洗濯機回収業者の選び方!プロが教えるおすすめ業者とポイント

洗濯機回収業者を選ぶ際の重要なポイントと、信頼できるおすすめの業者を紹介。注意点や手続きの流れも詳しく、安心して洗濯機を手放すための情報を提供します。

洗濯機を安心して処分!おすすめの回収業者とその選び方

洗濯機は家電リサイクル法の対象製品になりますので、安易に粗大ごみで処分できません。

洗濯機を含む家電リサイクル法の対象製品は、法律に基づいた方法で処分しなければいけませんが、洗濯機を簡単に処分する方法から費用を安くする方法まで様々あります。

この記事では、洗濯機の処分方法とその注意点、処分する手間やお得に処分する方法まで、できるだけ分かりやすくご紹介します。

この記事を読めば、あなたに合った手間なくお得に処分できる方法が見つかりますので、賢く洗濯機を処分しましょう。

\ 不用品の処分でお困りの方はPORTEにお任せください /

洗濯機回収業者を選ぶ前に

洗濯機の寿命や買い替えのタイミング

洗濯機の寿命は10~11年と言われております

基本的には壊れるまで使用されるご家庭が多いと思いますが、お引越しのタイミングでまだ使えるけど心機一転新しい洗濯機へ買い替える方も多いと思います。

様々な状況に合わせて処分方法を選択していきましょう。

回収業者を利用するメリット

不用品回収業者を利用する場合、一番のメリットは取り外しや運搬する手間が省けることだと思います。

洗濯機をリサイクルショップや持ち込みで処分する場合は取り外しから運搬までご自身でする必要があります。

不用品回収業者には電話またはホームページからの依頼で予約状況によっては即日見積、回収も可能ですし、取り外しから運搬までスタッフが全て対応してくれます。

お客様の手間は依頼する際のお電話またはホームページからのお問合せのみです。

手間が省ける分、費用はかかりますが、他にも不用品があれば併せて見積して回収も可能ですし、家電や家具でお値段がつくものがあれば買取も可能です。

一度利用してみる価値はありますよね。

洗濯機回収業者の選び方

信頼性・評判

不用品回収業者が営業するにあたり必要な許可が「古物商許可」になります。

悪質な業者に依頼してしまわないよう、まずは必要な許可を取得しているかホームページ等で確認しましょう。

業者の評価や口コミの確認方法

検索サイトで業者の名前検索すると評価や口コミが載っている場合があります。

参考にしながら依頼すると安心ですね。

料金

おおよそ10,000円~くらいを見ておきましょう。

相場感やコストパフォーマンスの良い業者の選び方

時間に余裕がある場合は、最低3社ほど見積を依頼してみましょう。スタッフの応対や価格帯など見ながら決めていくと安心かと思います。

対応エリア

エリアは不用品回収業者によってさまざまですのでホームページで事前に確認しましょう。

全国対応か、地域限定か

大手ですと、全国展開しているところが多いですね。地域限定の業者もありますので、まずはお問合せしてみましょう。

対応スピード

予約状況にもよりますが、基本的にはお電話いただいて即日に見積→回収も可能です。土日祝日は早めに予約が埋まりやすい傾向があります。

お引越しなどで、すでに予定が分かっている場合は、早めに予約の連絡しましょう。

即日対応可能な業者の特徴

全国に優秀なスタッフをそろえて連携強化を図っている業者が強いですね。

PORTEは予約状況によりますが、即日対応可能です!!

サービス内容

取り外しから搬出までお任せください。他にも不用品がある場合は一緒に処分・買取も可能です。

搬出サービスやクリーニングサービスなどの付加価値

女性やお年寄りの方だとどうしても搬出などは難しいですよね。

そういったときは事前に相談すれば対応してくれるところもあります。。クリーニングサービスも行っており、その場合は処分前にご自身での清掃も不要です。

おすすめの洗濯機回収業者

業者Aを利用しての感想

洗濯機クリーニングサービスも一緒に対応してくれてうれしかった。

業者Bを利用しての感想

搬出が手際よく、他の不用品も一緒に処分出来て引越がスムーズにできた。スタッフの応対も良かった。

業者Cを利用しての感想

壊れた洗濯機を回収してもらった。洗濯機1台のみだったが、依頼してすぐ対応してくれて助かった。

洗濯機の処分時の注意点

環境への影響

洗濯機を自身で分解・解体するのは違法

中には「洗濯機を解体すれば無料で捨てられるのでは?」と考えている方いらっしゃるかと思います。

 しかし、洗濯機を分解し、不燃ゴミや粗大ゴミとして出すことは違法となっております

 家電リサイクル法の対象品目は、指定業者のみ解体が認められています

環境対策を行わずに廃家電を破壊することで、フロンガスや鉛などの有害物質が環境中に放出されます。

リサイクル法に基づく処分の重要性

廃棄物を再利用することで、原材料を再度生産する必要がなくなります。

その結果、貴重な天然資源の枯渇を防止することができます。

リサイクルによって廃棄物の処分を減らすことで、埋立地の使用を減らすことができます。 また、廃棄物処理に伴う二酸化炭素の排出量を減らすこともできます

不法投棄のリスク

無許可の廃棄物回収業者によって回収された廃家電や粗大ごみが、不法投棄された事例が報告されており、環境への悪影響を及ぼしております。

罰則やそのリスクの具体例

家電リサイクル法の対象廃家電の適切な引き取り・引渡しをしなかった小売業者は、指導及び助言→勧告→命令を受けたあと、最終的に50万円以下の罰金が下されることになります。

回収業者とのコミュニケーションのポイント

事前の確認事項

洗濯機のサイズや状態を確認

スムーズに見積、回収するためにサイズや状態を事前にお伝えいただくとスムーズに作業が進みます。

契約時の注意点

複数の業者から見積をとり、サービスや金額を見て比較して依頼しましょう。

料金の明確化や追加料金の有無

まずは最低3社見積をとりましょう。

階段のみの場合は搬出の際に人工代や追加料金が発生するかもしれません。

まとめ

回収業者を利用する際のポイントの再確認

手間をかけずに洗濯機を処分できるのが不用品回収業者のメリットですが、残念ながら違法な悪徳業者も存在するので注意が必要です。

よくある事例として、街中をトラックで巡回しながらスピーカーで宣伝している業者があげられます。

このような業者は無許可で不用品の回収を行っており、回収後に法外な料金を請求されたりなどのトラブルが多く、消費生活センターへ多くの相談が寄せられています。

洗濯機の適切な処分の重要性の再強調

どれも処分費用や手間のかかり方など、メリットとデメリットはあります。ですが、安易に粗大ごみや不法投棄をしてしまうと環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

洗濯機は決して軽いものではないので、無理にご自身で運ぼうとすると家の床や壁に傷を付けてしまったり、ご自身が怪我をしてしまうことがあるかもしれません。そのため、できればご自身で運搬しないで済む方法がおすすめです。

さらに買い取りまでしてもらえるところであれば最高ですね。その点PORTEであれば、お客様がまったく手を触れることもなく、素早く洗濯機を回収させていただくことが可能です。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次