エレクトーン処分:方法、費用、無料オプション

エレクトーンを処分する最適な方法を探しているなら、この記事が解決策です。粗大ゴミ、買取、リサイクルショップ、無料オプションまで、全てをカバー。

選択肢と費用、無料での対応

\ 不用品の処分はPORTEにお任せください!/

エレクトーンを無料で処分する方法

ピアノ買取専門店では、値段がつかない状態のエレクトーンでも無料で回収してもらえるケースがあります。

引取り可能かどうか一度相談してみましょう。あまりに古い機種の場合は、引き取り不可である可能性が高いです。

不用品回収業者の中には無料回収を案内している業者もありますが、悪質な業者である可能性があります。

無料回収のチラシを配っている

無料回収をアナウンスしながら町中をトラックで走っている

上記のように無料回収を謳っている業者は正規の処分ルートを確保しておらず、後に不法投棄などのトラブルに巻き込まれるケースが報告されています。

トラックに載せてから法外な費用を請求される場合もあるため、無料回収に惑わされないようにしましょう。

エレクトーンを処分する基本的な方法

エレクトーンはどうやって処分すればいいの?

粗大ゴミとして出す

大きな不要品を処分する際にまず思いつく処分方法が、粗大ゴミに出す方法でしょう。自治体の役場などに事前に連絡をし、指定された日時・場所にエレクトーンを持っていく方法です。

回収場所に持っていく当日までに、コンビニなどで回収券を購入し、エレクトーンに貼り付けておく必要があることが一般的ですが、自治体によって粗大ゴミの回収方法は異なりますので、必ずお住まいの自治体のホ-ムページで確認しておきましょう。また、エレクトーンの回収を行っていない自治体もあるため、注意が必要です。「70kg以下」など、条件つきで回収してくれる自治体もあります。

買取業者を利用して無料処分する

まだ十分に演奏ができて保存状態が良いエレクトーンは、捨てるのがもったいないですよね。そのようなエレクトーンは買取業者に依頼して売却ができるかもしれません。

楽器専門買取業者

買取業者もいろいろありますが、エレクトーンなら楽器専門に買取を行なっている買取業者がおすすめです。楽器専門の買取業者なら、エレクトーンの本当の価値を知って適正価格で引き取ってくれます。

リサイクルショップで売却する

まだ十分に演奏ができて、状態が良いものであれば、ただ処分してしまうのは勿体ないです。こうしたエレクトーンは、リサイクルショップで買い取ってもらうと良いでしょう。リサイクルショップにもさまざまな種類がありますが、エレクトーンであれば、楽器専門のリサイクルショップがおすすめです。

楽器専門のリサイクルショップであれば、そのエレクトーンの価値を理解し適正価格で引き取ってくれます。

ただし、製造後8年以上経ってしまっているエレクトーンは買取りが難しいため、ほかの処分方法の検討が必要です。

不用品回収業者

粗大ゴミとして出すことができない、リサイクルショップに持ち込む場合は製造から8年以   内が条件、フリマやネットオークションへの出品、団体への寄付は時間がかかる…などさまざまな制約が多く悩まれている方は、不用品回収業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者であれば、どのような状態のエレクトーンでも回収してくれます。また、中には買取りを行っている業者もあるため、状態の良いエレクトーンであれば相談してみると良いかもしれません。

エレクトーンの処分にかかる費用相場

費用の一般的な相場と節約方法

エレクトーンの処分にかかる費用の相場は、不用品回収業者で10,000〜30,000円とされています。 大きさや設定されている場所によって若干価格は異なりますが、基本的には最低価格でも10,000円程度です。

無料でエレクトーンを処分する方法

買取業者によっては、買取が難しいエレクトーンを無料で引き取ってくれます。しかしあまりに古い機種は引き取りません。電話で問い合わせてみましょう。また分解して粗大ごみではなく不燃ゴミとして処分すれば無料です。しかし自治体によっては分解しても、もともと大きなものは不燃ゴミとして受け付けていません。

自治体の公式サイトを確認し、疑問があれば自治体の清掃課に問い合わせてください。

フリマアプリやオークションに出品する

演奏できるエレクトーンなら、フリマアプリやオークションサイトに出品して販売できます。

数千円〜1万円以上で落札されるケースもあるので気になる方はオークションサイト    をチェックしてみてください。オークションで出品する場合は、エレクトーンの状態や製造年などの商品情報を細かくチェックして公表する必要があります。

これらは高く売れる可能性があり魅力的ですが、送料が販売価格を上回ることもあるため注意点です。またエレクトーンは精密機器にあたるため、個人間取引でのトラブルに発展する可能性もあります。 エレクトーンを楽に売るなら、買取業者の利用がおすすめです。

エレクトーンの処分にかかる費用の相場

処分方法目安の費用相場
①自治体の粗大ごみ回収1,500〜3,000円
②楽器専門買取業者無料〜15,000円
③リサイクル・不用品回収業者無料〜15,000円
④施設へ寄付・親戚や知人に譲る配送料10,000〜30,000円

エレクトーンを処分する際の注意点

楽器や家電の処分方法といえば、粗大ごみを真っ先に思いつく人も多いのではないでしょうか?粗大ごみは事前の予約やシールの購入が必要ですが、比較的料金が安く回収してくれるのが便利ですよね。しかし、エレクトーンは粗大ごみとして回収してくれない自治体が多いです。なぜならエレクトーンはさまざまな部品が使われており複雑な構造なので、適正な処理 が難しいことが理由とされています。

一部の自治体では、粗大ごみの回収が可能なため、お住まいの地域で回収が可能か  調べる必要があります。お住まいの地域で粗大ごみとして処分できるかどうかは、各市町村の粗大ごみ受付セ   ンターなどに電話で確認してみてください。

複数の処分方法が存在する

粗大ゴミに出す

大きな不要品を処分する際にまず思いつく処分方法が、粗大ゴミに出す方法でしょう。自治体の役場などに事前に連絡をし、指定された日時・場所にエレクトーンを持っていく方法です。

回収場所に持っていく当日までに、コンビニなどで回収券を購入し、エレクトーンに貼り付けておく必要があることが一般的ですが、自治体によって粗大ゴミの回収方法は異なりますので、必ずお住まいの自治体のホームページで確認しておきましょう。

また、エレクトーンの回収を行っていない自治体もあるため、注意が必要です。「70kg以下」など、条件つきで回収してくれる自治体もあります。

必要とする団体に寄付する

製造後に年数が経ってしまっているエレクトーンは、売りに出そうとしても値段がつかず、引き取ってもらえない場合もあります。それであれば、エレクトーンを必要としている団体に寄付などをすることもおすすめです。

例えば、幼稚園・保育園・学童保育クラブ・児童センターなどでは、エレクトーンなどの鍵盤楽器を必要としている場合があります。

自治体発行の広報誌などで探すか、市区町村に問い合わせることで、エレクトーンを必要としている施設を紹介してもらえるため、問い合わせてみましょう。ただし、ご自身が処分したいタイミングでお譲り先が決まるとは限らないため、ほかの処分方法も検討しておく必要があります。

フリマ・オークションに出品する

フリマ・ネットオークションであれば、古いエレクトーンでもご自身で値段をつけて出品することができます。買取業者で買い取ってもらえなかった場合でも、フリマ・ネットオークションであれば売れる可能性があるでしょう。

ただし、フリマやネットオークションに出しても必ず売れるとは限らず、売れ残ってしまう、もしくは価格を落としてやっと売れた、ということになってしまう場合も。

売れるまでに時間がかかる可能性はおおいにあるため、急ぎで処分したい場合には不向きの方法と言えるでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

まだ十分に演奏ができて、状態が良いものであれば、ただ処分してしまうのは勿体ないです。

こうしたエレクトーンは、リサイクルショップで買い取ってもらうと良いでしょう。

リサイクルショップにもさまざまな種類がありますが、エレクトーンであれば、楽器専門のリサイクルショップがおすすめです。楽器専門のリサイクルショップであれば、そのエレクトーンの価値を理解し、適正価格で引き取ってくれます。ただし、製造後8年以上経ってしまっているエレクトーンは買取りが難しいため、ほかの処分方法の検討が必要です。

不用品回収業者に回収してもらう

粗大ゴミとして出すことができない、リサイクルショップに持ち込む場合は製造から8年以内が条件、フリマやネットオークションへの出品、団体への寄付は時間がかかる…など、さまざまな制約が多く悩まれている方は、不用品回収業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。不用品回収業者であれば、どのような状態のエレクトーンでも回収してくれます。

また、中には買取りを行っている業者もあるため、状態の良いエレクトーンであれば相談してみると良いかもしれません。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
注意点

エレクトーンを処分する上での注意点は、以下の3つです。

設置場所によっては料金が高くなることがある

無料回収をうたう業者は違法業者の可能性が高い

傷や汚れがあると売却できない可能性がある

ここでは、それぞれのポイントを詳しく解説します。

注意点① 設置場所によっては料金が高くなることがある

エレクトーンの設置場所によっては、処分費用に追加料金がかかります。部屋から運び出せなかったり、2階に設置していたりすると、足や鍵盤などを外す解体の手数料が発生するためです。また、マンションの高層階に住んでいる場合や玄関から運び出すのが難しい場合は、クレーンが必要となり別途で搬出費がかかります。

追加料金は業者によって異なるため、事前の確認が必須です。できる限り費用を抑えたい方は複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

注意点② 無料回収をうたう業者は違法業者の可能性が高い

不用品回収業者を探す際は、無料回収をうたう業者に注意してください。チラシやスピーカーで無料回収を呼びかける業者は、違法である可能性が高いためです。違法業者は自治体の許可を取得しておらず、作業後に不当な金額を請求する可能性があります。また、不法投棄が行われるリスクもあります。

ここまでご紹介してきたように、エレクトーンの処分は基本的に有料です。無料回収をうたう業者ではなく、実績のある不用品回収業者に処分を依頼しましょう。

注意③ 傷や汚れがあると売却できない可能性がある

買取業者やリサイクルショップを利用する際は、取扱説明書や保証書などの付属品をチェックしつつ、あらかじめ清掃しておくと安心です。本体に傷や汚れがついていると、買取不可となる可能性があります。

また搬出に業者を依頼する際は、追加料金の有無を確認しておきましょう。搬出費用をあらかじめ確認することでトラブルを避けやすくなります。

信頼性のある業者を選ぶことが重要

 古物商許可をもつ業者を選ぶ

 日時の指定が可能な業者を選ぶ

 悪い口コミが多い業者は避ける

不用品回収業者ならすぐにエレクトーンを処分できますが、悪質な業者と出会うリスクもあります。

ポイント① 古物商の許可をもつ業者を選ぶ

不用品の回収は、必ず「古物商許可」を取得した業者に依頼しましょう。古物商許可は、家庭の不用品を回収するために必要な資格です。市区町村の審査基準を満たした業者にのみ交付されます。

許可を取得していない業者に依頼すると、高額請求などのトラブルに巻き込まれる可能性があるため、無許可の業者は避けてください。許可の有無は、業者のホームページ上にある「古物商許可第0000号」などの記載で確認できます。

ポイント② 日時の指定が可能な業者を選ぶ

スムーズな処分を希望する場合、日時指定が可能な不用品回収業者を選びましょう。業者によっては、年中無休・24時間受付しています。仕事や学業が忙しい方でもスムーズな利用が可能です。また、お急ぎの場合は即日対応が可能な業者がおすすめ。条件にもよりますが、早ければその日のうちに回収してもらえます。ただし、いくら対応が早くても、無料回収をうたう業者や実績の少ない業者、住宅街をトラックで巡回している業者などは避けてください。

悪徳業者への依頼はトラブルのもとです。あらかじめホームページの回収実績などを確認して、優良な業者かどうか見極めましょう。

ポイント③ 悪い口コミが多い業者は避ける

不用品回収業者のホームページを見る際は、あわせて評判もチェックしておきましょう。スタッフの接客態度や細かな対応力は、ホームページを見るだけではわかりません。実際に利用した人の声を聞くことで、業者選びで失敗するリスクを減らせます。

各業者の評判は、Googleの検索結果や口コミサイトで確認できます。中には業者が自ら口コミに回答しているケースもあるため、返信コメントにも目を通しておくのがポイントです。

まとめ

エレクトーンは自治体によって対応が大きく異なります。一部の自治体では粗大ゴミとして回収できませんので、引き取り手を探す、もしくはピアノ買取店に査定や引取りを依頼しましょう。

その他にもまとめて捨てたい不用品があれば、不用品回収業者に依頼するのが便利です。対応が早く、自宅まで直接引取りに来てくれるため少ない労力でお家が片付きますご都合に合わせて、より良い処分方法を選択してください。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次