下駄箱の粗大ごみ処分方法とは?必要な知識と手順のリストをプロが解説!

下駄箱を粗大ごみとして正しく処分する方法を明確に説明します。料金から申し込み方法や他の選択肢を知って、自分に合った処分方法を見つけましょう!

下駄箱の粗大ごみ処分の方法を解説します!

持っている靴が今の靴箱では入らなくなったときや、玄関先の模様替えをして気分を一新したくなったときに下駄箱を買い替える方が多いでしょう。

いざ処分するとなったら、どういう方法で古い下駄箱を処分したらいいか困ってしまう方が多いのではないでしょうか。

下駄箱は大きくて重いものが多いので、扱いも大変ですよね。

費用をかけずに処分したい、無料で捨てたいと思えば手間と時間がかかり、手間を省きたいと思えば費用もそれなりにかかってしまいます。

下駄箱の処分方法をいくつかご紹介します。記事を参考に、ご自身の最適な処分方法を見つけてくださいね。

目次

下駄箱が粗大ごみになる基準

多くの地域では、一番長い辺が30センチを超えると粗大ごみの扱いとなります。

男性の靴となると30センチに近いものが多いですし、複数収納するとなると大きいものがほとんどかと思います。

自治体ごとの基準を確認しましょう。

サイズと形状による基準

多くの地域では、一番長い辺が30センチを超えると粗大ごみ扱いとなるため、ほとんどの下駄箱が該当します。

大きさの基準は地域によって異なりますので、必ず確認しましょう。

地域毎の処分基準の違い

自治体によって、処分できる材質やごみ出しのルールが異なる場合がありますので、処分前にあらかじめ確認しておきましょう。

粗大ごみの定義は、地域ごとに決められています。一部の地域によっては素材によって大きさの基準が変わってくるところもありますので注意しましょう。

粗大ごみ処分の申し込みから回収までの流れ

一辺が30センチを超える靴箱は、粗大ゴミとして自治体に出すのが一般的です。

粗大ごみの出し方のおおよその流れは下記の通りです。

粗大ごみ回収の手順

自治体によって異なる場合がありますので、ホームページ等で確認しましょう。

① お住まいの行政ホームページから申込み

② 粗大ごみ処理券(廃棄物シール、粗大ごみシールなど名称はさまざま)を購入

③ 粗大ごみ処理券のシール部分を貼って集積場所に出す

④ 収集

申し込み方法の詳細

申込み方法は電話や自治体のホームページからネット申し込みができます。

事前に下駄箱の大きさを測って、品目区分を見ておきましょう。

大きさによって処理手数料(粗大ごみ処理シールの金額)が変わりますのであらかじめ確認しましょう。

回収日の確認と準備

申込時に回収日を確認しましょう。

基本的には受付日から1週間後、引越の繁忙期だと混み合っていることが多いので、もっと先になることもあります。

できるだけ余裕を持って申込しましょう。

回収日までに処理シールの準備をし、回収日の朝に回収場所に出すようにしましょう

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

他の下駄箱の処分方法

粗大ごみ以外にもお得に処分する方法があります。

チェックしてみましょう。

不用品回収業者を利用しよう

できるだけ面倒なことは省きたい、急な引越しで急いで処分したいのなら、

不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうのがおすすめです。

不用品回収業者のPORTEであれば、お客様がお電話で依頼した当日に回収も可能ですし、指定した日時に訪問して見積り→回収することも可能です。

一定の料金がかかりますが、お客様が指定する日時にご自宅まで確実に回収しに来てくれたり、自分で運んだり解体したりといった手間は一切ないなどのメリットがあります。

事前に複数の業者にあたって相見積もりをとると、ご納得いただける業者が見つかると思います。

リサイクルショップやフリマアプリでの販売

もし下駄箱の状態がいい場合は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうというのもひとつの方法です。

リサイクルショップで買い取ってもらう場合、車で運搬して持ち込む手間が発生します。

苦労して運んだ割には、ご自身が思っておられたほどの金額にならない場合も多いです。

場合によっては、無料で引き取るあるいは引き取ることすら断られる可能性もありますので、あらかじめ確認が必要です。

急いで処分する必要のない方や発送作業などを厭わない方は、フリマアプリでの売却にトライしてみるのも良いでしょう。

上手くいけばちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるので、いいですよね。

売却したときの梱包や送料が高くつく場合もありますので、かなり手間はかかります

下駄箱処分の際の注意点

下駄箱は大きく重量があるものがほとんどかと思います。

安全に手間をかけずに処分する方法をもう一度確認しましょう。

処分する前の下駄箱の確認

いくつか処分方法をご紹介しましたが、粗大ごみに出す場合、下駄箱のサイズによって料金が異なりますので事前に確認しましょう。

綺麗な状態であれば、リユースするという選択肢が増えますね

処分方法選びのポイント

お客様のライフスタイルに合わせて処分方法を選択いただくことがベストですが、

お時間にも余裕があり、ご家族や知人の方に手を貸してもらえるなら粗大ごみで処分することができます。

どうしても都合が合わない場合や手間をかけずに処分したい場合は、不用品回収業者に相談するのがおすすめです。

ぽるるん

不用品回収業者なら、希望の日時に回収に来てくれるんだ!
運搬もプロがやってくれるから、安心して処分できるね。

まとめ

下駄箱の粗大ごみ処分は、そのサイズや地域の基準によって料金が異なる

自治体によって粗大ごみのルールが異なりますので、行政のホームページなどで事前に確認しましょう。

粗大ごみのサイズ基準は地域によって異なり、大きさによって処理手数料が変わってきますので、正確に測って品目区分を間違えないようにしましょう。

即日回収ができないので、時間に余裕をもって予約を入れる必要があります。

粗大ごみとしての処分は申し込みが必要であり、料金も発生する

下駄箱の処分をするために、申込した後、回収日までに粗大ごみ処理券を購入します。処理手数料金分を購入してください。

収集場所まではご自身で運ぶ必要があるため、重量のある下駄箱は手間がかかります。

下駄箱の処分方法は複数存在し、リサイクルショップでの販売や不用品回収業者の利用もおすすめ

状態がいい下駄箱はリサイクルショップに持ち込めば買い取ってくれる場合があるので、お得にできるかもしれません。

また、粗大ごみの処分では都合がつかない場合は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。手間や時間をかけずに処分ができるので魅力的です。

明日までに処分したい!」という急な依頼にも対応してくれるので、非常に便利ですね。

不用品回収業者のPORTE(ポルテ)なら、無料で見積もり訪問を行っています。実績も多数あり、下駄箱などの大型家具の運搬もお任せください。

初めてで不安な方は、「まずは無料の見積もりをして欲しい!」とお電話ください。

どうぞお気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次