板橋区のモバイルバッテリー回収ボックスはどこにある?もっと手軽に処分するなら不用品回収を利用しよう!

板橋区はJR埼京線・都営三田線・東京メトロ副都心線と有楽町線・東武東上線と多くの路線が入り、
バス路線も充実しているため、都心や副都心へのアクセスに便利なエリアです。
公共交通機関での移動はスマホが必需品ですので、充電切れ防止のためにモバイルバッテリーを携帯している人も多いでしょう。

最近は大容量のモバイルバッテリーが次から次へと登場しています。
より性能の高いものへの買い替えを検討している人は、
使わなくなった古いモバイルバッテリーの処分をどうするかまで考えておく必要があります。
なぜなら、モバイルバッテリーは一般のごみ収集では回収してもらえないからです。

目次

板橋区でモバイルバッテリーを処分したいときは電池をチェック!

スマートフォン等を充電するモバイルバッテリーは、乾電池式と充電池式の2種類があります。

乾電池式のモバイルバッテリーは、本体に乾電池をセットして使用するタイプです。
本体は軽量で、外出先のコンビニ等で乾電池を購入すればすぐに充電することができて災害時にも便利に使えます。
しかし、日常的にモバイルバッテリーから充電をする人にとってはコストがかかり、
電池を購入する手間も面倒に感じるでしょう。

そのため、現在のモバイルバッテリーと言えば、本体の中に充電可能なリチウムイオン電池を内蔵したものが主流です。
リチウムイオン電池は繰り返し充電して使えることがメリットですが、
充電回数を重ねると1度に充電できる最大容量が減ったり、本体が発熱したり膨張するなどの異常が見られるようになります。
このような場合はモバイルバッテリーが寿命を迎えたと判断しなければなりません。

買い替え等で不要になったモバイルバッテリーを処分する場合は、
バッテリーに使用している電池のタイプを確認し、それぞれに合った方法で正しく処分しましょう。
誤った方法で処分をした場合、発火や爆発などの事故に繋がる恐れがあるので注意が必要です。

あわせて読みたい
実は危険!膨らんだモバイルバッテリーの安全な捨て方とは?正しい処分方法と注意点をプロが解説! 膨らんだモバイルバッテリーの正しい捨て方を分かりやすく解説します! 引き出しの奥に眠っていたモバイルバッテリーが、いつの間にか膨張していて驚いた経験はございま...

板橋区で回収してもらえる電池の一覧

板橋区で回収している電池は、乾電池などの使い切り電池のみです。
具体的な電池の種類は下記になります。

・乾電池(アルカリ、マンガン電池)
・リチウム電池(型番がCR、BRの電池。コイン電池)
・ボタン電池(型番がSR、PR、LRの電池。酸化銀電池、空気電池、アルカリボタン電池)

モバイルバッテリーが乾電池式の場合、乾電池と本体を別々に区の回収ルールに則り処分すれば問題ありません。

上記以外の、リチウムイオン電池・ニカド電池・ニッケル水素電池・鉛蓄電池等は区の回収は行っていないため、
充電池式のモバイルバッテリーを処分したい場合は、充電式電池リサイクルボックスを設置している回収協力店に持ち込んだり、
メーカーや販売店に回収を依頼する必要があります。

ぽるるん

モバイルバッテリーは気軽に買えるけど、
捨てるのは面倒だなあ…。

板橋区にあるリサイクル協力店の回収ボックス

区で回収を行っていない電池の中で、
一般社団法人JBRC会員企業製の3種(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)の小型充電式電池は、
充電式電池リサイクルボックスにて無償回収を行っています。
回収可能な製品には回収・リサイクルを推進するスリーアローマークの記号があります。

板橋区の主な小型充電式電池の回収協力店

下記の回収協力店では、スリーアローマークのある小型充電式電池の回収を受け付けています。
安全面の配慮から、回収ボックスが目につく場所に設置していないことがあるため、
見当たらないときはスタッフの人へ尋ねましょう。

・市橋電気
・コジマ×ビックカメラ上板橋店
・ミルウォーキーツール・ジャパン ヘビーデューティーセンター(ゲオタワー池袋2階)
・ビバホーム板橋前野店
・ヤマダデンキテックランドイオンスタイル板橋前野店
・川又電化サービス
・ビバホーム板橋小豆沢店
・イトーヨーカ堂上板橋店
・わくい電器
・イオンリテール イオンスタイル板橋店
・コジマ×ビックカメラ高島平店
・コジマ×ビックカメラ志村店
・スミデンエコー無線 本社/仲宿店
・コジマ×ビックカメラ ベルクスモール浮間舟渡店
・本橋電気

なお、スリーアローマークのない製品の処分についての回収は行っていないため、
そのような製品の処分方法については製造メーカーや販売店、自治体に相談しなければなりません。

膨張・破損・水濡れのバッテリーはボックス回収不可の場合も

リサイクル可能なモバイルバッテリーでも、膨張・破損・水濡れなど異常がある場合は、
リサイクルボックスでの回収を断られることがあります。
海外製等でメーカー問合せ先もわからない場合は、必ず自治体に相談して処分方法を確認しましょう。

処分方法がわからないからという理由で、不燃ごみに混ぜて出すというのは絶対におやめください。
過去には、捨てられたリチウムイオン電池が原因で清掃車両の火災が発生するなど、重大な事故に繋がった例もあります。

ぽるるん

回収ボックスに入れるときも
衝撃を加えないようにやさしくね!

早く処分しておきたいなら、不用品回収サービスの利用がおすすめ!

処分方法がわからないものや、処分する手間がかかるものは、
他の不用品とまとめて、不用品回収サービスを利用するのがおすすめです。
専門スタッフが不用品を回収し、各自治体のルールに則り適切な方法で処分を行うので安心です。

不用品回収業者のPORTE(ポルテ)では、お客様のご都合に合わせて、出張無料見積もりと不用品回収を行っています。
見積もり後そのまま回収することも、検討していただき後日改めて回収に伺うことも可能です。
東京都以外のエリアにも展開していますので、こちらも併せてご覧ください。

あわせて読みたい
【大阪市在住の方、朗報です】モバイルバッテリーの処分に困ったら、環境事業センターのリチウムイオン... 「小さいから粗大ゴミには当てはまらないだろう」と、壊れたスマホやモバイルバッテリーなどの電子機器を不燃ごみに捨ててしまっていませんか? 実はそれ、重大なマナー...

引っ越しや家の片付けはやることがたくさんあって忙しいものです。
そんな中で「不用品の処分にかける時間がもったいない!」と思う方は
まずは電話やメール、LINEからお気軽にご相談ください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次