なぜお部屋の「広さ」と「閉米数」が不用品回収の見積もりに関係するの?プロが教える料金ウラ事情

ご自宅の平米数、ご存知ですか?

お引越しや物件探しのときに、よく目にする「閉米数」という考え方。実は、不用品回収にも関係があるってご存知ですか?

ポルテでは、お客様からのお問い合わせがあったときに「お部屋の広さ」も含めたご案内をします。

そこで、この記事では閉米数にまつわるお見積りや回収作業時のポイントについて、みなさんに解説していきます!

目次

そもそもの平米数の考え方とは?

まず、平米とは平方メートルのことで、面積を表す単位として使われています。

日本では「◯畳」という単位のほうがよく使われるイメージですよね。実は、畳毎に微妙に大きさが違うため、公式な場では世界共通で「平米」を使われるようになったそうですよ!

具体例をあげると、一人暮らしに最低限必要な居住面積は25平米ほど。ゆとりのある居住面積は40平米くらいが基準になっているそうです。
平米より少し耳にすることの多い「1畳」で換算すると1.62平米なので、最低限の一人暮らしに必要な25平米は「約15.4畳」となります。

4人家族のファミリー世帯だとすると、125平米が平均となるため「約77畳」くらいでしょうか?

ぽるるん

「m2 」とも書くよね!不動産屋さんの物件情報でもよく見かけるんじゃない?

平米数や広さが不用品回収の見積もりに関係する理由

そんな閉米数=お部屋の広さを不用品のお見積りで伺う理由は、ズバリ「作業スペース」を確保するためです。

お引越しでも、前の家と比べて広い家であればスムーズに移動ができますが、狭いところにたくさんの物を運ぶのは時間がかかるものですよね。

また、不用品の回収は作業スタッフが大きな荷物を一緒に運び出す場合もあるため、搬出経路の確保のためにもお部屋の広さの把握は必要不可欠となるのです。

あわせて読みたい
エレベーターがあると不用品回収は有利になる!?専門家が教える、見積もり料金ウラ事情 みなさんのお住まいのマンション・アパートにはエレベーターがついていますか? ご自分で粗大ごみを処分したい、部屋の片づけをしたい…。そんな時、マンション・アパー...

さらに、お客様によっては「一部屋まるごと」というご依頼もあるため、あらかじめお荷物の量を知っておくことで、スピーディーな作業を心がけています!

トラックに換算すると、どのくらいの荷物が積める?

ポルテのように、ほとんどの不用品回収業者ではトラックの大きさごとに目安のお荷物量や金額をホームページに載せています。

では、各トラックにどのくらいの広さのイメージのお部屋の荷物が載るのか、量の目安を見ていきましょう。

軽トラック・・・掃除機、洗濯機、炊飯器、冷蔵庫、段ボール数箱など

冷蔵庫や洗濯機は高さがあるので、寝かせて積む形になります。荷物の少ない一人暮らしでの家具や家電が運べる大きさです。

ぽるるん

ただし、軽トラックは法律で積載量最大350㎏までと定められているので積めるだけ積むことはできないよ〜!

2t平車・・・衣装ケース数個、小さめのダイニングテーブルセット(いす4脚)、布団、小さめのテレビ台、テレビ(32インチ以下)など


ァミリーで使う大きさの家具や家電が充分に積めるのはこちらの大きさです。

お引越しなどで覚えのある方も多くいらっしゃるかと思いますが、段ボールなどに詰めた細かいお荷物は意外とかさばるもの。
ご家族みんなの不用品を一気に積みたい場合も、2t平車の場合が安心ですね!

あわせて読みたい
【食器棚と食器類】埼玉県三郷市のM様の不用品の回収をさせていただきました! 埼玉県三郷市にお住まいのM 様からいただいた、不要品整理のご依頼についてご紹介します! 高齢になったご両親と一緒に住むためにご実家の整理をされていて、不要になっ...

ご自宅の広さ、この機会におさらいしてみませんか?

せっかく買った大きな冷蔵庫や洗濯機が、ご自宅のドアやスペースに入らなかった経験のある方も中にはいらっしゃるのでは?

同じように、不用品を運び出す際にも解体が必要となったり、安全のために梱包をするなど、「スペース」の余裕が必要となります。

自宅のこの部分が何畳で、全体で何平米で…というように即答できる方はきっと少ないのではないでしょうか。しかし、きちんと広さを把握しておくことで、家具や家電の買い替えやお引越しだけでなく、不用品回収のお見積りや作業までスムーズに行くこともあるのです。

ポルテでは、お見積り予約の前にラインや電話でもご相談いただけます。ご自宅の間取りなどについて気掛かりがあるときなどは、ぜひ事前にお話ししてみてくださいね!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次