棚の引き取りサービスを比較!便利でエコな選択肢と利用のポイント

棚の引き取りサービスの全貌!サービスの種類、利用プロセス、費用、メリットを分かりやすく紹介。安心して利用できるポイントも!

棚の引き取りサービス:便利でエコな選択肢を紹介

不用になってしまった棚を処分したいけれど、どんな方法があるのかがわからずに悩んでいる人もいるでしょう。

食器棚は一人暮らしの方も必要になるアイテムで、家族が増えるにつれてサイズが大きくなっていくものです。

買い替えなどで、不要になった棚、サイズが大きければ大きいほど、処分するのに困るでしょう。自分で解体するのは大変、運びだすのは困難、そもそもゴミで出せるのか?

今回は、そういった疑問や処分方法について、解説していきますので、ぜひご自身に合った処分方法を見つけてください。

棚の引き取りサービスの概要

引き取りサービスとは?

①不要な棚の回収:

引き取りサービスプロバイダーは、顧客から不要な棚や収納ユニットを引き取ります。これは、新しい家具を購入する際に旧家具を処分する必要がある場合や、引っ越しの際に不要な家具を手放す場合などに便利です

②環境への配慮:

多くの引き取りサービスプロバイダーは、不要な家具や棚をリサイクルまたは適切に廃棄物処理するため、環境への負荷を軽減しようとします。再利用可能な部品や素材は再利用され、廃棄物の削減に貢献します。

③便利性:

顧客は、自分で不要な棚を処分する手間を省くことができます。引き取りサービスプロバイダーが棚を回収し、適切に処理するため、顧客はそれに関する心配をしなくて済みます。

④適切な処理:

引き取りサービスプロバイダーは、不要な棚や家具を適切に廃棄物処理したり、リサイクルしたりするための設備やプロセスを持っています。これにより、廃棄物が適切に管理され、環境に悪影響を及ぼすことが少なくなります。

 棚の引き取りサービスは、家庭用や商業用の環境で利用され、スペースを整理し、不要な家具を効果的に処分する手段として重宝されています。具体的なサービスプロバイダーや料金は地域や提供者によって異なる場合がありますので、必要な場合は地元のサービスプロバイダーに問い合わせることをおすすめします。

引き取りサービスのメリット

棚の引き取りサービスにはさまざまなメリットがあります。以下にその主なメリットをいくつか挙げてみましょう。

便利さ:

自分で棚を処分する手間や労力を省くことができます。引き取りサービスプロバイダーが棚を回収し、適切に処理するため、顧客はそれに関する心配をする必要がありません。

安全性:

棚を自力で処分しようとすると、けがをする可能性があることもあります。引き取りサービスを利用することで、専門家が安全かつ効果的に処分作業を行います。

不要な棚を手放す場合、地元の引き取りサービスプロバイダーを探し、サービスの詳細や料金について情報を収集することがおすすめです。

利用する際の注意点

 引き取りサービスを選ぶ前に、信頼性と評判を確認しましょう。口コミやレビューをチェックし、信頼性の高いサービスを選びましょう。引き取りサービスの料金体系をよく理解し、隠れた料金がないか確認しましょう。料金は引き取られる自転車の数や状態によって異なることがあります。

棚の引き取りプロセス

引き取り申し込みから処理までの流れ

一般的な棚の引き取りサービスの申し込みから処理までの一般的な流れは以下のようになりますが、提供者や地域によって異なることがあります。

申し込み:

最初に、棚を引き取りたいと思う場合、地元の引き取りサービスプロバイダーに連絡して申し込みます。これは通常、電話、ウェブサイト、メール、またはオンラインフォームなどを通じて行います。申し込み時に提供者に以下の情報を提供する必要がある場合があります。

棚のタイプと寸法/引き取り希望の日時/引き取り場所(住所)/その他特別な要望

見積もり:

提供者は通常、引き取りにかかる料金や手数料、サービスの詳細について見積もりを提供します。料金は、棚のサイズ、数、運搬距離、リサイクルや廃棄物処理にかかるコストなどに基づいて計算されます

日時のスケジュール:

顧客と提供者は引き取りの日時を調整します。お互いに都合が合う日時を見つけ、予約を確定させます。

引き取り:

提供者のスタッフが指定された日時に現場に到着し、棚を引き取ります。棚は注意深く運搬され、必要に応じて解体されることもあります。

処理:

引き取られた棚は、適切な方法で処理されます。再利用可能な部品や素材はリサイクルセンターに送られ、不要な部分は廃棄物処理場で適切に廃棄されることが一般的です。提供者は環境に配慮した廃棄物処理を行います。

報告書または領収書:

引き取りと処理が完了した後、提供者は顧客に報告書や領収書を提供することがあります。これには引き取りの詳細と支払いに関する情報が含まれます。

必要な書類や手続き

棚の引き取りに必要な書類や手続きは、地域や引き取りサービスプロバイダーによって異なる場合があります。一般的な要件は以下の通りですが、具体的な詳細は提供者に確認することが重要です。

申し込み情報:

引き取りサービスを申し込む際に、以下の情報を提供することが求められることがあります。

お名前/住所/電話番号/メールアドレス

引き取り対象の情報:

引き取り対象である棚に関する情報も提供する必要があります。

棚の種類(例: 本棚、キッチン棚、収納ユニットなど)/棚の寸法(高さ、幅、奥行き)/棚の数/棚の状態(新品、中古、破損、その他の特記事項)

料金の詳細:

提供者から引き取りサービスの料金に関する詳細な情報を受け取ります。これには、料金の金額、支払い方法、および支払い期限が含まれます。

引き取り日時の調整:

提供者と引き取りの日時を調整し、予約を確定させる必要があります。適切な日時を見つけ、両者のスケジュールを調整します。

引き取り許可:

一部の地域では、大型の家具や家庭用品を引き取る際に特別な許可が必要な場合があります。これは、道路に物品を置く際の規制や、建物内から物品を運び出す際の制約に関連することがあります。提供者や地元の自治体に確認し、必要な許可を取得します。

引き取りの確認書:

引き取りが完了した際に、提供者から引き取りの確認書や領収書を受け取ることがあります。これには引き取りの詳細情報と処理に関する情報が含まれます。

特に大型の家具や家庭用品の引き取りの場合、提供者や地元の規制に関する情報を事前に確認することが大切です。

引き取り日の準備と注意事項

棚の引き取り日に備えるために、以下のポイントに留意しましょう。最初に、提供者とのスケジュールを確認し、引き取りの日時を調整します。不要なアイテムを棚から取り外し、個人情報を含む重要な書類を取り出してください。棚が移動しやすいように、通路を確保し、障害物を取り除いてください。さらに、引き取り作業を円滑に進めるために、提供者に特別な指示や要望を伝えておくと良いです。安全かつ効率的な引き取りを確保するために、提供者のガイダンスに従い、注意事項を守りましょう。

\ 不用品の処分でお困りの方はPORTEにお任せください!/

引き取りサービスの種類

不用品回収業者による引き取り

地域にある不用品回収業者に回収しに来てもらうという処分方法もあります。棚だけでなく、処分したいものが多い時や、処分を急いでいる・都合の良い日にまとめて処分したいという時は、不用品回収サービスの利用がおすすめです。予定が合えば、電話をした当日に引き取りに来てくれることもあり、簡単に捨てたい方や自分の都合に合わせて捨てたい方から人気があります。自転車のタイヤがパンクしていて自宅からの搬出が難しく、店舗や指定の場所へ持ち込みができない人にもぴったりです。

リサイクルショップによる引き取り

まだまだきれいで使える状態の本棚なら、リサイクルショップに査定・買い取りを依頼してみましょう。特に大型の家具や家電などは、自宅まで引取に来てもらえる「出張買取」が便利です。

リサイクルショップへの持ち込みは基本的に買取となるため、費用もかかりません。なお、買取条件は店舗によって異なるので、事前に問い合わせて見積を頼んでみましょう。

自治体の大型ごみ引き取りサービス

粗大ゴミに出すという処分方法は、本棚などの大型家具を処分する、もっともポピュラーな方法です。粗大ごみとして回収を依頼すれば、解体せずそのまま廃棄することができます。

お住まいの自治体に問い合わせ、粗大ゴミ回収の依頼をし、コンビニや郵便局などで粗大ゴミ処理券を購入して棚に貼り付けます。指定された収集日に、指定された場所まで本棚を運べば、処分は完了です。

この有料ごみ処理券が、粗大ごみの処分費用です。自治体によって回収料金は異なりますので、事前にご自身の自治体のホームページなどで確認いたしましょう。

引き取りサービスの費用と支払い方法

各サービスの費用比較

不用品回収業者

不用品回収業者によって、料金設定やプランなど異なります。いろんな不用品回収業者のホームページを見比べたり、見積をとって検討するのがよいでしょう。

ただ、お荷物が棚おひとつですと割高になるので、他に処分したい不用品も一緒に処分することをお勧めします。

粗大ごみ

地域によって、金額が異なります。一例として、、、東京都渋谷区だと

・箱物家具(高さと幅の合計が135cm以下のもの)・・・400円

・箱物家具(高さと幅の合計が135㎝を超え180cm以下のもの)・・・900円

・箱物家具(高さと幅の合計が180㎝を超え270cm以下のもの)・・・1,300円

・箱物家具(高さと幅の合計が270㎝を超え360cm未満のもの)・・・2,300円

・箱物家具(高さと幅の合計が360cm以上)・・・3,200円

支払い方法と注意点

不用品回収業者ですと、主な支払い方法は、現金・クレジットカードです。中には、請求書払いに対応している業者もありますので、ご自身に合った支払い方法が可能かどうか確認するのがよいでしょう。中には、トラック詰め放題や無料回収と謳いながら、実際に来てもらうと莫大に跳ね上がった金額を提示される違法な業者もあるため、しっかり見積をとってから業者を決めましょう。

 粗大ごみは、コンビニや郵便局で「粗大ごみ処理券」を購入し、粗大ごみに直接貼り付け処分する形になります。ご自身の自治体のホームページにて、購入する粗大ごみ券の種類や料金を確認いたしましょう。間違えていると、外に出していても回収されません。

費用を抑えるコツとお得なサービス

 費用をかけたくない方に一番のおすすめ処分方法は、リサイクルショップなどに買い取りしてもらうことでしょう。買取可能となれば、費用がかかるどころか、お金が得られます。

買取できなかった場合に、粗大ごみや、不用品回収業を利用という形がよいのではないでしょうか。

引き取り後の棚の行方

リサイクルとリユース

リサイクル

引き取った棚がリサイクルプロセスに入る場合、まず収集と分別が行われます。木製の棚や金属製の部品など、さまざまな素材が分別されます。

分別された素材は適切な工程を経て再加工され、新しい製品や材料に変換されます。例えば、木材はチップボードや再生木材に加工され、金属は新たな製品に使用されます。

リサイクルは、廃棄物処理を減少させ新たな原材料の採掘や製造に対する天然資源の使用を削減することに寄与します。

リユース

引き取った棚がリユースされる場合、まず製品の状態を評価し、必要な修理やクリーニングが行われます。

修復やリフレッシュされた棚は、再販されるか、寄付されることがあります。リサイクルショップや慈善団体が古い家具や棚をリユースすることが一般的です。

リユースは、製品の寿命を延ばし、不要な廃棄物の生成を減少させ、新しい製品の需要を抑える役割を果たします。

廃棄と処分

引き取り後の棚の行方は、廃棄と処分の方法に大きく関連します。不要な棚を廃棄する際には、環境への影響を考慮することが重要です。まず、リサイクルが可能かどうかを検討します。木材、金属、プラスチックなどの素材は再利用できるかもしれません。リサイクルが難しい場合、適切な廃棄物処理施設で棚を処分します。地域によっては特定の規制があるため、地元の廃棄物処理規則を守りましょう。棚を不適切に廃棄すると環境への負荷が増えますので、廃棄と処分に慎重に取り組み、持続可能な方法を選択しましょう。

寄付と社会貢献

 引き取り後の棚は、社会貢献を促進する素晴らしい機会です。寄付が可能であれば、不要な棚を慈善団体や地域の福祉施設に提供しましょう。これにより、必要な人々に支援を提供し、コミュニティ全体に貢献します。また、使わなくなった棚を寄付することで、廃棄物の発生を減少させ、環境への負荷を軽減できます。社会的な意義を持つ選択肢として、寄付は持続可能な行動の一環として重要です。引き取り後の棚を寄付することで、他人の生活にポジティブな影響を与え、地域社会に貢献しましょう。

まとめ:棚の引き取りサービスを利用しよう

引き取りサービスの選び方

 引き取りを行う業者はたくさんあります。引き取りサービスを利用するとき、優良な業者を選びたいですよね。

 業者選びをする際は、評判や口コミを確認するのがよいでしょう。

 実際にその業者を利用した人からの口コミ評判ですから、信頼度は高めといってもいいでしょう。

安心・安全な引き取りサービスの利用を

 不要な棚や収納ユニットを処分する際、安心と安全を確保するために引き取りサービスを利用しましょう。プロのサービスプロバイダーは、重い家具を運び出す際の危険を軽減し、適切な廃棄物処理を保証します。さらに、多くの場合、再利用可能な部品や素材をリサイクルセンターに提供し、環境への負荷を軽減します。安全かつ効果的な棚の回収と処分を望むなら、信頼性のある引き取りサービスが理想的です。地元のプロバイダーと連絡を取り、適切な引き取り日時をスケジュールし、不要な家具を手間をかけずに処分しましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次