福岡県福岡市のモバイルバッテリーの処分方法は?回収ボックスはどこ?不用品回収のプロに依頼も検討しよう

福岡県の県庁所在地である福岡市は、県内で最も人口が多い都市で、
博多区・中央区・東区・西区・南区・城南区・早良区の7つの区で構成されています。
福岡空港や博多港が近く、新幹線や高速道路なども利用できる便利なエリアであり、
オフィスビルが立ち並ぶ中心部では多くのビジネスパーソンが行き交っています。
そのため、就職をきっかけに福岡市内でひとり暮らしを始めたり、
県外からの単身赴任・一家転住による人口流入も多い傾向です。

住み慣れない街に引っ越した場合、まず確認したいのはごみ出しルールです。
特に燃やせないごみのルールは地域によって細かな部分が異なり、
引越し後ずっと誤ったごみ出し方法を続けていた、と数年経って気付く人もいます。

今回は、買い替えの機会が多い割に、正しい処分方法が広まっていない物の代表として、
福岡市におけるモバイルバッテリーの処分方法についてご紹介いたします。

目次

福岡県福岡市でモバイルバッテリーの処分は、電池の種類がポイント!

スマートフォンの電池切れ予防のために持ち歩くことの多いモバイルバッテリーには、
乾電池式充電池式の2つのタイプがあります。

乾電池式は、市販の乾電池をセットすれば事前の用意なしで充電が始まります。
軽量な本体だけ持ち歩き、外出先で万が一スマートフォンの充電が切れてしまったら、
最寄りの店で乾電池を購入して充電ができるので、緊急用にも最適です。

一方、充電池式のモバイルバッテリーは、本体にリチウムイオン電池が内蔵されており、
電池の交換が不要で繰り返し使用できます。
電池内蔵型のため本体の重量はありますが、近年では軽量なモバイルバッテリーも登場しているため、
現在では充電池式の製品を持ち歩く人が一般的となっています。

ただし、充電池式のモバイルバッテリーでも永久に使えるわけではありません
リチウムイオン電池は、充電回数を重ねると最大容量が減り、本体の発熱膨張などの異常が表れます。
このような症状が見られる場合はバッテリーの寿命だと考え、買い替えを検討しましょう。

不要になったモバイルバッテリーは、電池の種類によって処分方法が異なります。
誤った方法で処分をした場合、発火や爆発などの事故に繋がる恐れがあるので注意が必要です。

あわせて読みたい
実は危険!膨らんだモバイルバッテリーの安全な捨て方とは?正しい処分方法と注意点をプロが解説! 膨らんだモバイルバッテリーの正しい捨て方を分かりやすく解説します! 引き出しの奥に眠っていたモバイルバッテリーが、いつの間にか膨張していて驚いた経験はございま...

福岡県福岡市で回収してもらえる電池の一覧

福岡市が燃えないごみとして回収している電池は、アルカリ電池マンガン電池コイン型電池(型式CR、BRで始まるもの)のみです。
市のごみ回収に出す際は、絶縁のために両端にセロハンテープを貼りましょう。

なお、下記の電池に関しては、燃えないごみとして出すことはできません。

【燃えないごみとして出せない電池類】
・モバイルバッテリー等の小型充電式電池
・ボタン電池(型番がSR、PR、LRの電池)

モバイルバッテリーが充電池内蔵型の場合は、公共施設の資源物回収ボックスや電器店などに設置している、
一般社団法人JBRCの回収ボックスに持ち込みましょう。

ぽるるん

福岡市の資源物回収ボックスって
どこにあるんだろう?

福岡県福岡市にある資源物回収ボックス

モバイルバッテリーは公共施設の資源回収ボックスに持ち込むことができます。
また、一般社団法人JBRC会員企業製の3種(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)の小型充電式電池は、
JBRCの回収ボックスでも回収を行っています。

福岡市の主な資源物回収ボックスの場所

下記の施設にある資源物回収ボックスにてモバイルバッテリーの回収を受け付けています。
なお資源物回収ボックスは、7月~9月の期間は保管可能な温度を超えることがあるため、回収を停止しています。

【公共施設の資源物回収ボックス】
・東区役所
・博多市民センター
・中央体育館
・南市民センター
・城南区役所
・早良区役所
・入部出張所
・西区役所
・西部出張所

【JBRCの回収ボックス】
・臨海3Rステーション
・西武3Rステーション
他、電器店や家電量販店など

モバイルバッテリーは分解・解体などせずに機器ごと持ち込みましょう。

膨張・破損・水濡れのバッテリーはボックス回収不可の場合も

通常であればリサイクル可能なモバイルバッテリーでも、膨張・破損・水濡れなど異常がある場合は、
回収ボックスに入れる前に、受付の職員の方に相談しましょう。

モバイルバッテリーを燃やせないごみに混ぜて出すというのは絶対にNGです!
ごみ収集車の中で小型充電式電池が発火した例もあり、重大な事故に繋がります。
必ず、市のルールに沿った方法で処分しましょう。

ぽるるん

モバイルバッテリーに異常を感じたら
速やかに処分を!

早めに処分して安心したい人は不用品回収サービスの利用がおすすめ!

市のごみ回収に出せないものなど、処分の手間がかかったり、
分別が難しいという不用品が手元にある場合は、プロが行う不用品回収サービスの利用をおすすめします。
専門の不用品回収スタッフがご自宅まで回収に伺い、各自治体のルールに合った方法で処分を行うので安心です。
モバイルバッテリーと一緒に、大型家具や家電などの不用品と一緒に回収を依頼することもできるので、部屋の中もスッキリ片付くでしょう。

不用品回収業者のPORTE(ポルテ)では、お客様のご都合に合わせて、出張無料見積もり不用品回収を行っています。
見積もり後そのまま回収することも、検討していただき後日改めて回収に伺うことも可能です。
東京都以外のエリアにも展開していますので、こちらも併せてご覧ください。

あわせて読みたい
【大阪市在住の方、朗報です】モバイルバッテリーの処分に困ったら、環境事業センターのリチウムイオン... 「小さいから粗大ゴミには当てはまらないだろう」と、壊れたスマホやモバイルバッテリーなどの電子機器を不燃ごみに捨ててしまっていませんか? 実はそれ、重大なマナー...

引っ越しや家の片付けはやることがたくさんあって忙しいものです。
そんな中で「不用品の処分にかける時間がもったいない!」と思う方は
まずは電話やメール、LINEからお気軽にご相談ください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次