茨城県日立市ではピアノの処分は自治体でできる?できない?処分方法を徹底解説!

日立市は、東京まで電車で90分で行くことができます。

市内の交通手段も豊富で、山にも海にもアクセスしやすい環境なんです♪

また、子育て支援も幅広く、野菜や果物、魚などおいしい食材が多く、魅力の詰まった街です!

そんな日立市では、ピアノの種類によって粗大ごみとして処分ができないことをご存知でしょうか?

趣味や、お子様の習い事のために、ピアノをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

壊れてしまったり、買い替えやご不要になった場合の処分に困りますよね…。

今回は、粗大ごみで処分できるピアノの種類や、できない種類、また、処分する際の手段や方法をご紹介します!

あわせて読みたい
ピアノ回収業者の選び方と注意点をプロが解説!安心して任せるためには? ピアノ回収業者の選び方から注意点まで詳しく解説します。費用、サービスの透明性、よくある質問への回答を掲載。安心して任せるための情報満載! ピアノ回収業者の役割...
目次

粗大ごみで処分できるピアノとできないピアノの違いは?

ピアノといえば、グランドピアノやアップライトピアノ、身近なものですと、オルガンや電子ピアノなどがありますよね!

まずは、粗大ごみで処分できるものとできないものを確認していきましょう◎

日立市に限らず、ピアノは回収NGな地域が多い

ピアノが粗大ゴミで引き取ってもらえないのは、すこし意外に感じませんか?

その理由は、ピアノに中にあるピアノ線が原因なんです!

ピアノ線はゴミとして処理することができない、回収困難物の扱いになってしまうため、ピアノ線があるピアノは粗大ごみとして処分ができないんです。

ピアノ線がない電子系のピアノなら粗大ごみで処分ができる

ピアノ線が使われていない楽器なら粗大ごみとして処分ができるのでしょうか…?

日立市では、キーボードや、オルガンは粗大ごみに該当すれば、回収してもらうことができます◎

ぽるるん

そもそも粗大ごみの定義ってなんだろう…?

茨城県日立市「粗大ごみ」の基本ルール

日立市では、粗大ごみは大きさによって出し方が違うんです!

粗大ごみ(小)

 粗大ごみ(小)専用袋 5枚 \1,550を購入し、月1回、朝8時30分までに粗大ごみ(小)収集所へ出す。

粗大ごみ(中)、粗大ごみ(大)

 粗大ごみ受付センターへ事前に受付をし、収集日を指定されます。

 粗大ごみ(小)の袋に入りきらないものは、粗大ごみ処理券(中)1枚\630を購入し、粗大ごみに貼り付けます。

 また、粗大ごみ(大)は2枚\1,260を購入し粗大ごみに貼ります。

 粗大ごみ(中)はごみ処理券1枚で、縦+横+高さ<3m

 粗大ごみ(大)はごみ処理券2枚で、縦+横+高さ>3m

 

日立市では、キーボードは粗大ごみ(小)、オルガンは粗大ごみ(中)が該当するので回収処分がしてもらえます!

詳細は下記リンクからご確認ください。

日立市ごみ分別早見表P32-37.pdf (hitachi.lg.jp)

ゴミの出し方P5-12.pdf (hitachi.lg.jp)

日立市でのピアノの処分なら、不用品回収のポルテにご相談ください!

重いピアノを自分で処分する際には、ケガや周囲を傷つけないように気を付けながら自分で運び出す必要があります。

安心安全に処分をするためにはプロのスタッフにお任せいただくことが一番!!

不用品回収業者のPORTE(ポルテ)では、出張無料見積もりをおこなっております。

ピアノはもちろん、家具や家電など様々な不用品の回収をしています!

「ついでにこれも処分したい…」といったご要望にもお応えします♪

また、ポルテなら自治体では処分ができない不用品でもお力になれる場合があります!

お困りの際は、電話、メール、LINEからお気軽にご相談ください◎

他市町村のエレクトーンやピアノの回収の体験談もぜひ参考にしてみてくださいね♪

あわせて読みたい
【大きめのエレクトーン】千葉県市川市のH様の不用品を回収させていただきました。 市川市にお住まいのH様からいただいた、エレクトーンのお片付け依頼をご紹介いたします! 楽器などは、お住まいの地域によって粗大ゴミで回収できない場合があります。 ...
あわせて読みたい
【粗大ゴミ対象外のピアノ】千葉県市川市のT様からの不用品回収依頼をご紹介します 市川市にお住まいのT様からいただいた、ピアノのお片付け依頼をご紹介いたします! T様がお住まいの千葉県市川市では、自治体によるピアノの処分ができません。 そこで...

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次