ぬいぐるみの後悔しない捨て方をプロが伝授!マナーを守りながら適切に捨てる方法とは?

ぬいぐるみの捨て方を学びましょう。地域ルール、再利用、リサイクルのポイントを押さえ、感謝の気持ちを込めてさよならしましょう。

ぬいぐるみの捨て方を解説!後悔しないぬいぐるみとの別れ方を知ろう!

長い間一緒に過ごしてきたぬいぐるみ、いざ処分するとなると迷ってしまいますよね。

ごみとして捨てていいのか、供養すべきなのか…。

ぬいぐるみや人形には、魂が宿ると言われています。しっかり供養した上で処分を望む方もいらっしゃいますね。

この記事では、供養の方法から捨てる際のポイントまでを分かりやすく解説していきます!

思い入れのあるぬいぐるみだからこそ、捨てる際にも丁重に扱いましょう!

目次

ぬいぐるみを捨てる前に考えるべきこと

ぬいぐるみが綺麗な状態か、汚れた状態かによって選択する方法が変わってきます。

 ぬいぐるみの状態を確認しよう

比較的綺麗で新しいぬいぐるみであれば、リユースに回す方法があります。

しかし、少しでも汚れや傷がある場合は譲渡や売却は難しいでしょう。処分を検討することになります。

少しの損傷であれば修復することもできますので、どうしてもリユースしたい人は修理することを検討すると良いでしょう。

ぬいぐるみを捨てる場合の具体的な方法

ぬいぐるみを一般ごみで処分する方法は、大きく2つに分かれます。それぞれの特徴をみていきましょう。

ただし、ぬいぐるみや人形の場合は供養する風習もありますので、そんな方は次の章を参考にしてください。

燃えるごみとして出す

多くの場合は、【燃えるごみ(可燃ごみ)】として捨てることができます。ごみ袋に入れて、指定の曜日に出せば完了です。

粗大ごみとして出す

燃えるごみの中でも、一辺の長さが30cmを超えるような大型ごみは【粗大ごみ】に分類されます。この粗大ごみの大きさの定義は、地方ごとに異なりますのでお住まいの地域の行政ホームページで確認しましょう。具体的には、一辺の長さ50cm以上や、90cm以上と定義されている地域があります。

大きなぬいぐるみで規定サイズを超える場合は、予約を入れて粗大ごみとして出しましょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

ぬいぐるみの捨て方に関するマナーと注意点

ぬいぐるみの供養の仕方をみていきましょう。誰でも自宅でできるお清めの方法も紹介しています。

お清めや供養の方法

神社やお寺では、人形供養を受け付けているところがあります。

定期的に受け付けているところや、年に数回人形供養祭りが行われ、イベント期間に合わせて持ち込むところもあります。千葉県の長福寿寺、東京都の明治神宮、和歌山県の淡嶋神社は、人形供養を行なっている寺社として特に有名です。

また、自宅でできるお清めの方法もあります。

ぬいぐるみの汚れを綺麗に取った後、少量のお清めの塩を振り、白い紙で包みます。最後に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。それから、ごみ袋に入れて捨てるようにしましょう。

塩には身を清める意味がありますので、ぬいぐるみを浄化することができます。

自宅で捨てる際には、このようにお清めの行為を行ってから捨てるようにしましょう。

捨てる前に考慮すべきポイント

ぬいぐるみや人形には、魂が宿ると言われています。今までそばにいてくれたことに感謝の気持ちを示してから処分することが大切です。

無造作にごみ袋に入れたり、無碍に扱うとバチが当たるかもしれませんね。

ぬいぐるみの再利用やリサイクルの方法

いらなくなったぬいぐるみをリユースすることで、エコな取り組みができます。代表的な寄付の方法をご紹介しましょう。

寄付や譲渡の方法

幼児施設NPO団体では、ぬいぐるみの寄付を募っているところがあります。まだ綺麗な状態であれば、このような団体に寄付をすることをおすすめします。

または、知人や親戚に譲渡する方法もあります。処分せずに欲しい方の手に渡るので、ごみの削減にも繋がり、とても良い方法です。

地域のリサイクル活動への参加

ぬいぐるみや人形の寄付を自治体で行っている場合もあります。常時受け付けているのではなく、イベントとして期間限定で行っているところが多いでしょう。

ご興味のある方は、お住まいの地域の行政ホームページをよくチェックしましょう。

まとめ

ぬいぐるみは地域のルールに従って適切に捨てましょう。

自宅で処分する場合は、お住まいの地域のごみ出しルールをよく確認して捨てましょう。

粗大ゴミで捨てる場合は、予約が必要です。

可能であれば、寄付や譲渡を検討しましょう。

リユースすることで相手が喜ぶだけでなく、ごみの減量化にも繋がるためエコな取り組みにもなります。知人や親戚に譲渡する相手がいなくても、寄付を募っている施設を調べると良いでしょう。

ぬいぐるみの捨て方には、マナーを考慮する必要があります。

ぬいぐるみを処分する際には、しっかり供養を行うと良いでしょう。人形供養を行っている神社やお寺に持参すると良いでしょう。

自宅で捨てる場合には、必ずお清めの行程を行ってから捨てるようにしましょう。

困った時は不用品回収業者に依頼しましょう。

処分方法に迷った方は、不用品回収業者にお願いする方法もあります。

特に引っ越しや大規模な模様替えなどの際には、ぬいぐるみ以外にも複数処分したいものが出てきますよね。そんな時は、まとめて不用品回収業者に回収をお願いすることができます。

さらに、自分のスケジュールに合わせて希望の日時に回収に来てくれるのもメリットですね。

不用品回収のPORTE(ポルテ)なら、無料で見積もり訪問サービスを行っています。

「明日回収して欲しい」などの、急な要望にも対応しています!

見積もりをして料金にご納得いただいた上で回収作業に移りますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次