自転車引き取りの方法をプロが解説!確実に引き取ってもらうためのポイントと手順とは?

自転車引き取りの基本から防犯登録抹消、選べる引き取り方法まで詳しく紹介します。必要な基礎知識をおさえて、安心して自転車を引き取ってもらいましょう

自転車を安心・確実に引き取ってもらう方法とは?

自転車の処分に困った経験はありませんか?

使い古した自転車を自分で捨てるのって、手間がかかって面倒ですよね。

そんな方へ、この記事では便利な引き取りサービスについて、さらには処分前に注意すべきポイントまでご紹介します!

複雑な手続きは、もう必要ありません!

楽に引き取ってもらって、自転車をストレスフリーに処分しましょう!

目次

処分のタイミングは?

自転車に長年乗っていると、タイヤの調子がおかしくなったり、寿命かな…と思うことがありますよね。これらの症状が現れたら、買い替えのタイミングかもしれません。

 自転車の故障や老朽化

自転車が壊れたまま乗っていると、コントロールが効かなくなったりして大変危険です。

一般的に、自転車の寿命は10年と言われていますが、ほぼ毎日乗るのであれば3年程で消耗品パーツにガタがきます。

以下の症状が現れたら、処分を検討した方が良いでしょう。

タイヤの空気の減りが早い

 タイヤのバルブ口を閉じる「虫ゴム」が劣化している可能性があります。自転車店で修理することも出来ますが、前後輪の交換を行うと1万円前後かかるでしょう。

自転車を漕ぐとカラカラ音がする

変な音がしたら、自転車のギヤの歯が劣化して錆びてしまったり金属疲労で欠けてしまったりしている可能性があります。修理には高めの費用がかかりますので、買い替えポイントの一つです。

カゴやハンドルが錆びている

に当たったり、湿気が多い時期屋外に置いておくと、ハンドルやフレームが錆びてきます。ハンドルの強度が落ちて破損の原因になることもありますので注意が必要です。サビ取り用の薬剤で対処することができます。

新しい自転車の購入

自転車を買い替える場合は、古い自転車を処分する人が多いと思います。

まだ使える状態であれば、廃棄ではなくリユースを検討すると良いでしょう。

防犯登録の抹消を忘れずに!

処分の前に、自転車の防犯登録を抹消する必要があります。

なぜ抹消が必要なのか

防犯登録をしたままの状態で処分してしまうと、後で面倒なことになる可能性があります。

誰かの手に渡り、登録を解除していない自転車が犯罪などに使われた場合、

持ち主があなたのままになっていると、あらぬ疑いをかけられてしまうリスクがあります。

抹消の手続き方法

抹消登録は、「近所の交番や警察署」「防犯登録所」(自転車店、ホームセンター等)にて手続きをすることができます。

抹消登録に必要なもの

自転車本体

公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)

防犯登録カード(お客様控え)がある場合には提示してください

これらを、自転車防犯登録所に持参すれば手続きをしてもらえます。

手続きは、ご本人またはご家族のみ行うことができます。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

自転車の引き取り方法3選

自転車の引き取り方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。

自転車店での引き取り

自転車販売店では引き取り処分を受け付けている店舗も多く、防犯登録の抹消を同時に行ってくれるところもあります。

新しく買い替える時にも、一緒に古い自転車の引き取りをお願いすると良いでしょう。

引き取りには、処分料金がかかります。

 不用品回収業者による引き取り

不用品回収業者では、自転車の回収も行っています。自宅まで回収に来てくれて、運搬から処分までをお任せできるのでとっても便利です。

引っ越しのタイミングなどで、他に複数の不用品がある場合にはまとめて処分できるので魅力的ですね。

業者に予約を入れて、見積もり後に回収、という流れが一般的です。

\不用品回収のPORTE 回収事例の記事はこちら/

地域のリサイクルイベント

地域によっては、不用品を寄付できるイベントを開催している場合があります。イベント期間を設けて行っていることが多いです。

興味のある方は、自治体のホームページをよく確認すると良いでしょう。

引き取り後の自転車はどうなる?

楽に処分したい人は、不用品回収業者にお願いすると良いでしょう。

リサイクルと再利用

回収業者や自治体で回収された自転車は、一部リサイクル自転車としてリユースされることがあります。廃棄を防ぐことによってごみの削減にも繋がり、エコな活動といえますね。

自治体では、一定期間を過ぎた放置自転車のうち、綺麗なものを売却する「リサイクル自転車フェア」を行っているところもあります。

このように中古の自転車をできるだけリユースする取り組みが積極的に行われているのです。

廃棄処理

使い古されて破損した自転車は、ごみ処理施設で廃棄されます。

まとめ

防犯登録の抹消を忘れずに!

リスクを防ぐためにも、処分や譲渡する前には必ず、防犯登録を抹消しておきましょう。何かしらの犯罪に巻き込まれる可能性があります。

複数の引き取り方法から最適解を選ぼう

買い替えの時には、自転車販売店に引き取りをお願いするのがスムーズですね。お店で登録抹消の手続きも行ってくれるので便利でしょう。

引っ越しや大掃除などで不用品が複数出る場合は、不用品回収業者にお願いして一度にまとめて処分する方法がおすすめです。希望の日時に回収に来てくれるので、急なご依頼にも対応しています。

安心・確実な引き取りサービスとは?

回収実績などを参考にしながら、信頼できる業者にお願いするのが良いでしょう。

「安さ」だけがポイントではありません。丁寧に対応しているか、適切に処分しているのかなども大切ですよね。

不用品回収のPORTE(ポルテ)では、自転車の回収も承っています!実績も多数あり、経験豊富なスタッフも多数在籍しています!

さらに、無料で見積もり訪問を行っていますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次