キャリーケースはどうやって捨てればいいの? 費用を抑えつつ環境に配慮する方法をプロが解説!

キャリーケースの正しい捨て方をご存知ですか?粗大ごみの出し方から寄付まで、コストを抑え環境に優しい処分方法をご紹介します。

キャリーケースの正しい捨て方を分かりやすく解説!

大きくてかさばるキャリーケースの処分に困った経験はございませんか?

旅行に行く時に欠かせないキャリーケース。

長年使っていると、ボロボロになって来たり鍵が壊れてしまったり…処分を検討するタイミングが来ますよね。

自治体のごみで捨てる場合、多くのキャリーケースは「粗大ごみ」に該当します

ただし、種類によっては可燃ごみ不燃ごみで捨てられるものもありますので確認していきましょう。

さらに、自治体のごみで捨てる以外の処分方法についてもご紹介します。

もしかしたら、他の方法の方がお得に手放すことができるかもしれません!

この記事では、コストを抑えつつキャリーケースを正しく処分する方法を分かりやすく解説します!

目次

キャリーケースを捨てる前に必要な準備

まずは、処分する前に以下の点を確認しましょう。トラブルになるのを防ぐために、大切な事項です!

 キャリーケースの中身を空にする

処分する前には、必ずキャリーケースの中身を空にしましょう

ポケットの中や、布の裏などの隠れた部分も忘れずにチェックするようにしましょう。

特に、バッテリーなどのリチウムイオン電池内蔵のものが含まれてると大変危険です。火災事故に繋がるケースも報告されてますので、隅々までチェックして必ず物がないようにしましょう!

付属品と個人情報の取り扱い

キャリーケースには鍵やバンドなどの付属品がついている場合がありますので、それらも一緒に捨てるようにしましょう。

また、ネームタグが付いている場合は特に注意です。お名前や住所など個人情報が書かれてますので必ず記名の部分を剥がすか、別途捨てる必要があります。個人情報の漏洩を防ぐよう心がけましょう

自治体のルールをチェック

粗大ごみのルールは、地域ごとに異なりますので要注意です!

必ずお住まいの地域のごみルールを確認するようにしましょう。

粗大ごみとしての出し方

まずは、粗大ごみの定義を確認しましょう。

多くの地域では「ご家庭から排出される一辺が30cmを超える大型ごみ」と決められています。地域によっては50cmを基準にしているところもありますので、よく確認しましょう。

必ず、予約が必要です

行政ホームページ「粗大ごみ受付」から回収日と回収品目を選択して、予約を進めましょう。

回収日当日までに、粗大ごみ処理券を購入して処理手数料を支払い、粗大ごみシールを粗大ごみに貼って、ゴミ捨て場に出しておきます。

収集日と手数料

予約できる回収日は、地域ごとに指定されています。混雑状況によっては2週間〜1ヶ月後にしか予約できないこともありますので、余裕を持って申し込みましょう。

引っ越しなどで処分の期日が迫っている方は、利用できない場合があります。

粗大ごみの収集には、処理手数料がかかります。

お近くのコンビニ・スーパーマーケットで粗大ごみ処理券を料金分購入しましょう。処理券はシールになってますので必要事項をご記入の上、捨てる粗大ごみの見えやすいところにシールを貼っておきます。

ぽるるん

シールを貼り忘れたら回収してもらえないので気をつけようね!
また、回収日の朝に出すようにしよう。前日に出すのはルール違反だよ!

キャリーケースの捨て方オプション

一定以上の大きさだと「粗大ごみ」、それ以下だと「可燃ごみ・不燃ごみ」に分別されるのです。

自治体の粗大ごみとして出す

粗大ごみの定義を確認し、それを超える大きさであれば粗大ごみとして捨てましょう。

通常の1〜2泊用サイズ(30L)のもので50cm程度になりますので、粗大ごみに分別されます。

分解して可燃ごみ・不燃ごみとして捨てる

布製のキャリーケースであれば、分解することができるでしょう。

小さく切断した場合、布などは燃えるごみ金属などは不燃ごみといったように一般ごみで捨てることも可能です。

ただし、分解・切断にはかなり労力がかかりますので、工具の扱いに慣れてない方にはおすすめしません。安全面に注意して怪我のないように作業しましょう。 

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

環境に優しい捨て方

比較的綺麗なキャリーケースの場合は、破棄するのはもったいないですよね。その場合は寄付をするなどしてリユースする方法もあるのです。

 海外支援団体への寄付方法

支援団体などで、寄付品を募集しているところがあります。集められた中古のキャリーケースは、海外の発展途上国へ支援物資として送られています。

ただし、集荷に料金がかかる場合もありますのでホームページで事前に確認しましょう。

地域のリサイクルイベントを利用する

自治体によっては、不用品のリサイクルを受け入れているところがあります。

全ての自治体で行っているわけではありませんので、行政のホームページをチェックしましょう。リサイクルイベントを利用して寄付できれば、ごみの削減に繋がるだけでなく地域貢献もできます

社会貢献としての捨て方

次に紹介するのは、無料または有料で譲る方法です。まだ綺麗な状態のキャリーケースならば、リユースをすることでごみの削減に繋がります。環境に優しいエコな取り組みの一つと言えます。

知り合いへの譲渡

知人や親戚でキャリーケースを欲しい人がいれば、譲るという方法があります。身近で喜んでくれる人がいれば、嬉しいですよね。

キャリーケースは大きさ違いで複数持っている人も多いと思います。使わなくなったサイズのものを譲るケースは意外と多いのです。

ソーシャルメディアを利用

SNSを利用してキャリーケースが欲しい人を募る方法もありますが、これにはリスクもあります匿名性のあるSNSで直接やり取りする中で、相手が身分を偽って近づいてくることも稀にありますので十分気をつけましょう。

キャリーケースを捨てる際のコスト

処分する際のコストを比較してみましょう。

粗大ごみとして出す場合の費用と手間

キャリーケースの処理手数料は、200〜400円です。

自分で申し込み、処理券の購入、ゴミ捨て場への運搬など、やることが多いので手間がかかります。また、回収日の予約がすぐに取れないというデメリットがあります。

引っ越しシーズンだと1ヶ月先にしか予約が入れられないこともあり、すぐに捨てたい人には向かないでしょう。

不用品回収業者に依頼する費用と手間

不用品回収業者に依頼する場合は、5000円程度です。

多くの業者では定額パック料金を設定しているので、1品での回収よりも複数の不用品を依頼することでお得になります

即日回収に対応している業者も多く、電話で申し込み後に当日回収も可能なところがメリットです

引っ越し大掃除などで複数の不用品を処分しなきゃいけない時には、回収業者にまとめてお願いすると楽に捨てることができますね。

\ 不用品回収PORTEの回収事例はこちら/

まとめ

最適な捨て方の選択基準

キャリーケースの処分方法はいくつかありますので、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で自分に適した方法を選択すると良いでしょう

自治体のごみで自分で捨てる場合には、地域のごみルールを守る必要があります。間違った出し方をしてしまうと、事故が起こる場合もありますので気をつけましょう。

また、個人情報が漏洩しないように、捨てる際には必ず確認してから捨てるようにしましょう。

コストと労力を考慮した捨て方

少しでも安く捨てたい!と思われる方が多いとは思いますが、その時の置かれた状況によって最適解は変わってきますよね

費用コストを抑えようとすると手間と時間がかかってしまいますので、楽にストレスフリーで処分したい方不用品回収業者を利用すると良いでしょう。

環境への影響を考慮した捨て方

比較的新しくて綺麗なキャリーケースであれば、まずは廃棄ではなく寄付や譲渡を検討してみてはいかがでしょうか

ごみの削減に繋がるだけでなく、誰かの手に渡り喜んで使ってくれるのは嬉しいですよね。同時に、環境に優しい取り組みにもなります。

引っ越しや大掃除などで複数の不用品が出てきたら、まとめて不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

PORTE(ポルテ)なら、無料で見積もり訪問を行っていますので、初めての方にも安心してご利用いただけます。

キャリーケースはもちろん、大型家具や生活家電、スプリングマットなどの処理困難物までなんでも回収できます!

まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次