CD処分の必要性と方法:自治体ルールから買取りまで

CD処分に迷ったらこの記事へ。自治体のゴミ回収ルール、個人情報の安全対策、買取オプションについて詳しく紹介。大量のCD処分も安心。

CD処分の必要性と方法

自宅や実家の掃除をしていて古いCDが出てきた際、意外と悩ましいのがCDの処分方法ではないでしょうか。大量のアイドルCD、断捨離を決意したマニアの音楽CDなどだと、特に処分に悩んでしまいますよね。さらに、CDといっても市販の音楽が収録されているもの以外にも、記録媒体として仕事関係のデータや家族・友人との思い出を記録したものもあります。データを含むCD-Rなどだと個人情報の漏えいも心配ですよね。

可燃ごみなのでしょうか、不燃ごみなのでしょうか。それとも資源ごみなのでしょうか?そもそも、CDやDVDが何ゴミなのか、処分の仕方が分からず悩んでいる方も多いはずです。今回は、CDの処分の必要性と処分方法について、ご説明いたします。

CDを自治体のゴミ回収で処分

分別ルール

CDやDVDは、「可燃ごみ」か「不燃ごみ」で出します。分別については、自治体ごとに決められているので、可燃ゴミか不燃ゴミのどちらに該当するかは、自治体のホームページを必ず確認してください。

いくつかの市を参考に比較してみます。可燃ごみに分別される地域が多い傾向にありますが、ご自分で勝手に判断するのはやめましょう。

自治体分別区分
東京都町田市不燃ごみ
東京都新宿区可燃ごみ
神戸市可燃ごみ
札幌市可燃ごみ
横浜市可燃ごみ
千葉市不燃ごみ
那覇市可燃ごみ
回収日と時間

自治体のゴミとして処分する場合は、基本的に可燃ごみもしくは不燃ごみのどちらかとして処分することになります。ご自身の自治体の捨て方を把握し、そのゴミの回収日と時間も自治体のルールに従い適切な日時でごみを出しましょう。

PORTEなら年間実績1万件だから安心!

個人情報が含まれるCDの処分前の注意

情報漏洩の危険性

CDの処分に際して、情報漏洩の危険性について注意が必要です。CDには個人情報、機密データ、または重要なビジネス情報が含まれていることがあり、不適切な処分方法を選ぶと、これらの情報が第三者に漏れる可能性があります。

データ消去の方法

CD-RWやDVD-RWなど、データの書き込みや消去を繰り返し行うことができるディスクのみ、データの削除を行うことが可能です。しかし、データの削除にもWindows 10の機能を利用したり、データの書き込み方によって、削除方法がことなったり、削除できるものできないものがあったりと、データの消去は簡易的ではありません。

そこで、情報漏洩を防ぐためにデータの消去以外の方法を紹介します。

シュレッダーで細断

簡単な方法として、シュレッダーで細断してしまう方法があります。シュレッダーは、手動なら2,000円程度で買い求めやすいものも。家庭用であれば、充分役目を果たしてくれるでしょう。電動シュレッダーを使えば処分も手早く済むでしょう。細かく砕くことにより、一般ゴミ(可燃ゴミ)として出すことが可能となります。

カッターやハサミで傷をつける

CDやDVDを製造しているメーカーが推奨している方法として「表面に傷をつける」というものがあります。切断する場合は、ハサミで切断するのは力もいるし、ハサミも選ばないとなりません。ケガの恐れもあるので扱いには充分注意をしましょう。

塗装してある側が表面(レーベル面)、虹色に光っている側が裏面です。書き込みは裏面から行いますが記録層は表面の真下にあり、表面にカッターで深く傷つけるのが有効です。

CDの買取・売却オプション

買取価格の見積もり

買取サービスを利用すれば、不要なCDをすぐに現金化できます。オークションやフリマのように売れるのを待つ必要がなく、店舗での査定後に買取金額が支払われます。

発売日から日が経った古いCDで、かつ需要が少ない場合、一般的な買取店では50円くらいの買取額になることが多いようです。店舗によっては値段が付かないと判断され、買取不可になるケースも珍しくありません。CDはまだ販売・需要ともにあるため、全く売れないわけではないが価値は下がっているということは頭に入れておきましょう。しかし、各買取業者では、数枚まとめて売ると査定額が上がるサービスをおこなっている業者も多く、まとめて売ると意外と高い金額となることもあります。

大ブレイクで非常に多く売れたCDの場合、中古市場に出回る数も必然的に多くなります。買取店では在庫量が増えると、価格を下げざるを得ないため、買取額も比例して安くなることが一般的です。

ただし、すべての古いCDが安い金額で買い取られるというわけではありません。昔人気があったミュージシャンで、限定品として市場に数千枚ほどしか出回っていないCDは希少価値がついて買取金額が高くなったり、逆にミリオンセラーのCDは売る人が多く市場に出回ってたりと、希少価値によって買取金額は大きく変わってきます。希少価値が高いCDの場合、1,000円で購入したCDに数倍の値段が付いたというケースも見受けられます。

下記でおすすめの買取業者を紹介いたします。

もったいない本舗

もったいない本舗は、CDのほかに本やDVD、ゲームソフトを取り扱っている宅配買取業者です。万が一、商品に値が付かなかった場合でも、無料で引き取ってもらえるためコストをかけずに不用品の処分が可能です。15時までに申し込めば当日集荷してもらえ、商品到着から最短3日以内に査定金額を通知してもらえます。

メリットは、コンビニやヤマト営業所に持ち込んで発送できる点です。時間の関係で自宅で集荷を待つのが難しい方は、持ち込みをおすすめします。サービスを手軽に利用できるよう、無料の梱包資材を提供しているのも魅力です。ダンボールだけでなく、ガムテープや住所を印字した着払い伝票などもセットになっているため、手間がかかりません。届いたダンボールに売りたいCDを梱包し、運送会社のスタッフへ引き渡すだけなので簡単です。

なお、注意点としては最低売却数が決められている点です。CDは20点からでないと買取してもらえません。そのため、ある程度まとまった数のCDを売却したいと考えている方に適したサービスです。

宅配買取サービス

もったいない本舗ように、店舗に行かずとも買取をしてくれる宅配買取サービスを行っている業者がいくつかあるのでご紹介いたします。

買取王子

買取王子は、宅配買取に特化したサービスです。CDを含め、60種類以上におよぶジャンルの品物に対応していることが特徴です。あらゆる手数料が無料であるため、少しでもコストを抑えてCDを売却したいと考える方に適しています。送料はもちろん、査定料や振込手数料、返送料、値が付かなかったときの引取料もすべて無料です。

ネットオフ

ネットオフは、ブックオフから独立した宅配買取専門のサービスです。日本全国に対応しているため、居住地に関係なく利用でき、1点から大量のCD買取まで依頼できます。高価買取を得意としているのも強みです。ネットオフは実店舗を運営していないため、人件費や店舗の賃料などが発生しません。余計なコストが発生しないため、買取価格へ還元できて高価買取が実現します。またCDの高価買取リストを公式サイト上に公開しているため、所有するCDがいくらで売却できるのか概算を把握できるのも魅力です。

ブックオフオンライン

ブックオフオンラインは、さまざまなジャンルのCDを買取対象としている買取サービスです。CD以外にも、本やゲーム、DVD、靴、ブランドバッグ、ジュエリー、鉄道模型など、さまざまなアイテムの買取を行っており、オンラインで申し込みしたあと、最短で翌日に荷物を引き取りに来てくれるため、すぐにでも売却を進めたい方に適したサービスです。CDを売りたいものの、ダンボールを自身で用意できない方のために、「宅本便ダンボール」を販売しています。1枚200円と無料ではありませんが、必要な枚数を自宅まで届けてくれるため便利なサービスです。

VALUE BOOKS

VALUE BOOKSは、オンラインで運営されている本の販売、買取店です。会員制を採用していることが特徴です。「おためし査定」ができるのも特徴で、本棚の写真を撮影して送信すると、写っているすべての本を売却するといくらになるのか、まとめて試算できます。CDと併せて、大量の本も処分したいと考える方に適しています。注意点としてはシングルCDや特典付きのアイドルCD、ディスクオンデマンド商品などは査定対象外となっている点です。査定を希望する際には注意点を確認しましょう。

大量のCDを一度に処分

不用品回収業者を利用

不要となった大量のCDをまとめて処分したいという場合は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。量が多い場合には、自治体で捨てるにも手間がかかったり、袋がやぶれたり、中には運べないこともあります。

今すぐにでも片付けてほしい場合や売却する手間をかけられない場合、段ボールで何箱もあって自力ではどうにもならない、行政が指定する収集日にあわせて出すのが難しいなど、自力で処分するのが難しいのであれば、一気にまとめて業者に引き取ってもらいましょう。

NPO・NGOへの寄付

クローゼットに眠っているCDや観なくなったDVDは、NPOやNGOを支援する団体に寄付することもできます。寄付できるCD/DVDの条件は団体によって異なりますが、レンタル落ちやサンプル、状態の悪いものでなければ問題ないでしょう。寄付したCD/DVDを団体が買取り、その買い取ったお金を任意の支援先に寄付する仕組みになっています。 支援先は複数あり、アジアの子供に医療を届けているNGO。日本でペットの里親会を開いているNPOなどさまざまです。

NPOやNGOから寄付を受けた際、寄付証明書をもらうことができることがあります。この証明書は、税金申告の際に寄付金控除を受けるために役立ちます。

よくある質問

CDケースの処分方法は?

空のCDケースは一般的なゴミとして処分することが可能です。

CD・DVDのケースは、プラスチック製ですが多くの自治体では、ケースも含んで同じゴミとして捨てられます。CD・DVDを「可燃ゴミ」としている自治体では、たいてい「ケースも含む」という記載があるので、確認しておけば安心です。ご自身の住む地域のゴミ分別の指示に従い、事前にホームページなどで確認いたしましょう。

レンタルCDの処分は?

レンタルCDの処分は、一般的に以下の方法で行うことができます。ただし、CDが貸し出し業者に属している場合、返却を怠ると罰金が発生することがあるため、注意が必要です。

  1. レンタル店への返却

レンタルCDは、貸し出し業者に返却することが第一の選択肢です。CDを借りたレンタル店に持ち込み、適切な手続きを行いましょう。CDがレンタル業者の財産であるため、返却が重要です。遅延罰金を支払う可能性があるため、期限内に返却することが大切です。

2. 適切な処分方法の確認

レンタル業者によっては、CDが彼らの財産でなくなった場合、処分方法に関する情報を提供することがあります。業者がCDの処分を許可する場合、それに従って処理します。

3. 再利用または寄付

レンタルCDがあなたの所有物となる場合、不要なCDを再利用または寄付することを検討しましょう。友人や家族に提供するか、地元の学校、図書館、またはチャリティ団体に寄付することで、他の人々に役立つことができます。

レンタルCDの処分方法は、CDが個人の所有物になった場合と、貸し出し業者の所有物である場合で異なります。CDを返却するか、所有権を取得した後の適切な処分方法を確認し、法的および倫理的な観点から適切に行動しましょう。

買取不可のCDの処理は?

買取不可となってしまったCDは、今まで紹介してきた買取以外の方法、自治体のゴミ・不要品業者に依頼・寄付といった方法で処分することになるでしょう。

買取業者によっては、買取できなかったCDも引き取って処分までしてくれるところも中にはありますので、買取業者のホームページなどをよく見て自分に合った買取業者を選びましょう。

まとめ

基本ルール

CDの処分方法について、今まで述べてきたことをまとめてみると下記のとおりです。

CDは基本的に一般ごみとして捨てられる

※自治体によって、燃えるゴミ・燃えないゴミの区分が異なるので、ご自身の地域の分別方法に従って処分しましょう。

大量に処分したいCDがある、処分が面倒くさいなどの場合は、不用品業者に依頼する

買取業者に買い取ってもらう

NPO・NGO団体などに寄付をする

個人データが入っているCDについては、必ずCdに傷をつけたり、切断したり、シュレッダーにかけるなどして、情報漏洩の防止に努めましょう。

効率的な処分方法の選び方

処分したいCDが少量であり、ご自身の自治体で可燃ごみとして処分できるようであれば、いつもどおりのゴミ捨てと変わらないと思うので、一番効率よく簡単に処分ができると思います。

少しでも、プラスになればという方であれば、買取に出してみるのがよいでしょう。個人情報の漏洩防止をしっかり行っていれば、CDの捨て方は、ご自身にあった一番良い処分方法を選べるかと思います!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次