カラーボックスの粗大ごみ処分の方法とは?手順、注意点、リサイクル方法までを徹底解説します!

カラーボックスの粗大ごみ処分方法を明確に。手順の詳細、必要な手数料、リサイクルの可能性、各処分オプションの比較をわかりやすく説明します。

カラーボックスを粗大ごみとして処分する方法

不要になったカラーボックスの処分でお困りではないですか?

引越先で収納スペースが充分にある場合や模様替えの際に、いままで使用していたカラーボックスは不要になって処分に困るときがありますよね。

カラーボックスはサイズが大きいため可燃ごみでの処分ができません。

粗大ごみで処分する際は自治体のホームページから申し込みの手続きをして、運び出しをしたりなど、お忙しい方には結構手間ですよね。

そんな困ったときに頼りになるのが不用品回収業者のPORTEです!

この記事では、カラーボックスの簡単な処分方法と注意点を紹介しますので是非参考にしてくださいね。

目次

カラーボックスを粗大ごみとして捨てる前に確認すべきこと

粗大ごみを依頼する際は、事前に自治体へいくつか確認が必要になります。直前だと対応できないこともありますので、余裕をもって確認しましょう

地域の粗大ごみ回収ルールの確認

地域によって回収ルールは異なりますので事前に確認が必要です。

自治体のホームページに詳しく掲載されてますので、チェックしましょう。

カラーボックスのサイズと状態の確認

カラーボックスのサイズ材質によって料金が異なります。

一番長い一辺の長さを基準にしている場合が多いので、事前に測っておく必要があります。

粗大ごみとしてカラーボックスを捨てる手順

粗大ごみとして捨てるには、決まった手順を踏まなければ処分することができません。

大まかな手順をみていきましょう。

粗大ごみの回収申し込み方法

お住まいの地域の粗大ごみセンターで受け付けをします。

自治体によって異なりますので、事前に自治体のホームページを確認しましょう。

処理手数料について

粗大ごみ受付時に処理手数料について案内がありますので、その指示に従ってコンビニ等で粗大ごみ処理券を購入しましょう。

カラーボックスの出し方

処分するカラーボックスに処理券のシール部分を張り付けて、回収日に指定場所に出しましょう。

回収日前に出したりすると、不法投棄と間違えられる場合がありますので注意しましょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

カラーボックスの粗大ごみ処分の注意点

粗大ごみで処分するにはいろいろと手続きが必要ですね。

すぐに処分したくても希望日に予約が出来ない場合がありますので注意が必要です。

処分日の確認

予約時に、回収日してくれる日を確認しましょう。

粗大ごみで処分するとなると、即日回収は難しいですよね。

それでも急遽の引越で粗大ごみを手配する時間もない時もありますよね。

不用品回収業者のPORTEであればお電話での問合せで、予約状況によっては即日のご訪問可能です!

ぜひ、ご相談だけでもまずはお問合せください!

不法投棄の防止

粗大ごみの手続きが面倒だからと、空き地や山奥などに放置する不法投棄は、法律で禁止されています。これは指定の場所以外に出したり、回収日より前に出したりする行為も同様です。

個人が不法投棄をした場合、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方の刑に処すると規定されています。個人が罰せられるだけではなく、ご近所トラブルになりかねません。さらに、環境汚染に繋がる行為ですので、絶対にやめましょう

カラーボックスのリサイクルや再利用の可能性

まだまだ使用できるカラーボックスを処分するのはもったいないという方はフリマアプリやリサイクルショップを利用しましょう。

リサイクルショップやフリマアプリでの販売

リサイクルショップへは持ち込みが必要になりますが、状態が良ければ買い取ってもらえるのでお得に処分できますね。

メルカリやラクマなど利用者数が多いアプリを使えば、すぐに引き取り手は見つかる可能性が高いでしょう。

ですが、ジモティーと違い、近くに住んでいる方と取引ができるわけではないので場所によっては送料が高くなる場合もあります。この点はデメリットでもありますね。

地域のリサイクル活動への参加

地域で不用品バザーなど寄付できる場所があれば参加し、地域の方と交流しながら譲渡ができるのもいいですね。

譲る場合の処分費用は0円ですが、寄付の場合は送料がかかるので、確認しましょう

カラーボックスの処分オプションの比較

カラーボックスの処分を依頼する際に業者で様々なサービスをしています。

依頼する前にホームページなどでチェックしましょう。

自治体の粗大ごみ回収サービス

解体せず、回収場所に持っていけばそのまま回収してくれます。

比較的に安価で処分してくれるのもメリットです。

不用品回収業者のサービス

好きな時間に回収してもらえるので、自分のスケジュールに合わせて予約を入れることが出来ます。予約時間によっては即日回収も可能です。

持ち運びや解体等もお任せできるので、人手が足りなくて自力での処分が困難な方には便利でしょう。

リサイクルや再利用の方法

状態が良ければ、リサイクルショップやフリマアプリなどを活用してお得に処分ができます。

送料が高くなったり、ご自身で持ち込んだりする手間が発生しますので、確認が必要です。

まとめ

地域のルールに従い、適切に粗大ごみとしてカラーボックスを処分しましょう

処分が決まったら、まずは自治体の粗大ごみ受付センターに申込しましょう。

すぐ処分できるシステムではないので前もって手続きすることが必要です。

サイズや状態を確認して、処分手数料をコンビニなどで購入し準備しましょう。

可能であれば、カラーボックスのリサイクルや再利用も検討しましょう

不要となったカラーボックスを処分するのは簡単ですが、状態がよく、まだまだ利用できる場合はリサイクルや知人の方に譲ったり、再利用を検討しましょう。環境にもやさしい良い取り組みです。

不用品回収業者は信頼できる業者を選びましょう

残念ながらまだ悪徳業者は潜んでいます。

すぐに処分しなきゃいけない時にはつい、焦ってしまいますが、焦らずしっかり不用品回収業の許可を持った業者をホームページで確認し依頼するようにしましょう。

不用品回収業者のPORTE(ポルテ)であれば、許可をもって営業しておりますので、安心してお任せください。お客様に納得してご利用していただくために、無料で見積もり訪問を行っています。まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次