【これだけ読めばバッチリ】買い替え前におさえておきたいベッドの種類とサイズを解説!

みなさんはどのようなベッドを使っていますか?
質の良い睡眠をとるためにも、ベッド選びは重要ですよね。

中には布団派の方もいるかもしれません。

実は、ベッドには思った以上にたくさんの種類があるんです。

今回は、意外と知らないベッドの種類から、今更聞けないサイズ名までを詳しく解説していきます!

目次

まずはここから!意外と知らないベッドのサイズまとめ

ベッドのサイズを決める時に、一番基準となるのはまずお部屋の広さではないでしょうか。

ベッドの大きさは、寝転がった際左右に20cm以上の余裕があるのが理想的だそうです。

改めて見ると、意外と今使っているベッドは窮屈だったりするかもしれません。

それぞれのサイズを詳しく見ていきましょう。

シングルベッド

シングルベッドのサイズ平均は幅100cm×長さ195cmほどになります。

シングルサイズのベッドは大人1人が利用するのにちょうどよいサイズだと言えるでしょう。

ただ、体格が大きかったり、ベッドにぬいぐるみやクッションなどを置いている場合は多少窮屈に感じるかもしれません。

シングルベッドを置くお部屋は5畳以上の広さが最適です。 ベッドを置くと部屋の4分の1~3分の1程度を占めますが、圧迫感がありません。
初めて一人暮らしをする方や、社会人になりたての方などにもおすすめできるサイズです。

セミダブルベッド

セミダブルベッドのサイズ平均は横幅120cm×長さ195cmほどになります。

長さはシングルサイズと変わりませんが、幅がシングルサイズより20㎝以上大きくなります。

セミダブルサイズのベッドは大人1人がゆったり余裕をもって利用するのにちょうどよいサイズです。

名前に「ダブル」とついているので、2人で使う用だと思う方もいるかもしれませんが、セミダブルベッドは大人2人が利用するには少々窮屈に感じるサイズです。

セミダブルベッドを置くお部屋の広さは5畳以下では難しいです。
ただし、6畳以上あればセミダブルベッドを置いてもテーブルや椅子などが配置できるため、基本的には6畳以上のお部屋が好ましいと言えます。

7畳以上あれば、家具の配置も比較的自由に選べるでしょう。

ダブルベッド

ダブルベッドのサイズ平均は幅140cm×長さ195cmほどになります。

夫婦や恋人同士など2人で使用するのに最もオーソドックスなサイズです。

なお、1人で利用する際も基本的にはダブルベッドまでのサイズが適しているとされます。

寝返りが多い方や体格のいい方、また広いスペースでゆっくり1人で眠りたいという方はダブルベッドでも良いでしょう。

ダブルベッドを置くお部屋の広さは6畳以上が望ましいです。
ただし、6畳ではベッド以外の家具をかなりコンパクトにする必要があります。

そのため、基本的には7畳、8畳以上あると家具の配置も余裕があるでしょう。

ただし、ダブルベッドは基本的に2人以上での利用が一般的なため、8畳のお部屋でも2人分の生活雑貨や家具があると窮屈に感じることでしょう。

ダブルベッドを2人以上で使う際は、お部屋も2人暮らしに適した広さ・間取りにするのが好ましいですね。

クイーン〜キングベッド

クイーンベッドのサイズ平均は、幅85cm×長さ195cmほどのものが2枚

キングサイズですと幅97cm×長さ195cmのものが 2枚という大きさになります。

クイーンサイズ以上になるとマットレスが2枚に分かれ、2人で広々と利用することができるようになります。

特にキングサイズはホテルのスイートルームでも利用される大きさで、ベッドサイズの中で最も大きいため搬入できるお部屋も限られてきます

クイーンサイズ以上のベッドを置くお部屋の広さは6畳以上が望ましいです。

ただし、サイズが大きくかなりお部屋を圧迫するため、基本的にクイーンサイズ以上のベッドは寝室が分かれている1DK以上のお部屋に適しているでしょう。

ベッドのサイズに合わせてお部屋の間取りや広さも変えていけるとよいですね。

ぽるるん

いちばんスタンダードなのはシングルベッドかな?大きいものは好きな柄の布団やマットレスカバーがあるかも調べておこう!

ベッド自体の種類にはどんなものがある?

ここまでで、ベッドのサイズについては大体イメージできたかと思います。

サイズ以外にも、最近のベッドには収納付きのものだったり様々な種類があります。

お部屋の収納の広さやイメージするテイストなどによって選ぶとよいでしょう。

収納つきベッド

まずご紹介するのは収納付きのベッドです。

こちらはベッド下やサイドに引き出しなどの収納スペースがあるベッドのことをいいます。

引き出しタイプ、チェストタイプ、跳ね上げ式など様々なタイプがあり、お部屋の収納スペースが狭い場合はおすすめのタイプになります。

デメリットとして、引き出しタイプなどの場合、引き出しの開閉スペースが必要な点と、また床とベッドのスペースが少ないため通気性が悪いことからカビの発生につながりやすいという点が挙げられます。

収納タイプの場合はこまめな換気と除湿剤の使用などをすると良いでしょう。

足付きマットレス

次にご紹介するのは脚付きマットレスです。

脚付きマットレスとはその名の通り、マットレスに脚がついた簡易的なベッドのことです。

マットレスとベッドフレームが一体化しているため、フレームとマットレスを別々に購入しなくても良いメリットがあります。

デメリットとしては分解ができないため、マットレスのみでの交換ができないことです。

また、ベッドフレームにマットレスを乗せているわけではないので、マットレスの中央部分の強度に不安がでてきます。
サイズが大きくなれば強度も弱くなるので、注意が必要です。

すのこベッド

最後に紹介するのはすのこベッドです。

すのこベッドとは、ベッドのフレームなどに一定のすき間をあけて床板を打ちつけ、すのこ状にしたベッドのことです。
タイプによってはフレームがない場合もあります。

メリットとして通気性がよく湿気がたまりにくいという特徴と、折りたためるタイプのものは使わない際に折りたたんで省スペースに設置することができる点などが挙げられます。

また、ベッドとしては珍しく、マットレスではなく布団を敷くことも可能です。

デメリットとしては保温性に優れないため、冬場の冷気を通しやすい点などがあります。
また、手入れが不十分だとベッドの素材や寝具にカビが発生することがあるため注意が必要です。

ベッドの買い替えは「処分」の方法を決めてから!

いかがでしたでしょうか。
ベッドにはサイズだけでなく、様々な種類があることがお分かりいただけたかと思います。

新生活へ向けて、生活スタイルの変化に伴いベッドの買い替えを検討される方も多いかと思います。

ベッドの買い替えを行う際は、既存のベッドの処分方法を決めた上で買い替えを行うと作業がスムーズです。

ベッドの処分方法はいくつかありますが、お急ぎの場合や他にも処分したい家具などがある際には不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

不用品回収PORTE(ポルテ)では、ベッドの回収はもちろん、他の不用品もあわせて回収作業を行っております。

最短即日対応が可能で、またお見積りは無料でお伺いさせていただいております。

ベッドの買い替えをご検討される際はぜひ、PORTEに一度ご相談ください!

あわせて読みたい
【ベッド】神奈川県茅ヶ崎市にお住まいのS様の家具の買い替えに伴う不用品回収のお手伝いをいたしました! 神奈川県茅ケ崎市にお住まいのS様からいただいた、ベッドのご依頼についてご紹介します! 神奈川県茅ケ崎市にお住まいのS様からのご依頼は、家具の買い替えに伴うベッド...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次