オイルヒーター処分の選択肢:コストと手続きの総合比較

オイルヒーターの処分に困っている方必見!粗大ゴミ、買取業者、メーカー回収から地域アプリまで、各方法の費用とメリットを比較。安全かつ効率的な処分方法を見つけましょう。

オイルヒーター処分の全手段比較

オイルヒーターは暖房器具の中である程度大きさもあり、『壊れてしまったけど、処分方法がわからないからクローゼットにしまっている』『自治体では処分できないけど、他の方法はあるの?』などオイルヒーターの処分で悩んでいる方も多いかと思います。

そこで、今回はオイルヒーターの処分方法から売却、さらにはそれぞれのメリット・デメリットを含めてご紹介いたします。ぜひ参考にして自分に合った処分方法を選択しましょう!

\ 不用品の処分で困っている方はPORTE(ポルテ)にお任せください/

オイルヒーターの寿命とは?

寿命の一般的な目安

オイルヒーターが故障する主な原因

故障の原因は、細分化すればさまざまでしょうが、大きく分けて3つに絞られます。

1.オイルが漏れていた

2.電源コードが断線した

3.基盤自体が故障していた

暖房が効かなかったり、異音や異臭がしたりする場合は、故障の可能性があります。このときはメーカーや販売店にまずは相談し、修理するか処分するか判断していきましょう。

オイルヒーターの処分方法7選

粗大ゴミとしての処分手順

粗大ごみの出し方と費用

オイルヒーターは自治体に粗大ごみとして出せます。

粗大ごみとして処分するメリットは、1,000円程度で処分でき、費用がかからない点です。ただし、搬出は自身で行う必要があります。そのため、自家用車をお持ちの人や重いオイルヒーターを運ぶ力がある人におすすめです。

粗大ごみを処分する際は、初めに電話やインターネットで自治体の粗大ごみ受付センターに連絡します。この際に大きさを聞かれるため、あらかじめサイズを測っておく必要があります!指定された粗大ごみ処理券を購入したら、所定の場所までオイルヒーターを運びこみましょう。

買取業者に依頼するメリットとデメリット

優良業者の見分け方と注意点

自家用車をお持ちでしたら、直接最寄りのリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。

車が無くても、店舗によっては引き取りに来てくれるケースもありますので確認してみましょう。買取業者などに持ち込む際、名の知れた「デロンギ」などは比較的買い取られやすい傾向にあります。

より製品の状態が良好であれば、さらに高値で買い取ってもらえるでしょう。年式や型式によっては買取不可の場合もあります。複数の業者へ査定を依頼し、金額の比較をするのもいいですね!

メーカーでの処分依頼の流れ

メーカー別の回収システム

メーカーによっては購入したオイルヒーターを無償で回収してもらえる場合もあります。メーカーにより損傷具合や保証期間の関係で対応が異なり、別途送料や処分料がかかる事もあるので確認しましょう。

自治体回収と違い、オイル抜きや電装品の取り外しをする手間が無いのがメリット。あとは、指定場所に発送する作業さえ行ってしまえばいいだけなのでその点は楽です。

また、あなたのお持ちのオイルヒーターがデロンギ製品の場合、再資源化しているメーカーですので、エコにもつながりますね!!

不用品回収業者を利用する場合

信頼できる不用品回収業者の選び方

オイルヒーターをいざ粗大ごみで出すとなると、結構重さもあり、運搬も大変ですよね!

そんなときは不用品回収業者にお任せするのがおすすめです。プロにまかせることで手間と時間を大幅に節約できますよ!お電話やホームページから依頼するだけで、ご希望の日時に訪問してくれます!

まずはお問合せしてみましょう。

ネットオークションでの売却方法

売却のタイミングとポイント

手軽に不用品をお金に換えるシステムが、年々簡略化されハードルが低くなっていることもあり、副業初心者にも利用されやすいフリマアプリ。代表的なアプリはメルカリやヤフオク、ジモティーなどが挙げられ、最近ではこの方法で不用品処分する方も多くいらっしゃいます。

ただし、写真を撮るなどの出品作業をし、売れたら今度は自ら梱包し発送しなければならないため、そのような手間がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

地域型アプリでの譲渡のススメ

地域型アプリの活用方法

地域型アプリのメリットは、手数料をかけずに処理ができます。

自分たちの希望に沿って受け渡し時期や方法を決められることです。フリマアプリやネットオークションよりも気軽に取引ができるでしょう。

家電量販店での引き取りサービス

主要家電量販店の処分費用比較

対象のオイルヒーターを購入した家電量販店で引き取ってもらえることもあります。

ただし有料になるケースもありますので、新品を購入予定の方は壊れたオイルヒーターと引き換えの下取りサービスを利用すると良いでしょう。まずは家電量販店でお問合せしてみましょう。

オイルヒーターの処分費用について

各方法の費用比較とお得な選択肢

自治体に相談する。

メーカーや年式によっては買取業者に相談する。

手間や時間を考えて複数の不用品回収業者に見積もりを依頼する。

オイルヒーター処分の注意点とトラブルシューティング

悪質な回収業者についての警告

いつの時代も、残念ながら詐欺や違法な行為をする悪徳業者は存在します。

そのような業者に引っかからないためにも細心の注意が必要です。

特に無料をうたった業者や、街中を徘徊する廃品回収トラックなどは、後々高額請求されるケースがありますので気を付けましょう。

まとめ

最適な処分方法の選び方

粗大ごみでの処分が一番手軽で安価

買取業者は状態が良い場合におすすめ

メーカー回収は特定の条件下で便利

不用品回収業者はまとめて処分する場合に有効

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次