衣類の処分方法をプロが解説!賢く処分してクローゼットを整理しましょう!

衣類の処分に迷ったらこの記事へ。リユースからエコフレンドリーな廃棄まで、効果的な方法でクローゼットを整理しましょう!

衣類の処分方法とは?環境に優しい方法を紹介します!

捨てたい衣類、どうしていますか?

一般ごみに出す人もいれば、リサイクルフリマなどを利用する人もいるでしょう。

近年は店舗で、着なくなった衣類を回収しているボックスもよく見かけますね。

様々な処分方法を紹介していきますので、この記事を参考にして自分にあった方法を見つけましょう!

目次

クローゼットを整理しましょう!

いつの間にかクローゼットが洋服で溢れている…なんてことはありませんか?

新しく洋服を購入したら、古い衣類を整理する習慣をつけると良いでしょう!

洋服の処分タイミングは?

洋服を捨てるタイミングは、汚れや損傷などでもう着ることが難しくなった時、お子さんの場合はサイズが小さくなってしまった時などが考えられますね。湿気の多い場所に保管してしまうと、カビが生えてしまうケースもあります。カビがある状態で着用すると人体にも影響がでまますので、速やかに処分する必要があります。このように、物理的に存続して着られない状態であれば分かり易いです。

または、もう何年も着ていなくて…クローゼットの中を整理したい時もあるでしょう。この場合も処分するタイミングと言えますが、処分方法については検討する必要があります。

破れたり汚れたりした洋服の場合

破れたり汚れたりした場合は、もう洋服として着ることができませんので廃棄して良いでしょう。ですが、廃棄する前に切断して雑巾布巾として使用する方法もあります。不要な洋服を、より有効活用できるでしょう。

リユースやリサイクルを検討しよう

要らなくなった衣類は、すぐに廃棄するのではなくまずはリユースリサイクルを検討しましょう。比較的綺麗な状態であれば、売却することが可能です。ごみの減量化に繋がり、環境負荷も抑えられます

リサイクルショップに売却する

綺麗な状態であれば、リサイクルショップなどの買取専門業者に売却する方法があります。特に、高級ブランド品であれば買取価格も高値がつく可能性が高いでしょう。

全てのもので買取価格がつくとは限りません。元の値段やブランド価値によっても変動してきますので、引き取りを断られるケースもあります。

フリマアプリやオークションサイトを利用する

最近では、メルカリなどのフリマアプリネットオークションを利用する人が増えています。自分で価格を設定できて、買い手を見つけられるのがメリットです。ただし、すぐに買い手が見つかるとは限りませんので、それまでは自宅で保管しなければいけないので、スペースの邪魔になることもあります。

さらに、出品のための写真撮影や梱包作業、配送の手配まで自身で行わなければならないので、手間がかかりハードルは高いでしょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

寄付を検討しよう

寄付をすることで、社会貢献を通じた衣類の再利用ができます。最近では、店舗で古着やリサイクルを受け入れているところを多く目にしますね。

寄付先の選び方

洋服のメーカー店舗の中では、着なくなった洋服の回収ボックスを用意しているところがあります。どのようにリサイクルされるのか、またはリユース品としてどの国に渡るのか等、自身で把握して寄付をする必要があります。

無料で捨てられる上に、社会貢献も出来て一石二鳥の処分方法と言えるでしょう。

【主なメーカーの回収例】

ユニクロ回収ボックスを設置ユニクロ・ジーユー・プラステで販売した全商品。インナーやソックス、グッズ商品も含む。
H&M回収ボックスを設置ブランドや状態を問わず可能
【デジタルクーポンを配布】
無印良品受付に持参無印良品で販売している衣料品全品が回収対象。下着・靴下は回収不可。
【MUJI passport会員は回収1回につき1000マイル獲得の特典あり】
ZARA回収容器を設置すべての種類の衣類が可能
ぽるるん

寄付することで、ポイントがもらえるところもあってお得だね!

地域のルールを守って衣類を処分しましょう

地域のルールに従った廃棄方法

多くの地域では、衣類は「可燃ごみ」に分類されます。ごみ袋に入れて、指定の曜日に出すようにしましょう。

一部の地域では、一度に出せるゴミ袋の量が決められている場合もありますので注意しましょう。

また、地域によっては、綺麗な衣類は資源ごみに分類されるところもあります。お住まいの地域のごみ出しルールをよく確認してから出すようにしましょう。

まとめ

衣類の処分する時は、適切な方法を選ぶ必要があります

汚れや破損などで、もう着れない衣類は破棄しましょう。多くの地域では、ごみ袋に入れて一般ごみ(可燃ごみ)で捨てることができます。

ただし、要らないからとすぐに廃棄するのは環境によくありません。裁断して雑巾として再利用する方法もあります。

リユースやリサイクルをすることで、社会貢献や環境保護にも繋がります

まだ十分綺麗な状態であれば、寄付をしたり、リユース品として売却することをおすすめします。

必要な人の手に渡ることができて、ごみの減量化にも繋がります。一人一人の心がけで、地球環境を守ることができるでしょう

大量に処分が必要な場合は、不用品回収業者を利用しましょう

大量に衣類を処分したい場合や、他の不用品も一緒に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

衣類の他にも家電や家具など、処分が面倒なものは全てまとめて回収してくれるので、労力をかけずに処分できますね。また、自分のスケジュールに合わせて希望の日時に回収に来てくれるので、とっても便利です。

PORTE(ポルテ)では、お客様に安心してご利用してもらえるために、無料訪問見積もりサービスを行っています。料金に納得した上で利用できるので心配不要です。

まずは、お気軽にお問い合わせください!

衣類の回収事例を紹介!(近日公開予定)

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次