大型家具〜小型家具のオススメ処分方法をプロが解説!スムーズで効率的な方法とは?

家具処分のノウハウを公開します。信頼性、コスト、手間を考慮した効果的な処分方法で、スムーズに家具を手放しましょう!

家具の処分の仕方とは?簡単・安全・お得に家具を処分する方法を解説します!

家具は重量があり持ち運びが難しいため、処分に困っているという方は多いのではないでしょうか。

家具を処分するには、ご自身で処分するとなると時間手間がかかります。

しかし買い換えや、引越しなどで家具を処分しなければいけないこともありますよね。

家具の処分方法をご紹介いたしますので是非参考にしてみてくださいね!

目次

家具処分の基本知識

家具処分の必要性とは?

お引越しや買い替えするタイミングでの処分が多いのではないでしょうか。

ご自身にあった処分方法をリサーチしましょう。

家具処分にかかる一般的な費用とは?

粗大ごみで処分の場合は、1,000円~5,000円ほどと言われています。

基本的には即日でも処分ができる為、すぐに処分する理由がある時、運び出しができない時、手間をかけたくない時に有効です。

お金をかけずに処分したい方には向かない方法になりますので、処分方法はシチュエーションにより選択する必要があります。

家具の種類とそれぞれの処分方法

大型家具の処分方法

買い替え時に引き取ってもらう、またはリサイクルショップフリマアプリの場合は費用をかけずに処分もできます。

運び出しに手間がかかってしまいますが粗大ごみで処分する方法や、急ぎで手間をかけたくない場合は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

小型家具の処分方法

小型家具は運び出ししやすいので、自治体の粗大ごみでの処分が費用も抑えて処分ができるのでおすすめの処分方法です。複数ある場合は、不用品回収業者に依頼して、運搬からプロお任せにお任せすることもできます。

特殊な家具(雛人形、鏡、学習机など)の処分方法

分解・分別ができれば一般ごみで処分可能です。

分解する際は、粉砕した木くずなどが飛び散る場合があるので注意しましょう。

\ 不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

自分で家具を処分する方法

粗大ごみとして自治体に出す

粗大ごみで処分する場合は、自治体のホームページから予約を入れる必要があります。

処理手数料は、おおよそ1,000円から5,000円ほどと言われています。

自分でクリーンセンターへ持ち込む

持ち込みの場合は重さで費用を出します。

手間がかかりますが、その分費用を抑えられますのでシチュエーションによって検討しましょう。

家具をリメイクして再利用する

いまはDIYしてリメイクする方が多いですよね!

リメイクした家具を楽しめるので、得意な方はおすすめです。

第三者に家具を処分してもらう方法

買い替えの際に家具店に引き取ってもらう

大手の家具店では買い替えの際に引き取りサービスを行っている家具店もあります。

事前確認してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

手間をかけずに早く処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。

電話1本でかけつけくれますので、便利ですよね。

見積は無料な業者が多いので見積を最低でも3社ほど依頼し比較しながら依頼しましょう。

引越し業者に依頼する

お引越しの際に引っ越し業者に運び出しから処分まで依頼できる場合があります。

引越しと同時に不用品回収もできるので手間が少なくて便利ですね。

家具を販売・譲渡する方法

フリマアプリやネットオークションで売る

フリマアプリやネットオークションで売却が出来ればお得に処分が出来ますね。

出品する際と送る際に多少手間がかかりますので、作業が手間ではない方にはおすすめですね。

リサイクルショップで売る

持ち込む手間がありますが、状態がいいもの、人気の家具はリサイクルショップで売却できる場合があります。

リユースすることによって、ごみの削減にも繋がり環境に優しい処分方法と言えるでしょう。

知人や友人に譲る

処分したいタイミングで知人や友人の方に譲渡できればタダで処分できるし、喜んで使ってもらえると嬉しいですね。

家具処分の際の注意点

悪徳業者に注意!

不用品回収業者には必ず『古物商許可証』が必要になります。

免許を持たずに営業をして不法投棄をしている悪徳な業者もおりますので注意が必要です。

とくにトラックなどで回っている業者には特に注意しましょう。

処分方法選びのポイント

処分する際のシチュエーションによって処分方法が異なるかと思いますが、買い替えの場合は家具店に引き取りサービスの確認、ネットオークションやフリマアプリリサイクルショップでの売却も手間でなければリサーチしましょう。

費用を掛けたくない場合は粗大ごみなどで処分されるのがおすすめですが、

手間やスピードを考えて費用が少しかかってもいいから処分されたい場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

\PORTEの不用品回収の事例はこちら/

まとめ

費用と労力のバランス

小型の家具でしたら気軽に粗大ごみで処分できますが、大型家具の場合はそうはいかないですよね。

費用と労力なども考えて検討するようにしましょう

悪徳業者に注意

不用品回収業者には必ず『古物商許可証』が必要です。

許可を持っていないのに営業している悪徳業者もおりますので事前にホームページを確認するようにしましょう。

販売・譲渡の方法も検討

状態が良ければ、知人の方に譲渡やリサイクルショップやフリマアプリで売却できればお得に処分ができます。

家具処分方法の選択

家具を処分するシチュエーションによって、自分にとっての最適解は変わってきます。

費用面のコストを抑えたいのか、手間は省き労力をかけずに処分したいのかで、処分方法を検討しましょう!

引っ越しなどで処分の期限が迫っており、物理的に選択肢が限られる場合もあるでしょう。「明日までに処分したい!」と切羽詰まった状態であれば、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

不用品回収のPORTEは、無料で見積もり訪問を行っています。大型家具の回収実績も多数あるため、安心してご利用いただけます。電話1本で見積もりにお伺いします!

まずはお気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次