畳の粗大ごみ処分方法とは?スムーズに進めるための知識をプロが解説します!

畳の粗大ごみ処分に必要な手続き、費用、注意点を詳しく解説します。適切な処分方法で時間とコストを節約しましょう!

畳の粗大ごみ処分:正しい方法とポイント

現在は和室より洋室のお部屋が多くなってきていますよね。

畳からフローリングへのリフォームする際、古くなった畳の処分でお困りではありませんか?

畳は自治体の粗大ごみで処分することが可能です。

でも畳も意外と大きいものですので、処分場所への運び出しや忙しい方だと粗大ごみの手配が難しい場合がありますよね。

そんな時に頼れるのが不用品回収業者PORTEです!

まずは畳の処分方法をいくつか紹介しますので、ご自身にあった処分方法を見つけましょう。

目次

畳と粗大ごみの基本知識

畳は基本的にイ草でできています。

解体ができれば可燃ごみとして処分することができますが、かなりの労力です。

ゴミとして処分するにはサイズが大きい為、粗大ごみでの回収になります。

畳の構造と特徴

畳は畳床・畳表・畳縁と、とてもシンプルな構造でできています。

畳は、幾重にも重ねた稲藁を締め付け、圧縮して作られた「畳床」に、経糸に天然のイグサを編みこんで織られた「畳表」を上からかぶせ、長辺に「畳縁」を縫い付けることで作られています。

一般的にイ草で作られていますが、その他にも和紙やポリプロピレンなどの樹脂素材でできている畳もあります。

畳が粗大ごみとして分類される理由

基本的に畳は燃える素材でできていますが、サイズが大きい為そのまま処分する場合は粗大ごみに分類されます

粗大ごみとして畳を出す前の準備

粗大ごみは決まった手続きを踏んで、やっと回収されます。

自治体によって料金やルールは異なりますが、おおまかな手順を確認していきましょう。

処分する畳の量の確認

畳の枚数によって料金も異なります。

正確な枚数を事前に確認しておきましょう。

お住まいの地域によって、畳1枚あたりの処理手数料が異なりますので、お住まいの行政ホームページから確認しましょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

畳の粗大ごみ処分の手続き方法

申込前の準備が整ったらあとはお申し込みに進みましょう。

申し込み方法

予約は自治体のホームページからネット申込または電話で申し込みができます。

行政ホームページの粗大ごみ予約受付センターを確認しましょう。

処分費用と支払い方法

基本的にはコンビニなどで【粗大ごみ処理券】を購入し、処分費用をお支払いします。

処理手数料は、およそ畳1枚1000円程度です。

処理券のシール部分に「回収日」「お名前または受付番号」の必要事項を記入の上、回収品に貼っておきましょう。処分場所へはご自身で運び出しが必要となります。畳は意外と大きいものですので女性やお年寄りには難しいですよね。

畳の粗大ごみ処分の流れとスケジュール

申込から処分までのスケジュールは申し込み時に確認しておきましょう。

処分までのステップ

申込をしたら、まずは粗大ごみ処理券を購入して準備しておきましょう。

申込時に回収日を確認しましょう。

基本的にすぐに回収できないのが粗大ゴミです。

余裕をもって確認するようにしましょう。

申込してから約2週間後の回収になることがほとんどで、特に繁忙期などはもっと先になることもあります。

処分日の注意点

処分日より前に粗大ごみを出すのはマナー違反・不法投棄と疑われる場合もあります。

回収日までの処分が遅い場合などは、不用品回収業者に相談するのも一つの手です。

不用品回収業者のPORTEであれば、お問合せ頂いた日に回収はもちろんのこと、運搬や解体も全てやらせて頂きますのでお客様の手間は一切ありません。

畳の粗大ごみ処分の注意点とトラブル回避

畳を粗大ごみで処分するには自治体のルールに従って処分するのが鉄則です。

マナーが悪いと近隣の方や他の居住者に迷惑をかけることもありますので、注意しましょう。

違法な処分の防止

粗大ごみを手配して、回収日より前にもかかわらず粗大ごみを出して引っ越し退去してしまう方もいるようです。回収日以前に出す行為はルール違反ですので、絶対にやめましょう。

どうしても引越ししなければならないときは、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです

トラブルを避けるためのポイント

回収日以前に出したり、粗大ごみシールを貼り忘れて出す行為は、違法行為とみなされます。さらに、近隣の方や他の居住者の方に迷惑をかける行為ですので、絶対にやめましょう。

畳の再利用とリサイクル

畳は再生可能で、実は他の使い道もあるのです。

畳のリサイクルの可能性

天然素材のものに限りますが、腐食した後は将来的に肥料になるメリットがあると言われています。

ただし腐食する過程があるので臭いがするそうですが、畑をお持ちの方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

畳の粗大ごみ処分は計画的に、各自治体のルールを確認しましょう

行政の粗大ごみ回収を利用する場合は、余裕をもって予約を入れるようにしましょう。

粗大ごみは申し込みしてから約2週間〜1ヶ月後の回収になる場合もあります。

自治体によって畳の粗大ごみのルールが異なります。前もって確認しておくようにしましょう。

可能であれば、畳の再利用やリサイクルも検討する

畳の処分はサイズが大きい為、処分するにも手間がかかります

まだ使用できる畳であれば、再利用やリサイクルも検討してみましょう。

それでもお急ぎの処分など急遽引越しが決まった場合などは、不用品回収業者を利用することをお勧めします。ご希望のスケジュールに合わせて回収してもらえるので魅力的です。まずは、相談からで構いませんので不用品回収業者のPORTEにお問合せくださいね

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次