【徹底解説】渋谷区での粗大ゴミの処分方法を徹底解説!申し込み方法や料金などをご紹介!

  • 渋谷区での粗大ゴミの出し方を知りたい
  • 粗大ゴミで捨てれない物が何か知りたい
  • 粗大ゴミで捨てれない物はどのように処分すればいいか知りたい

引越しなどで家具を粗大ゴミに出そうと考える方は多いでしょう。

しかし、実際に粗大ゴミとして出す際の手順がわからず困っている方もいるかもしれません。

この記事では、渋谷区での粗大ゴミの処分方法について具体的な出し方や捨て方を詳しくご紹介します。

さらに、粗大ゴミとして処分できない物の処分方法についても解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

ぽるるん

渋谷区で不用品回収業者の選び方やおすすめの業者を知りたい方は「渋谷区おすすめ不用品回収業者10選」をご覧ください。

本記事の内容
  • 渋谷区の粗大ゴミの基準
  • 渋谷区の粗大ゴミの出し方
  • 渋谷区の粗大ゴミ料金
  • 粗大ゴミとして捨てられない物の処分方法

この記事を読めば、渋谷区の粗大ゴミの処分方法をしっかりと理解できるはずです。

それでは、詳しく見ていきましょう!

目次

渋谷区の粗大ゴミとは?基本情報

渋谷区の粗大ゴミとは?基本情報

粗大ゴミの出し方を説明する前に、まず渋谷区の「粗大ゴミ」がどういうものか説明します。

大きいゴミが全て粗大ゴミという訳ではないので、注意しましょう。

粗大ゴミの基準について

渋谷区が定める粗大ゴミとは、家庭から出る電気製品や家具など、一辺の長さが30cmを超えるものです。

しかし30cmを超えると全て「粗大ゴミ」という訳ではなく、家電リサイクル法に該当するテレビ、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫、冷凍庫、または180cmを超える物は回収されないので注意が必要です。

この基準を把握することで、どのような物が粗大ゴミとして出せるか確認することができます。

なお、回収対象は家庭から出るゴミに限定されており、事業系ゴミは含まれませんのでご注意ください。

また、一度に大量の粗大ゴミを出したい場合は、あまりにも多いと回収できない事があるので、事前に渋谷区粗大ごみ受付センター(TEL:03-6834-4777)に確認するようにしてください。

ぽるるん

事業系の粗大ゴミは対象外ですので、注意しましょう!

渋谷区での粗大ゴミの出し方

渋谷区の粗大ゴミ出し方

次に実際に粗大ゴミを出す時の手順について説明します。

粗大ゴミは処分したいと思った時にすぐに回収してもらえるものではなく、事前に手続きして料金を支払う必要があります。

渋谷区で粗大ごみを出す手順は、少々面倒かもしれませんが、ルールに従えばスムーズに処分できます。

処理施設への持ち込み処分には対応していないため、自治体のサービスを利用する必要があります。

以下にその手順を詳しく説明します。

①粗大ごみ受付センターでの申し込み

粗大ごみの申し込み方法は、インターネット、電話、LINEの3つの方法があります。

申し込みの際には、処分したい品物の寸法(縦、横、高さ)を伝える必要がありますので、事前に計測しておきましょう。

また、回収希望日もこの時に指定しますので、自分のスケジュールに合わせて計画を立てるとスムーズです。

ぽるるん

LINEで申し込みができるようになりました!

②粗大ごみ処理券の購入と貼り付け

申し込み後は、有料粗大ごみ処理券(シール)を購入する必要があります。

粗大ごみ処理券は渋谷区内のコンビニで購入可能です。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどで取り扱いがあります。

主な券の種類と金額は、A券が200円、B券が300円です。

処理券を購入後、名前を書き、見やすい場所に必要な枚数のシールを貼り付けましょう。

適切に記入されていない場合、回収してもらえないことがあるので注意が必要です。

また、処理券には使用期限がないため、多めに購入しても後日使うことができます。

ぽるるん

処理券は、コンビニ以外に有料粗大ゴミ処理券取扱所の標識のあるお店でも購入できます!

③粗大ごみの出し方と注意点

粗大ごみ処理券を貼り付けた粗大ごみは、収集予定日の朝8時までに玄関先や敷地入口付近の収集しやすい場所に出しましょう。

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合は、1階の収集しやすい場所か、管理者が指定する場所に出す必要があります。

これで、収集予定日の当日中に清掃事務所の作業員が回収してくれます。

粗大ゴミを出す際には、タイミングに注意しましょう。

前日に出すとトラブルになる可能性があるため、収集日の早朝に出すのがベストです。

また、処理券を見やすい場所に貼っておくことで、回収業者がスムーズに確認して回収できるようになります。

ぽるるん

粗大ゴミを出す時は、処理券を張るのを忘れずに!

渋谷区の粗大ゴミ回収料金表

渋谷区の粗大ゴミ料金一覧

次に、粗大ゴミの処分料金について説明します。

渋谷区で粗大ゴミを処分する際には、品目ごとに異なる料金が設定されています。

以下に代表的な品目とその料金を示します。

これはあくまで参考ですので、正確な料金については粗大ごみ受付センターに問い合わせて確認することをおすすめします。

対象品粗大ゴミ料金
布団400円
自転車400〜900円
マットレス、ベッドマット400〜1300円
ソファ(1人用)900円
ソファ(2人以上)2,300円
メタルラック400〜3,200円
テーブル、ダイニングテーブル400円〜1,300円
マッサージチェア1,300円(重量制限あり)
箱物家具(高さと幅の合計が135cm以下)400円
箱物家具(高さと幅の合計が180cm以下)900円
箱物家具(高さと幅の合計が270cm以下)1,300円
箱物家具(高さと幅の合計が360cm以下)2,300円
カラーボックス400〜2,300円
1,300〜3,200円

このように、品目ごとに料金が異なり、大きさや重さによっても変動するので、粗大ごみを出す前に必ず料金を確認するようにしましょう。

正確な金額を知りたい場合は、渋谷区の粗大ごみ受付センターに問い合わせる事をおすすめします。

ぽるるん

品物の大きさによって料金がかなり変わるので、事前に問い合わせるのをおすすめします!

粗大ゴミで処分できないもの

粗大ゴミで処分できないもの

渋谷区の粗大ゴミでは出せない品目もあるため、事前にしっかりと確認することが重要です。

特に、家電リサイクル法やパソコンリサイクル法に基づく製品、または適正処理が困難なもの、収集運搬が難しい物などは、粗大ゴミで処分ができないので別の方法で処分する必要があります。

それぞれについて詳しく説明します。

家電リサイクル法に基づく製品

家電リサイクル法の対象品には、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、そしてテレビが含まれます。

これらの製品は資源の有効利用を促進するために特別な処分方法が定められています。

そのため、自治体ではこれらの家電を回収していないため、不用品回収業者や家電量販店に引き取りを依頼する必要があります。

多くの家電量販店では引き取りサービスを行っており、購入時に確認するのがおすすめです。

また、リサイクルショップを利用して処分することも可能です。

手間なくすぐに処分したいのであれば、不用品回収業者が便利です。

ぽるるん

知らない方が多いのですが、家電リサイクル法対象品目は粗大ゴミで処分ができません!

パソコンリサイクル法に基づく製品

パソコンリサイクル法に基づき、家庭で使用していたパソコンはメーカーが自主回収する仕組みとなっています。

そのため、渋谷区ではパソコンを粗大ごみとして処分することができません。

ただし、パソコンの付属品であるコード、マウス、キーボードなどは単体であれば通常のごみ(資源ごみや不燃ごみ)として出すことが可能です。

パソコンを処分する際は、メーカーの公式ウェブサイトから回収申し込みを行い、指定された方法で送付しましょう。

これにより、適切にリサイクルが行われます

ぽるるん

パソコンは資源有効利用促進法によって粗大ゴミに出せません。

適正処理が困難な物

自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)、オートバイ(バッテリー等の部品も含む)、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類などは適正処理が困難な物とみなされ、渋谷区では粗大ごみとして回収してもらえません。

これらの物品は購入した店舗や専門の不用品回収業者に相談するか、専門業者に回収を依頼するのが一般的です。

適切な方法で処分することが環境保護にも繋がります

ぽるるん

処理や解体が難しいそうな物は、事前に確認するようにしましょう。

収集運搬が難しい物

長さが180cmを超えるものは収集運搬が難しいため、渋谷区では回収してもらえません。

ただし、切断することで180cm以下にすれば回収可能です。

例えば、長い家具や建材などは必要に応じて切断し、サイズを調整することで回収に出すことができます。

しかし、切断や解体が難しい場合には、不用品回収業者などのサービスを利用することをおすすめします。

専門業者に依頼することで、安全かつ効率的に処分ができます。

ぽるるん

極端に大きい物、重いものは事前に確認するようにしましょう。

自治体以外の粗大ごみ処分方法

渋谷区の粗大ゴミ自治体以外の処分方法

渋谷区の自治体サービスで粗大ごみとしての処分ができない場合でも、民間のサービスを利用すること不用品を処分することができます。

自治体サービスよりも手軽に処分できたり、お得に処分できる方法もあるので、ご自身の状況に合わせて選択しましょう。

以下に、代表的な4つの方法をご紹介します。

①リサイクルショップや買取業者による売却

リサイクルショップや買取業者に売却をして処分する方法です。

買取業者やリサイクルショップは、再販が可能な家具・家電を買い取ってくれる可能性があります。

一般的な買取基準は「製造から5年以内の家電」や「使用感の少ない家具」「状態の良いアパレル・ブランド品」です。

アンティークやレアなオーディオ機器などは、壊れたジャンク品でも買取ってもらえる場合があります。

持ち込みが可能な場合は「店舗買取」、運び出しが難しい場合は「出張買取」を利用すると便利です。

ぽるるん

利用する場合は、複数の業者に査定してもらう事をおすすめします!

②オークションやフリマアプリを活用

粗大ごみがまだ新しく使える物であれば、オークションサイトやフリマアプリで売却する方法もあります。

特にフリマアプリはスマホを使って簡単に出品できるため、多くの人に利用されています。

商品写真と説明文を準備すれば、多くの人に見てもらえ、リサイクルショップより高い価格で売れることがあります。

ただし、個人売買のため購入者とのやり取りや梱包・発送の手間がかかります。

また、商品の状態に起因するトラブルもあるため、慎重に対応することが求められます。

すぐに売れる保証もないため、急ぎの処分には不向きです。

ぽるるん

捨てるつもりだったものがお金になったら嬉しいですね!

③ジモティーを利用する

お金をかけずに処分したい場合には、ジモティーを活用する方法が便利です。

ジモティーは不要品を譲り合うコミュニティサイトで、無料で利用できます。

サイト内で欲しい人を見つけたら、日程調整や取引場所を決めます。

運び出しが難しい場合でも、運び出しを条件に譲ることができるため、粗大ごみの処分に非常に有効です。

しかし、譲渡相手を見つけるのに時間はかかる事が多いので、急いで処分したい場合は不向きです。

ぽるるん

無料で処分できるのは嬉しいですね!

④不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用すれば、手間なく粗大ごみを処分できます。

行政の粗大ごみ回収よりも費用がかかることがありますが、渋谷区の行政では回収しない大型のものやリサイクル家電、パソコンも問題なく回収してくれます。

大量の不用品がある場合でも、すべてお任せで一度にまとめて処分してもらえる上、処分を急いでいる場合でも即日対応が可能なため非常に便利です。

忙しい方でも回収時間の調整に柔軟に対応してくれるため、現代のライフスタイルに合った処分方法と言えるでしょう。

ただし、業者選びが重要ですので、事前にホームページや口コミで信頼性や評判を確認しましょう。

また、多くの業者が異なる料金体系を持っているため、事前に見積もりを取り、比較することをおすすめします。

ぽるるん

自分では何もしなくても全部お任せで処分ができるなんて便利ですね!重いものが運べない方にもぴったりです。

渋谷区での粗大ごみ処分まとめ

まとめ渋谷区の粗大ゴミ処分ポイントと注意点

この記事では、渋谷区での粗大ごみの処分方法や手順、料金について詳しく解説しました。

  • 粗大ゴミを出す時は、事前申し込みと有料処理券の購入が必要
  • 自治体では処分できない物もある
  • 自治体で処分できない品目は不用品回収業者やリサイクルショップで処分ができる

まず、粗大ごみを出す際には、事前の申し込みと有料処理券の購入が必要です。

自治体では粗大ゴミとして処分できない品目もあるため、リサイクル法対象品や収集運搬が難しい物については、適切な処分方法を確認することが重要です。

粗大ゴミとして処分できない物は、不用品回収業者・リサイクルショップ・フリマアプリなどを活用すれば処分ができます。

処分方法を選ぶ際には、手続きや料金だけでなく、環境への配慮も忘れないようにしましょう。

リサイクルや再資源化を推進することで、ごみの有効利用にもつながります。

賢く粗大ごみを処分し、快適な生活空間を保つと同時に、持続可能な社会づくりにも貢献しましょう。

この記事を参考に、適切な手続きを行い、安全かつ効率的に粗大ごみを処分してください。

粗大ゴミを家の外まで運ぶなんて、重くてとてもできそうにありません…

ぽるるん

それなら不用品回収業者が間違いなくおすすめです!
とても手軽に安全・安心に処分できますよ。

PORTEでは無料見積もり・即日依頼を承っております。
お気軽にご連絡ください!

≫ PORTEに問い合わせる

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!
目次