靴処分の決定版!正しいタイミングとスマートな方法をプロが解説!

靴処分をスムーズに!適切なタイミングと、売る、寄付する、捨てるための簡単ステップを紹介します。

靴の処分方法は?処分のタイミングやまだ履ける靴のお得な処分方法を解説!

つい増えてしまう靴…

そろそろ処分しようかなと思ってる方も多いのではないでしょうか?

シューズボックスに入りきらなくて困るケースも多いですよね。

しばらく履かない靴があったら、整理を検討すると良いでしょう。

この記事では、そんな靴の処分方法をいくつかご紹介します!

「まだ履けるのにもったいない!」そんな時に適した処分方法もあるのです!

靴の状態に応じた方法を選択すると良いでしょう。

目次

靴を手放す時期の目安は?

皆さんは、いつ靴を捨てていますか?

ボロボロな状態で靴を履くのは、衛生的にも印象的にも良くありません。

まずは、廃棄するタイミングの目安をご紹介しましょう。

 靴の「捨てるタイミング」はいつ?

靴を捨てるタイミングって難しいですよね。以下の症状が出たら、処分を検討しましょう。

  • 底が剥がれたり、靴底がすり減っている
  • 穴が空いている
  • カビが生えている
  • 装飾が(リボンなど)がなくなった
  • 嫌な臭いが取れない
  • 靴の形が崩れている

これらの症状が出ていたら、寿命と考えて思い切って捨てても良いでしょう。

靴自体が古くなっていて、洗っても改善しないことがあります。

1年以上履いていない靴

1年以上履いていない靴があれば、今後も履かない可能性が高いでしょう。

靴棚の場所を占領しているだけですので、この機会に整理しましょう。

修理が難しい靴

靴底は張り替えれば再び安全に履くことができますが、それでも永遠に履くことはできません。長い間履いていると靴にかなり負担がかかってきますので、変形してこれ以上修理ができないこともあります。

靴の種類によっては壊れても修理が難しいものもありますので、捨てるしかないでしょう。

流行りの靴が変わったとき

古いデザインで、もう履きたくないと思うこともあるでしょう。これも捨てるタイミングと判断して良いでしょう。

まだ履ける場合にも、長年保管しているだけでも素材は劣化していきます。リユースする形で処分を検討しましょう。

ぽるるん

新しい靴を買ったら、古い靴を捨てる習慣をつけると良いね!

いらない靴の処分方法7選!数や状態にあった捨て方

靴は、どのように捨てればいいのでしょうか。

まだ綺麗な靴特殊な靴など、一般ごみでは捨て辛いものもありますよね。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、靴の状態に合った処分方法を検討しましょう。

 一般ごみで処分する

使わなくなった靴は、〈燃えるごみ〉で捨てることができます。

ごみ袋に入れて、燃えるごみの曜日に出しましょう。

長靴などのゴム製のものでも、ほとんどの地域では燃えるごみに分別されます。詳しくは、お住まいの地域の行政ホームページで確認すると良いでしょう。

フリマサービスで販売

最近では、フリマアプリを利用する人が増えていますね。靴はフリマアプリで取引されることの多い品物です。

自分で価格を設定できるのがメリットです限定アイテムの場合は、高めの値段で売れることもあります。

ただし、すぐに買い手が見つかるとは限りません。売れるまでは自宅で保管しないといけないので、処分の期日が迫っている方には向かないでしょう。出品のための撮影から、梱包、配送作業とやることが多く、手間がかなりかかるのがデメリットです。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップなどの買取専門店に売却する方法もあります。靴は、ほとんどの店舗で取り扱っていますので比較的買い取ってもらいやすい品物です。

靴の査定価格はブランドや使用状況によって判断されますので、汚れのあるものは価格がつかないこともあります。

買ったけど1〜2回しか履いていない…という靴があれば、買取を検討すると良いでしょう。

寄付する

寄付品を受け付けている団体に、古い靴を寄付することもできます。

ダンボールに入れて指定の場所に送ることで、団体を通して国内や海外に支援品として送られます。団体ごとに支援内容が異なりますので、必ず支援内容や寄付先を確認して寄付するようにしましょう。

靴屋で下取りをしてもらう

靴屋の中には、履かなくなった靴を下取りしてくれる店舗もあります。

靴と引き換えに割引クーポンをもらえるところもあるため、積極的に利用すると良いでしょう。

靴の流通センター、ABCマート、チヨダ、シューマートなどで実施しています。お近くの靴屋さんを調べて、古い靴を持参しましょう。

特殊なスポーツ用シューズの処分方法

スパイク靴などの特殊な靴は、地域によっては〈燃えるごみ〉ではなく不燃ごみ〉に分別されます。

ごみのルールは地域ごとに決められてますので、捨てる前に必ず行政ホームページで確認しましょう。

安全靴やスキーブーツの特別な捨て方

金属が入っている安全靴スキーブーツは、多くの地域で〈不燃ごみ〉に分別されます。

稀に地域によっては〈燃えるごみ〉に分別されますので、気をつけましょう。

こちらも、事前に行政ホームページで確認する必要があります。

一辺の長さが30cmを超えるような大型ごみの場合は、粗大ごみに分別されます。お住まいの地域の粗大ごみルールに沿って、予約を入れてから捨てるようにしましょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

靴を捨てる際の注意点

靴を処分する際の注意ポイントをおさらいしておきましょう。

適切に分別する

一般ごみとして捨てる場合は、よく分別ルールを確認しましょう。

全てが燃えるごみになるとは限りません。

売却前は状態を良くする

買取専門店フリマアプリで売却する場合は、売る前に綺麗にしておきましょう。

寄付する時も然りです。

また、傷がある場合は正直に記載しておかないと、後にトラブルになる可能性もあります。汚れは洗えば落ちるケースがほとんどですので、無くしておきましょう。綺麗な状態であればある程、査定価格は上がります。

個人間トラブルに注意

フリマアプリなど、個人間でやり取りするものは嘘の記載がないようにしましょう。 少しでも高く売ろうと嘘の記載をすると、クレームにもなるでしょう。

フリマアプリにも、ネットオークションにも必ず利用ルールがありますので、必ず守るようにしましょう。

何か問題が起こった際には、速やかに運営に連絡しましょう。

まとめ

靴の処分方法ごとの費用相場とは?

ご紹介した7つの処分方法であれば、費用はかからずに捨てることができます

ただし、粗大ごみの場合は粗大ごみ処理手数料がかかります。費用は200〜500円程度です。

環境にも配慮して、処分方法を選択しよう

靴の処分方法はいくつかあります。

捨てるのか、リユースできるのかによっても選択は変わってくるでしょう。

リユースすることによりごみの削減になり、環境負荷の少ない処分方法と言えるでしょう。

大量に処分が必要な場合は、これらの方法では難しいこともあるでしょう。

そんな場合は不用品回収業者に依頼する方法があります。

希望の日時に回収に来てくれるので、処分の期日が迫っている方や、大量の靴の運搬が困難な方にはメリットが大きいですね。

また、引っ越しなどで複数不用品がある方はまとめて回収をお願いするとお得に処分ができます。

不用品回収のPORTEは、無料でお見積もり訪問を行っております。見積もり金額に納得いただいてから利用できるので、初めての方でも安心です!

まずは、お気軽にお問い合わせください!


\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次