作業員が怪我をしてしまうリスクを防ぐことができます。

未使用やまだ使える食器はリユースを検討しよう

新品のものや、あまり使っていない綺麗な食器であればリユース品として売却するのが良いでしょう。売却できるだけでなく、ごみの減量化に繋がるためエコな処分方法と言えるでしょう。

高級ブランドや人気ブランドの食器であれば需要がありますので、買取価格も高めにつくでしょう。

不用品回収業者なら他の不用品も一緒に回収が可能です

一度に大量の食器を処分したい場合や、食器の他に複数処分したい不用品がある場合は不用品回収業者にお願いするのが良いでしょう。

プロのスタッフが運搬から回収までを行ってくれるので、安心して処分できますね。

また、お客様のご希望の日時に合わせて回収に来てくれるのも魅力的でしょう。行政の指定曜日まで待つことなく「明日、処分したい!」という要望にも対応できます。

PORTE(ポルテ)では、お客様に安心してご利用いただくために無料で訪問見積もりサービスを行っております。料金が気になる方も、まずは見積もり金額を知ることができますので大変便利です。まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次