まだ使う?捨てる?カーペットの種類と処分方法、まとめました!

カーペットの処分に迷っている方へ。種類や予算別の処分方法、注意点までを詳しく紹介します!

カーペットの処分って、意外と困るものですよね。


買ったときはよくても、いざ必要がなくなると「どうやって捨てればいいんだろう?」と躓いてしまう方も多いのではないでしょうか。

カーペットはサイズによって分別方法が大きく異なります。

そこで、この記事では処分のプロでもある不用品回収のポルテが、カーペットの種類別の正しい捨て方や、お得に手放す方法までを紹介していきます!

目次

そのカーペット、そもそも処分すべき?

まずは、処分する必要性があるのかを考えていきましょう。

リビングにカーペットを敷くと、転んだ時やなにかが落ちた時でもクッションになり、安全面に配慮することができます。
特に、小さなお子さんやペットがいる場合はクッション性の高いカーペットを敷いているご家庭が多いと思います。

また、カーペットの中でも水を弾くものもありますので、何かこぼした時でもサッと拭き取れて安心です。

絨毯タイプのものは、日頃から掃除機などで手入れを行うことが必要です。
塵や埃などが知らない間に溜まり、衛生的によくありません。放置しているとダニが発生することもあります。

あわせて読みたい
玄関マットや絨毯、実はいらないかも?断捨離でお掃除をもっと楽チンに♪ お部屋にアクセントを加えてくれるマットや絨毯ですが、「なんとなく、あると便利なもの」だと思い込んではいませんか?しかし、床に直接置いておく時間の長いアイテム...

\ 不用品の処分にお困りの方は安心&安全のpORTEにお任せください!/

カーペットの種類とそれぞれの処分方法

天然繊維のカーペット

天然繊維(ウール、綿、麻、竹、い草)のカーペットの場合、自身で処分する方法は2つあります。

・可燃ごみで捨てる

・粗大ごみで捨てる

天然繊維そのものは可燃ごみになりますので、大きさによっては可燃ごみとして捨てることができます。大きさのボーダーは30cmです。自治体によってルールが違うところがありますが、多くの自治体では粗大ごみの基準を一辺が30cm以上としているところが多いです。

元の大きさが規定以上のものでも、切断して小さくすれば可燃ごみとして無料で捨てることができます。

合成繊維のカーペット

合成繊維(ポリエステル、ナイロン)やタイルカーペットの場合は、大きさによって「不燃ごみ」か「粗大ごみ」に分別されます。合成繊維は不燃ごみに分別されますので、可燃ごみには出さないように注意しましょう。

その素材が使われているかは、カーペットについているタグの表示を確認すると分かります。大きさが大きいものは同じく粗大ごみに分別されますので、手続きの仕方が異なります。

電気カーペット

電気カーペットの場合は大きさによって、「不燃ごみ」か「粗大ごみ」で処分することができます。切断して小さくすることによって不燃ごみとして捨てることができますが、内部に「電熱線」が通っているため、切断する時は注意が必要です。工具を使って切断するようにしましょう。

自宅でできる、カーペットを捨てる準備

STEP
カーペットのサイズを測定する

カーペットの大きさによって分別されますので、まずは大きさを測定しましょう。

30cmを目安にすると良いでしょう。一辺が30cm以上の大きさがあれば粗大ごみとして出します。それ以下の場合、可燃ごみか不燃ごみで捨てることができます。

STEP
カーペットをカットする方法

カーペットの大きさによって分別されますので、まずは大きさを測定しましょう。

30cmを目安にすると良いでしょう。一辺が30cm以上の大きさがあれば粗大ごみとして出します。それ以下の場合、可燃ごみか不燃ごみで捨てることができます。

STEP
カーペットを包装する

切断したカーペットは、ごみ袋に入れておきましょう。大きすぎると運搬が大変です。45Lのサイズに入れることをお勧めします。

処分方法別の手順と費用

粗大ゴミとして処分する

粗大ごみとして捨てる際には、行政のホームページから予約を入れます。電話でもネットでも行うことができ、最近ではLINEから予約を入れられるところもあります。

回収日と回収品目を選択し、予約をします。混雑状況によっては2週間〜1ヶ月後しか予約ができない場合もありますので、日程には余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

次は、粗大ごみ料金を納めます。お近くのスーパー、コンビニ、郵便局で「粗大ごみ券」を購入します。料金分の券を購入したら、シール部分を処分品の見えるところに貼りましょう。

回収日当日、玄関前またはお住まいのごみ集積場所に出しておけば完了です。

粗大ごみ料金は400〜1,000円程度でしょう。

リサイクルショップや買取り業者へ売る

カーペットが比較的新しく、まだ十分綺麗な状態であれば専門業者に買取りをお願いする方法もあります。
シミや傷がある場合は、査定価格がグッと下がり、店舗によってはお断りされるところもあるでしょう。

店舗によっては出張査定を行っているところもありますので、まずは買取価格を知りたいという方は利用してみると良いでしょう。

不用品回収業者へ依頼する

一番楽な方法は、不用品回収業者に依頼することでしょう。カーペットも大きさに問わず回収の対象品目になります。希望の日時に回収に来てくれるのが便利でしょう。また、カーペット以外に複数不用品がある方は、まとめてお願いすると良いでしょう。

家具だけでなく、家電や不燃ごみも一緒に回収してくれるますので、引っ越しなど処分の期日が迫っている方には魅力的でしょう。

無料で見積もりを行っている業者もありますので、料金が気になる方は一度相談してみるのもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい
【布団・カーペット・キャリーケースなど】東京都墨田区 T様の不用品を回収いたしました! 東京都墨田区のT様から、お引越しの際に不要となった布団などのお荷物回収のご依頼をいただきました!お片付けのお手伝いをした流れがこちらです! 回収したもの:布団...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次