【回収ボックスリストあり】目黒区でモバイルバッテリーを捨てる際の、様々な方法をお教えいたします!

目黒区といえば、東京都23区の住みやすさランキングでも常に上位に入る人気の街で、閑静な住宅街でありながら、渋谷や恵比寿などにも近いことから若い方や外国人観光客なども多く訪れる、「遊びに行く街」と「住みたい街」の両立が図れている地区です!

そんな遠方へのお出かけに皆さん持ち歩くのがモバイルバッテリー!
特に若い方は皆さん常に持ち歩いているのではないでしょうか?

このモバイルバッテリー、実はお住まいの区や市によって捨て方が違うのはご存じでしたか?

捨て方を間違えると大きな事故につながる危険性もありますので、しっかりおさらいしてから処分するようにしましょう!

あわせて読みたい
実は危険!膨らんだモバイルバッテリーの安全な捨て方とは?正しい処分方法と注意点をプロが解説! 膨らんだモバイルバッテリーの正しい捨て方を分かりやすく解説します! 引き出しの奥に眠っていたモバイルバッテリーが、いつの間にか膨張していて驚いた経験はございま...
目次

小型充電式電池は家庭ごみではなく回収ボックスへ

まず、目黒区では、モバイルバッテリーを一般ごみ(不燃ごみ)として捨てることが出来ません。

なぜなら、モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池などの小型充電式電池が内蔵されている場合が多く、破損・変形により、発熱・発火する危険性も伴うからです。

大事故になってからでは遅く、「知らなかった…」では済まされません!
取り扱いには充分注意しましょう!

リチウムイオン電池による火災事故の増加が理由

リチウムイオン電池は、携帯電話、ノートパソコン、電動自動車、無線ツールなど、様々な電子機器で広く使用されている再充電可能な電池の一種です。
軽量でありながら高いエネルギー密度を持ちます。

そんな優れた電池ですが、過充電や損傷、劣化・老化などで発火が起きる危険性があるんです。
過去には、家庭ゴミとして捨てられたモバイルバッテリーが、ごみ処理施設などで火災を起こすケースも相次いでいます。億単位の損害が出た自治体もあるようです!

ぽるるん

何気なく捨てた電池が、こんな大事故に繋がるなんて…
適切な方法での処分が必要なんだね!

では、小型充電式電池を含むモバイルバッテリーは、どこに捨てればいいのか?

目黒区ではいくつかの回収方法がありますのでチェックしていきましょう!

処分は区が設置する回収ボックスか、リサイクル協力店へ

目黒区以外の23区では、区での回収を行っていない地域が多い中、目黒区では10箇所に回収ボックスを設置して回収を行っています。
お近くの回収ボックスがあれば足を運んでみましょう!

区が設置している回収ボックス

拠点名称住所
駒場住区センター目黒区駒場一丁目22番4号
目黒区総合庁舎1階西口目黒区上目黒二丁目19番15号
緑が丘コミュニティセンター本館目黒区緑が丘二丁目14番23号
目黒区清掃事務所目黒区目黒本町二丁目13番19号
目黒区清掃事業所目黒区中目黒四丁目1番2号
目黒区エコプラザ目黒区目黒一丁目25番26号 田道ふれあい館地下1階
北部地区サービス事務所目黒区大橋一丁目5番1号 クロスエアタワー9階
中央地区サービス事務所目黒区中央町二丁目9番13号 食販ビル内
南部地区サービス事務所目黒区碑文谷一丁目18番14号 碑小学校内南西側
西部地区サービス事務所目黒区柿の木坂一丁目28番10号
  • 駒場住区センター
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次