【供養は必要?】大切なぬいぐるみをバチが当たらず処分する方法とは?

「ぬいぐるみをそのまま捨ててしまうのは罪悪感がある」
「ぬいぐるみを捨てるなんて怖いかも」

この記事を読んでくださっている方のなかには、このように感じている方が多いのではないでしょうか?

しかし、最近では「断捨離」という考えかたもあり、手放すことで物を大事にできるという価値観もありますよね。

どうすれば思い入れのあるぬいぐるみを気持ちよく処分することができるのか、この記事で一緒におさらいしていきましょう!

\その前にこちらの記事もチェック!/

あわせて読みたい
【捨てられない人必見!】ぬいぐるみを手放す方法6選を処分のプロが徹底解説します ぬいぐるみを処分する方法を、不用品処分のプロであるポルテが6通り紹介します。自治体ごとのルールや処分方法のメリット・デメリットも詳しく解説。 ぬいぐるみって、...
目次

人形やぬいぐるみには魂が宿る?

人や動物の形をしているぬいぐるみには、「念が宿る」などとよく言われますよね。
いつも側に置いてかわいがっている時にはむしろうれしいことなのに、「捨てよう」と思うとなぜか悪い方に考えてしまうのが人間というもの。

念や魂が宿っているかもしれないからこそ、人間やペットと一緒でずっと一緒には過ごせないものなのかもしれません。
だからこそ、お別れとして手放すときには、その方法まで配慮しておきたいですよね。

ぽるるん

どんな方法かよりも、最後まで考えてあげるその気持ちが重要ってことだね!

神社やお寺で供養してもらうのもひとつの手

ぬいぐるみを「ただのゴミとして処分したくない」という方は、神社やお寺で供養するのが良いでしょう。

特に、思い出の品で罪悪感をぬぐいきれない場合や、捨てることに抵抗がある方にはおすすめです。

ぬいぐるみの供養をしている神社・お寺は全国にあるので、お住まいの地域にある場所へ持ち運び供養やお焚き上げを依頼してみてくださいね。

ぽるるん

相場は1000〜1万円ほど。神社やお寺によって費用がかなり違うよ!

塩でお清めをしてから捨てる

処分したいぬいぐるみが大量にあったり、供養のために時間や費用をかけられないという方には、お清めをしてから捨てる方法もあります。

汚れているものなら、洗ったりウェットティッシュなどで綺麗に拭いてあげてから捨てることで、罪悪感も軽減するのではないでしょうか?
その後は、塩を撒いたり、紙に塩を包んでぬいぐるみに添えてあげてから可燃ゴミとして処分することになります。

ただし、神社やお寺などで行う正式な供養の方法ではないため、間違ったやり方をしないように充分に調べてから行う必要があります。

ぽるるん

縁起が良さそうな「盛り塩」なんかも、手順を間違えると逆効果って言うもんね…。

回収業者に代わりに処分してもらう

どうしても気持ちよく処分に踏み切れない場合は、専門の業者に代わりに捨ててもらうというのもアリなのではないでしょうか?

お金を払ってきちんと依頼することで罪悪感は減っていくもの。その場合、他の不用品も一緒に持って行ってもらうことでぬいぐるみ自体の処分費用はほとんどかからなくなります。

ポルテでは、ぬいぐるみだけではなく、ペット用品などのご自分では捨てにくい物の回収にも対応しております。
ご自宅に眠る大切なお品物の処分は、ぜひお任せください!

あわせて読みたい
東京都荒川区 S様の【キャットタワー】を回収させていただきました。 ポルテはでは日々さまざまな不用品回収のご依頼を受け、お客様のお困り事を解決するお手伝いをしております!今回は、東京都荒川区にお住まいのS様からいただいたご依頼...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次