中身ありのライターの安全な捨て方とガス抜き方法

中身ありライターの安全な捨て方を解説。ガス抜きの手順から地域別のゴミ分別ルールまで、正確かつ安全にライターを捨てるための方法。

中身ありライターの正確な捨て方

タバコを吸う際や、物に火をつけるときによく使われる、ライターの捨て方にお困りの方もいるかとお願います。処分する方法がわからず、家に何個も溜め込んでしまっている人もいるかもしれませんね。

まだ中身が入っているライターの捨て方にはいくつか注意が必要です。誤った捨て方をしてしまわないように、今回はまだ中身がある使い捨てライターの捨て方、ライターを有効活用する方法をご紹介します。この記事を参考にして、ライターを正しく処分しましょう。

なぜ中身ありのライターの捨て方が問題なのか?

安全性の問題/安全性の問題

なぜライターの捨て方に注意が必要なのか?

近年、全国の自治体で大きな問題となっているのが「ゴミ収集車内での火災や爆発」です。ライターを捨てるときにガス抜きをせず、ガスが残っている状態で可燃ゴミ(一般ゴミ)に捨てたことによって起こってしまった事故が多発しています。

火災や爆発は近隣道路が封鎖されて渋滞が起きたり、職員や付近の人が怪我をしたりするなど深刻なトラブルの要因となります。なぜ、ライターのガス抜きを行わないと、ゴミ収集車内で火災・爆発が起きるのでしょうか。

火災・爆発の原因は、残っているガスのせいです。ご存じのとおりガスは引火性のある気体です。ライターを最後まで使い切らないまま「ガス抜き」をせずゴミとして捨ててしまうと、ゴミ収集車の中でガスが残ったまま押しつぶされ、漏れたガスに火花が飛び、火災や爆発の原因となります。

ゴミ収集車は、ごみを圧縮して大量のごみを積み込む為、圧縮するときに摩擦熱が起こり高温になることがあります。こういった理由で、引火性のある物質が混ざったまま処分することは大変危険なのです。

大きな火災になると、爆発や炎上の影響で職員が負傷、収集車両が破損する他にも、通行人や周辺の住宅に影響を及ぼす可能性があり、非常に危険です。ライターは必ず「ガス抜き」をしてから処分するようにしましょう。

不用品の処分でお困りの方はPORTE(ポルテ)にお任せください!

中身ありのライターの正しい捨て方

地域ごとのゴミ分別ルール

ライターは全ての自治体で危険物として扱われるので、液体ガスを使い切らなければ捨てることができません。そのため捨てる前にガス抜きを行う必要があります。中身が残っていると着火して、事故が発生する可能性があるからです。

ライターは自治体で処分することが可能ですが、何ゴミに分別されるかは自治体ごとに異なります。不燃ごみ、可燃ごみ、危険ごみなどお住いの地域で捨て方が変わるため気をつけましょう。基本的に使い捨てライターをゴミに出すときは他のゴミとは別の袋に入れて、「危険」など注意喚起をします。また袋は、紙袋ではなく中身が見える透明な袋に入るようにしましょう。

オイルライターやガスライターは種類によって使い捨てライターと分別が異なることもあります。お持ちのライターの種類や素材を確認した上で適切に処分しましょう。自治体ごとにゴミの捨て方が異なるので、必ずホームページを参照してから処分するようにしてください。

自治体ごとのライターの捨て方は、以下の通りです。

札幌市燃やせないごみ
新宿区金属・陶器・ガラスごみ
さいたま市有害危険ゴミ
千葉市有害ごみ
横浜市燃やすゴミ/小さな金属
名古屋市発火性危険物
大阪市普通ごみ
京都市燃やすごみ
神戸市燃えるごみ(プラスチック製)
燃えないごみ(金属製)
福岡市燃えるごみ
一般的な処分方法

一般的な捨て方として、まずは何より、中身を使い切ることが基本です。

ライターの中身は液化石油ガスというもので非常に引火性が高いです。中身が入ったままごみ出しすると、引火・爆発の危険性があります。中身を使い切ることは、全国どの自治体でも同じルールで求められています。

次に、ライターの中身を使い切った後もごく微量のガスが残っている場合があるので、水に浸すことで発火を防ぎます。基本的に、ライターの中身をきちんと出し切れば、発火の危険性はほとんどなくなるので、水に浸すことを推奨している自治体は少ないですが、やっておくとより安心でしょう。ここまで処理して、最後に自治体ルールに従ってごみ出しをします。

ライターの素材ごとに分解した後、分類してごみ出しするのか

ライターを入れるゴミ袋は他のものと分けるのか

などが、各自治体によって細かく変わってくるので、自治体のホームページなどでしっかり確認しましょう。

自治体によっては使い捨てライターの回収ボックスが設置されているところもあります。回収ボックスがあれば分解する必要がありません。回収ボックスがある地域は自治体のホームページに記載されているので、ご確認ください。

中身(ガス)を抜く前の注意点

ライターの中身のガスは、必ず抜いてから捨てる必要があります。次に、ガス抜きをする手順と注意点を紹介します。

必要な道具

一般的な使い捨てライターのガス抜きをするときに必要なものは、主に以下の3つです。揃えるのは簡単な物ばかりですね。

1,処分する使い捨てライター

2,ガムテープ

3,輪ゴム

安全な場所と条件

ガス抜き作業を行う際の注意点

ガス抜き作業をする前に注意点があります。ライターは引火性がある危険なものなので、実際にガス抜きを行う場合も注意しながら行う必要があります。

まずガス抜きをする場所です。ガス抜きをする場合、必ず「火の気のない」「空気循環のいい場所(屋外)」で行ないましょう。また、大量にライターがある場合、すべて同時にガス抜きをすると危険な場合があるので、数本ずつガス抜きするようにしましょう。

ガス抜き作業を行う際の注意点

ガス抜き作業を行う際はほかにも注意が必要です。細かく説明します。

ライターのガス抜きそのものは、難しい作業という訳ではありません。しかし、引火性が高いガスを扱う以上、一定の危険を伴います。安全に作業するためにも、ガス抜きの前には以下の注意点を必ずチェックしましょう。

屋外で行う

ライターの中身のガスは空気よりも重く、下の方に滞留しやすい性質があります。風通しの悪い室内でガス抜きを行ってしまうと、ガスが滞留しやすく、引火・爆発や吸引事故のリスクが高まります。必ず風通しがいい屋外で行うようにしましょう。

風上に立つ

ライターの風下に立ってガス抜きをしてしまうと、ガスが自分に向かって流れてくるため危険です。万が一の引火や吸引を避けるために、ガス抜きをする時はライターの風上に立つようにしましょう。合わせて、風下に人がいないことや、窓の空いた住居がないことも確認してください。

火気や直射日光を避ける

火気が近くにある場所でのガス抜きは、引火のリスクが極めて高くなるため、絶対にやってはいけません。必ず周囲に火の気や可燃物がなく、直射日光の当たらない場所を選んで行いましょう。また、静電気によって発火する場合もあるため、なるべく静電気を帯びにくい服を着て、静電気除去グッズも用意すると万全です。

ガスを吸引しない

ライターのガスを大量に吸引してしまうと、酸素欠乏や窒息を起こす恐れがあります。風の流れに気を付けて、大量に吸い込まないように注意しましょう。万が一気分が悪くなったり、ガスの強い臭いを感じたりしたら、すぐに作業を中止しましょう。

ライターの金属部分に触れない

ガス抜きをすると、ライター内部の液化ガスが気体に変化します。この際、気化熱の原理でライターやガスボンベが急速に冷却されます。金属部分は得に冷たくなります。そこに触れると肌を傷める可能性があるため、金属部分には直接触れないようにしましょう。

子供を近づけない

小さな子供は、ガス抜きが危険な作業だと知らずに近づいてくる可能性があります。ガス抜き中は、必ず子供を近づけないようにしましょう。当然ですが、子供にガス抜きをやらせてはいけません。

中身ありのライターのガス抜き手順

ステップバイステップのガイド

使い捨てライターのガス抜き方法5ステップ

注意点をよく把握し、実際にライターのガス抜きをするときの手順は次の通りです。くれぐれも周囲に燃えやすいものがないか、風通しが良いかを確認してからガス抜きをしましょう。

以下の作業で、使い捨てライターに入っている液体がなくなればガス抜きは完了です。

1,操作レバーを押し下げ、火がついたら吹き消す

2,レバー下げたまま、輪ゴムやガムテープで固定する

3,そのままの状態でガスを抜く

4,火の気がなく、風通しの良い場所に半日から1日おく

5,着火操作で火がつかなければガス抜き完了

使い捨てライターは必ずガス抜きしてから捨てなければいけません。ガスが残っている状態で廃棄すると、火災や爆発事故につながる恐れがある為です。

必ず安全な方法でガス抜きをしましょう。このような手順を守らず、ハンマーなどで割ろうとする人もいます。しかし、ガスが残っていると爆発や引火の可能性があり非常に危険です。くれぐれも安全で確実は方法でガス抜き作業を行いましょう。

ガス抜き後のライターの処分方法

ライターはガス抜き後の物であれば、自治体の回収するゴミとして捨てることができます。無料で手軽に捨てることができるのでおすすめの捨て方ですが、普通の家庭ゴミと一緒に捨てることができません。

自治体ごとにライターを捨てる際の規則が定められています。よくある規則は、中身の見える透明な袋に入れる必要があることや、収集員が判別できるように袋に「危険」と記載する必要があるなどが見受けられます。

分別方法に関しては自治体により異なりますので、捨てる前にお住いの地域の自治体ホームページを確認してライターを捨てる際の規則を確認しておきましょう。自治体ごとに分別方法は異なり「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「危険物」「金属ゴミ」などの、どの分別方法に分類されるかも一緒にホームページで確認しておく必要があります。

地域の回収ボックスに捨てる

自治体によってはライターによる火事などの発生を避けるために、ライター専用の無料回収ボックスを設置しているところもあります。そこまで知られていないことが多いかもしれません。

回収ボックスに捨てる場合も、必ずガス抜きは行いましょう。ライター回収ボックスを設置している自治体の場合は、回収ボックスにライターを投入することで無料で処分ができます。

ライター回収ボックスの設置場所や、利用方法は自治体のホームページで確認をしましょう。自治体によっては、他にも小型家電回収ボックスというものが設置されている事があり、誤って投函してしまわないよう注意してください。ライター回収ボックスとは設置の目的が異なります。また、ライター回収ボックスにライター以外のゴミを投函することも禁止されています。利用方法に関しては十分に理解したうえで、ライター専用の無料回収ボックスを利用しましょう。

不用品回収業者に依頼する

処分方法について色々紹介しましたが、不用品回収業者にライターの回収と処分をお願いするのはおすすめです。

ガス抜き作業は注意しながら行う必要がありますし、時間もかかります。大量のライターを捨てたいという場合はより手間がかかります。

そのような場合、不用品回収業者はライターを捨てる際の事前準備や分別などをしなくても回収をおこなってくれるので非常に便利です。他にも不要になった家具や家電などを一緒に回収依頼してもらえばいいでしょう。

よくある質問とその回答

ガス抜き後、ライターが壊れた場合の処分方法は?

いざライターを処分しようとして、ガス抜きがそもそもできないという場合もあるかと思います。ライターの着火レバーが壊れてしまっている場合などですね。ガスが入ったままでは処分ができないので、このような場合は以下の方法で対応しましょう。

自治体に問い合わせる

自治体に問い合わせると何かしら対処をしてくれる可能性があり、ガス抜きできていないライターも回収してくれる事もあります。また、回収場所に出す際は、「危険ガスありのライター」など分かるように明記して、他のゴミと一緒にならない工夫をしましょう。

メーカーに相談する

ライターを製造したメーカーに問い合わせすると、製品に合わせた適切な処分方法を教えてくれる場合があります。お持ちのライターがどこの製品かわかれば、メーカーにお問い合わせするのをも一つの手です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、ガスは残っているライターや、ジッポなどのオイル式のライターなどどんな状態の不用品でも回収してくれるので、とても便利です。その機会に一緒に粗大ゴミなど数点の不用品を回収してもらうのがおすすめです。

まとめと注意点

ガス抜きは必須
地域のルールを確認すること

以上のようにライターは自治体ごとに捨て方が決められており、正しい方法で中身のガスを使いきってから処分しなければ重大事故につながる恐れもあります。自治体で処分する場合は、必ず中身を使い切ってから処分するようにしましょう。

また、ガス抜きをすればライターは自治体で処分することが可能ですが、何ゴミに分別されるかは自治体ごとに異なります。不燃ごみ、可燃ごみ、危険ごみなどお住いの地域で捨て方が変わるため気をつけましょう。

不用品回収業者は、ガスは残っているライターや、ジッポなどのオイル式のライターなどどんな状態の不用品でも回収してくれるので、とても便利です。その機会に一緒に粗大ゴミなど数点の不用品を回収してもらうのがおすすめです。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次