ドレッサーの処分、どうしてますか?鏡台が回収できる業者の選び方と依頼の流れを徹底解説!

鏡台を処分する際のポイントを紹介!処分方法や回収業者の選び方は?

業者に鏡台の回収を依頼する際の手順とポイントをチェック!

昔は嫁入り道具としても人気だった鏡台。みなさんはお持ちですか?

普通の棚とは違って鏡がついていることから、お引越しや買い替えで使わなくなった鏡台をどう処分すればいいのかお困りの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、鏡台=ドレッサーの処分に最適な不用品回収業者について、利用するメリットや、実際の業者選びなどについてお教えしたいと思います!

目次

鏡台回収のプロに依頼しよう!回収業者の選び方と依頼の流れ

まずは、回収業者ごとの評判や口コミをチェック!

悪い口コミが目立つ回収業者はもちろん避けたいもの。しかし、都合の良い口コミばかりが並んでいる業者にも注意が必要です。

もしかしたら、それは言わゆるステマ=業者がお客様にお金を払って良い口コミを書いてもらっている「ステルスマーケティング」の可能性もあるからです。

レビューの数ではなく、口コミの内容がどんなものであるかをよく読んでみることが大切です。

また、できれば実際に利用したことがある知り合いなどに回収業者を紹介してもらうことで、依頼前の不安が解消されるはずです。

費用やサービス内容を比較しよう

サービス内容でもっとも間違えやすい特徴は、不用品「回収」「買取」の違いです。

てっきり、「不用品を回収してもらってついでに臨時収入も入るもの」だと誤解したまま依頼をしてしまった経験のある方も中には多いはず。

まずは、お金をかけてでも処分したいものなのか、それとも時間をかけてでも売りたいようなお品なのかを、ご自身でよく考えてみましょう。

不用品回収だけではなく、お部屋のクリーニングや遺品整理、引越しなどを兼ねている業者もあるので、ご自身のニーズに合ったサービスなのかを判断してみてくださいね。

不用品回収の費用は、業者によって大きく異なります。
また、予約までの日数に余裕があるかどうかで料金が変わってくる場合もあるため、複数の業者に相談することでベストな選択肢を見つけるのがよいでしょう。

対応エリア×地域密着型の業者を選ぶ

不用品回収業者を選ぶ時に大切なポイントは、「安心して取引できる」ことです。

そこで、地域密着型の不用品回収業者をピックアップするのも一つの手です。
その地域ごとの廃棄に関するルールをよく理解しており、適切に対応してくれるはず。

また、対応エリアについても業者によって大きく異なります。
距離が遠い場所の依頼では、その分の運搬費がかかることもあります。そのため、地元の業者のほうが費用を抑えられたり、すぐに対応してもらえるなどのメリットも増えるかもしれません。

やっとの思いで探し出した不用品回収業者が、ご自身のお住いの地域に対応していないということがないように、ホームページや問い合わせで確認をしておきましょう。

ぽるるん

ポルテで実際に回収した例も参考にしてね!

回収可能な鏡台の種類を確認する

自治体の粗大ゴミで鏡台を処分する際、場合によっては処分できないモノがある地域もあったりするでしょう。

その点、不用品回収業者なら、素材や大きさ・重量などよって金額に変動はあるかもしれませんが、回収できないケースは基本的に少ないのではないでしょうか。

自治体の粗大ゴミに出しても回収してくれなかった・どう処分していいか分からないなど、鏡台の処分にお困りの方は、ぜひ「不用品回収PORTE」でお片付け依頼をお待ちしております!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

鏡台回収業者による処分方法とその流れ

ご自分で処分する場合とは違って、不用品回収業者に依頼した後はとても単純です。
不用品回収業者に事前に回収依頼をし、自宅まで取りに来てもらうだけになります。

もちろん、業者によって料金形態や見積方法などが異なりますので、まずは見積りをしてもらうのがおすすめです。

STEP
不用品回収業者へ連絡をし、見積りを取ってもらう

または、電話やメール、ラインなどで見積り訪問の予約をする

STEP
(見積金額に納得がいったら)回収を依頼する
STEP
支払いをする

 業者によって、現金やカード払いの指定があるので要注意!

事前に見積もりを取る

世の中には、たくさんの不用品回収業者があります。また、業者によって金額設定も様々です。なので、何社か見積をとって依頼する業者を選択するのがよいでしょう。

見積りや見積り訪問を無料で行っている業者も複数あるので、気軽に見積依頼をして比較してみてくださいね!

回収依頼日と時間の設定

 見積をとり、依頼する業者が決まりましたら、回収作業日の日程を調整しましょう。

ぽるるん

不用品回収業者のいいところは、自分の都合に合わせて回収してもらえる点ですよね!

回収にかかる費用と支払い方法

回収にかかる費用については、不用品回収業者によって大きく異なります。事前にお調べいただき、まずは見積りをとることで相場を把握しましょう!

支払方法については、主に、現金支払かクレジットカード支払いの2択をとっている業者がほとんどでしょう。

中には、請求書払い・振込対応している業者もあると思いますので、支払方法についても、依頼する業者へ事前に確認しておくのがよいでしょう。

鏡台の回収と処分まで

回収日当日は、不用品回収業者が訪問したら、あとは回収荷物を引き取ってもらうだけになります。

回収された鏡台は、業者が責任をもって適切に処理いたします!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

鏡台を回収業者に依頼する際の注意点とトラブル回避のポイント

鏡台回収業者に依頼するメリットとは、一言で言えば手間が省けることに尽きると思います。

ご自宅の中からお荷物を搬出してくれることはもちろん、粗大ごみで処分する際の、粗大ごみ処理券を購入・貼付・回収日に集荷先へ運び出しておく などといった手間が省けます。

また、適切な処分が可能になるのも安心できるポイント。
ご自身で処分しようとすると、どう処分すればいいか分からないお荷物、分別がめんどくさいお荷物量などといったものも、不用品回収業者に依頼をすれば、業者側で分別を行ってくれたり、適切な方法で処分が可能です。

しかし、一見メリットばかりのように思える回収業者は、選び方を間違えるとかえって大変な思いをしてしまうことにも繋がるのです…。

不用品回収業者に頼むデメリットは、悪徳業者の存在!!

不用品回収業は便利なサービスですが、中には悪徳業者も存在します。

これらの悪徳業者は適切な許可や認可を持たず、料金を不当に高額に設定し、品物を不正に処分することがあります。

また、サービス提供前に明確な見積もりを提示せず、後で追加料金を請求することもあります。

消費者であるみなさんが悪徳業者から自分の身を守るためには、信頼性のある業者を選ぶ際に注意深く検討し、口コミやレビューを参考にすることが大切です。

そして、契約前に見積もりを取り、すべての条件を文書で確認することも重要です。

悪徳業者の存在に気をつけて、信頼性の高い不用品回収業者を選ぶことで、スムーズで安全なサービスを受けることができるのです!

悪徳業者を避けるポイントについては、こちらの記事をチェック!(近日公開予定)

鏡台を不用品回収業者に依頼するポイントをまとめます

信頼性や評判をチェックして悪徳業者を回避!

回収業者を選ぶ際は、口コミや評判などをよく確認してみましょう。

また、適切な許可証や保険を持っているかも見積もりなどの際に相談しておくといいでしょう。

信頼できる業者は、貴重な資源を適切に処理し、環境にも配慮して処分を行います。せっかく大切に使っていた鏡台なら、安心して処分をしてもらえる回収業者を選んで任せたいものですよね。

スムーズな依頼のための準備と確認事項

不用品回収業者へのスムーズな依頼のために、次の準備と確認事項が役立ちます。

まず、回収物のリストを作成し、どの品物を回収するか明確にしましょう。そうすることで、回収希望の日時を選んだり、業者とのスケジュールと調整がスムーズになります。

料金や追加費用についても事前に確認し、契約書にサインする前に条件を明らかにしましょう。

最後に、家の中でも回収を行いやすい場所に不用品を配置し、円滑に運び出せるようサポートしておくのもいいかもしれませんね。

もし、ご自宅の鏡台が不要になった際はこれらの準備や確認事項をおさらいすることで、希望通りの回収が実現することを願っています!

不用品・廃品回収・粗大ごみの事な...
【鏡台とイス】宮城県仙台市若林区 O様の不用品回収をいたしました! - 不用品・廃品回収・粗大ごみの事な... 宮城県仙台市若林区にお住まいのO様からいただいた、ご不要品のお片付けのご依頼についてご紹介します! 断捨離のた

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次