マニキュアの正しい捨て方と捨て時の目安:蓋が開かない時の対処も

マニキュアの捨て方に困っていませんか?この記事では、マニキュアの正しい捨て方から、蓋が開かないときの対処法、再利用アイデアまで詳しく紹介。捨て時の目安も解説します。

マニキュアの正しい捨て方は?捨て時の目安と蓋が開かない時の対処も

「中身が残っている」「古くなってキャップが開かなくなった」…そのようなマニキュア、どう処分していますか?

マニキュアは自分で買うだけでなく、プレゼントとして貰うこともありますよね。コンパクトでかわいい見た目のものが多いので、たくさん持っている、コレクションしているという人が多いようです。しかしたくさん持っているとたくさん使う色もあれば、しばらく使っていない色、ほとんど使わずに固まってしまった色も出てきてしまいます。

あまり深く考えず、「そのまま燃えるごみとして捨てている」という人もいるのではないでしょうか。実は、マニキュアをそのまま捨てるのはNGなんです。今回は、マニキュアの正しい捨て方や液の出し方、捨てるタイミングを紹介します。

不用品の処分でお困りの方はPORTEにお任せください!

マニキュアの捨て方の基本

マニキュアの分別方法の基本

マニキュアって燃えるゴミ?燃えないゴミ?容器がビンだから資源ゴミ?と迷ってしまうのではないでしょうか。だからといって何もせずそのまま捨てるのは地域によってNGなので注意してください。

マニキュアも、ビン・キャップ・中身と分別を行い処分いたしましょう。

ビン・キャップ・中身を分別し捨てる

中身が入っている状態であれば、必ず中身を出しておきましょう。

空になったボトルと蓋の処分ですが、まずボトルはガラス製であることが多いので、各自治体のルールに従って処分しましょう。キャップは基本的に可燃ごみで捨てて構いませんが、自治体によって細かくルールが異なるので、あらかじめホームページなどで確認しておけば完璧です。

マニキュアの中身の捨て方

残ったマニキュアを直接排水溝に流したりすると、排水溝やパイプを汚してしまうだけでなく、汚水を流してしまうことにもなるため、マニキュアの中身が残っている場合は、取り出す必要があります。

マニキュアは使用していない状態が続いているものも多くあるのではないでしょうか。そこで、液体状態のマニキュアと使用していない期間が長く固まってしまった状態のマニキュアと分けて、それぞれの捨て方についてみていきましょう。

液体状態のマニキュアの捨て方

ビニール袋とマニキュア液を吸い取る紙を用意してください。マニキュア液を吸い取る紙は、ティッシュペーパーや新聞紙、布などで問題ありません。

まず、ビニール袋の中にマニキュア液を吸い取る紙を敷きましょう。そして、吸い取り用の紙に瓶の口を当てて、逆さまにして中身を出し、逆さまにした状態で、風通しの良い場所に一晩放置します。中身が出切ったら、ボトルを取り出して分別します。

この方法で中身を取り出せば、時間はかかりますが、手や床を汚す心配がありませんし、ビニール袋はそのまま燃えるゴミとして捨てられます。

固まっているマニキュアの捨て方

固まってしまったマニキュアは、専用の薄め液を使って柔らかくします。

薄め液は、100均でも扱っており手軽に買えます。ボトルに入れて振ると、中身が溶けて取り出しやすくなります。薄め液を利用する場合、入れすぎないのがポイントです。

また、ボトルの口ギリギリまで薄め液を入れてしまうと、瓶が破裂する危険性があるので注意が必要です。ドロドロに固まったマニキュアも、数滴で十分です。必要以上に入れすぎないようにしましょう。事前に、薄め液のパッケージに記載されている使い方をよく読んでから使うのがお勧めです。

中身が溶けたら、先ほどご紹介したのと同様の方法で捨てます。また自治体によっては、中身が固まっている場合は、そのまま燃えないゴミとして捨てられるところもあります。もしそのようなルールがある場合は、そのまま捨てましょう。

実はNG?やりがちなマニキュアの捨て方

マニキュアをボトルごと可燃ゴミとして捨てる

古いマニキュアをボトルのまま可燃ごみの袋へ捨てる行為は、絶対にやってはいけません。どの自治体でもマニキュアは不燃ごみに出すか、パーツを分別して捨てるのがルールになっています。

中には分別せずにそのまま捨ててもよい自治体もありますが、一般的なマニキュアは、引火性が高い成分が入っているものが多くそのまま捨てることはできません。中身が入ったままのボトルを分別せずに捨ててしまうと、発火などの危険があります。

残った中身をそのまま捨てる

上記にも記載をしましたが、もちろん、マニキュアの中身も処分してからでないと捨てることができません。小さなマニキュアですが、ニトロセルロース、酢酸ブチル、酢酸エチル、エタノールなど、引火しやすいものが原料として使われているため発火してしまうとボトルが破裂したりして危険です

タイミング① 中身が固まって使えないとき

一般的に、瓶の中のマニキュアが固まる時間は2~3年といわれています。

マニキュアを開封して1年経っていなくても、中のマニキュアが固まったら寿命を迎えているので捨て時と判断できます。「少しドロドロしてきたかな?」という程度の状態なら、マニキュアの薄め液を少し足すことで多少は復活するでしょう。

タイミング② 明らかに色が変色してきたとき

変色してしまったり振っても分離が戻らない場合も、使用を控えた方が良いです。古くなったマニキュアをそのまま使用してしまうと、樹脂や溶剤が劣化しているため、爪に色素沈着がおこり黄ばみの原因になってしまいます。

マニキュアの蓋が開かない時の対処法

ケース1:キャップが固まって開かない

マニキュアを使おうと思ったら、蓋が固まって開かない!ということもありますよね。そんな時でも家にあるものだけで簡単に開けられる方法を2つご紹介いたします。

お湯で温める

お湯を使って固くなったマニキュアの蓋を開ける方法をご紹介します。用意するものは、

コップ(耐熱の容器)

お湯(50~60度/指を入れて熱いと感じられる程度)

開かなくなったマニキュア

コップや耐熱の容器にお湯を入れ、マニキュアを逆さまにし、蓋の部分を浸けるだけ(このとき瓶にあまりお湯がかからないほうがいいです)。蓋周りにこびりついて固まったマニキュアが溶けて、すんなり開けることができます。

※やけどしないように注意してください。ボトルについたお湯はよくふき取ってから開けてください

輪ゴムを巻きつける

固まったマニキュアは、開けようにも手が滑って力が入りずらいですよね。効率良く力を加えて開けるには、滑り止めを使うと簡単です。滑り止めとして利用するのが、輪ゴムです。輪ゴムを瓶と蓋部分に巻いて開ける方法があります。

用意する輪ゴムは合計4本ほど。蓋とボトル本体に分けてぐるぐると巻きつけ、滑りにくくして、摩擦の力でマニキュアを開ける仕組みです。輪ゴムなら家庭にいくつかは備えがある可能性が高く、いざという時に覚えておくと役立つでしょう

ケース2:中身が固まっている

マニキュアをキレイに復活させたいなら、マニキュア専用のうすめ液を使いましょう。うすめ液とは、固まって使えなくなってしまったマニキュアを元に戻すための専用アイテムです。100均やドラッグストアなど、どこで売っているものでもOKです。

除光液を数滴入れて混ぜるだけでも復活させることができますが、除光液に含まれる成分のアセトンがガラスボトルを傷つけたり破裂させたりする恐れもあるので、除光液はあくまで応急処置として使用してください。また、マニキュアの品質が劣化することもあるので使いすぎには要注意です。

そのまま可燃・不燃ゴミとして捨てる

固まっているからと言って、そのまま可燃もしくは不燃物ごみとして捨てることはしてはいけません

マニキュアは引火しやすいものが原料として使われているため、発火してしまうとボトルが破裂したりして危険ですし、どの自治体でも、マニキュアは不燃ごみに出すか、パーツを分別して捨てるのがルールになっていますので、各自治体のルールに従って、しっかりと分別処分を心がけましょう。

マニキュアの再利用術

他の色と混ぜてみる

「マニキュアは混ぜて大丈夫なの?」と心配になりますが、他のメーカー同士であってもポリッシュを混ぜて分離したり変質したりすることは基本的にありません。

混ぜる時はしっかり振れば、違うマニキュア同士も混ざります。自分好みのオリジナルカラーを作って楽しみ方を増やすのもいいですね。

透明マニキュアなら撥水加工として使える!

トップコートなど透明なマニキュアなら、ラベルの撥水加工として活用できます。水をはじく性質のあるマニキュアですから、紙のラベルや水性ペンで書いた文字などをコーティングすれば簡単に撥水加工が出来ます。特にキッチンや水回り、子どもの持ち物などは文字を書いてもすぐに消えてしまうことがあります。

捨て方に悩んでいるマニキュアが透明タイプなら、ぜひ試してみてください。

スプレー缶の底に塗るとサビ止めになる

ヘアスプレーなどの缶は、お風呂などの水回りに置いているとサビてしまうことがあります。そんな時、古いマニキュアをスプレー缶の底全体に塗っておけばサビを防ぐことができるのでおすすめです。スプレー缶の底全体に塗るとなると、マニキュアもある程度の量が必要となります。

古くなったマニキュアの大量消費としてもおすすめの方法です。また、自転車などの塗装部分にキズがついたとき、そのまま放っておくとそこからサビが広がってしまいますが、マニキュアを塗ることでサビの広がりを防止することができるのでオススメです。

マニキュアは何年使えるの?“捨て時”の目安

マニキュアは分離が始まる「1年」が目安

顔料や品質の違いもあるので、分離する時期は色やラメの有無、メーカーによっても変わりますが、1年前後が平均です。未開封の状態であれば約2~3年が寿命といわれていますが、多くのマニキュアは1年程度が目安と考えた方がよいでしょう。

開封後1年以内でもマニキュアが固まったら捨て時

マニキュアを開封して1年経っていなくても、中のマニキュアが固まったら寿命を迎えているので捨て時と判断できます。中身が完全に固まってしまった際はせっかくですがマニキュアを捨てるしかありません。

まとめ

正しいマニキュアの捨て方を学ぶ

小さいマニキュア、分別など面倒くさくそのまま可燃ごみもしくは不燃物ごみで、そのまま捨てていた方も少なくないのではないでしょうか。

マニキュアの原料にはニトロセルロース、酢酸ブチル、酢酸エチル、エタノールなど引火しやすいものが使用されています。安易に捨ててしまうと大変なことになりかねません。しっかりとマニキュアの正しい捨て方を学び、各自治体のルールのもと適切な処分を心がけましょう。

NGな捨て方とそのリスク

マニキュアを下水道やトイレに流すことは、NGな方法です。マニキュアには有害な化学物質が含まれており、下水道処理プラントで処理される際に問題を引き起こす可能性があります。これは、水質汚染や処理設備の損傷につながる可能性があります。

マニキュアを地面に埋めたり、一般のゴミと一緒に捨てることも環境に対するリスクがある方法です。有害な成分が土壌や地下水に浸透し、地域の生態系に悪影響を及ぼす可能性があります。マニキュアを普通のゴミ袋に捨てることも推奨されません。有害な化学物質が他のゴミと混ざり、廃棄物処理場で問題を引き起こす可能性があります。

蓋が開かない、中身が固まる等のトラブル対処法

温水浸け

 マニキュアボトルの蓋部分を温水に浸けてみてください。温水の熱により、蓋が緩んで開きやすくなることがあります。注意して温水を使用し、マニキュア自体に水が入らないようにしましょう。

ゴムバンドを使う

ゴムバンドを蓋の上に巻きつけ、しっかりとしたグリップを提供することがあります。この方法で蓋を回すと、開きやすくなります。

マニキュアの再利用アイデア

上記では、撥水加工や金属のサビ防止をご紹介いたしましたが、マニキュアの再利用にはこんなアイデアもあります。

  1. アートプロジェクト

古いマニキュアをキャンバスや陶器に使ってアート作品を制作できます。マニキュアは色と光沢があり、独自のデザインを作り出すのに適しています。絵画や装飾品に使用することができます。

2. ジュエリー製作

ネイルポリッシュをビーズやアクセサリーの一部として使用して、自分だけのジュエリーを作成することができます。色鮮やかなビーズやペンダントを作るのに適しています。

3. カスタマイズ

古いアクセサリーや小物をカスタマイズするのにマニキュアを使用できます。古いバレエフラットやかばんに新しい色を塗ることで、新しいルックを作り出すことができます。

4. キーボードやボタンのマーキング

マニキュアを使って、キーボードのキーに色を塗ったり、服のボタンに装飾を加えたりすることができます。個人的なスタイルを追加するのに便利です。

5. 家庭修理

小さな傷や割れた表面を修理するために、適切な色のマニキュアを使用できます。木製家具や家の装飾品の修理に適しています。

6. ワックス封印

マニキュアを封印ワックスとして使用して封をすることができます。手紙や招待状に個性的な封印を施すのに使えます。

マニキュアの寿命と捨て時の目安

最後に下記は、マニキュアの寿命と捨て時の目安についての一般的なガイドラインです。

  1. 香りや質感の変化

マニキュアが古くなると、その香りや質感に変化が生じることがあります。特にマニキュアが変な臭いを発したり、厚くて均一でない質感になったりする場合、使用を中止し、新しいマニキュアを購入することを検討しましょう。

2. 分離や固化

マニキュアが分離したり、中身が固まったりすることがあります。これにより、マニキュアが適切に塗布できなくなります。マニキュアをよく振ってみても改善しない場合、新しいものに切り替えることをお勧めします。

3. 変色

マニキュアの色が変化したり、濃くなったり薄くなったりすることがあります。特に明るい色のマニキュアは変色しやすい傾向があります。本来の色が変わった場合、新しいマニキュアを検討しましょう。

4. 購入からの経過時間

マニキュアのボトルには、通常、開封後の使用期限や耐久性に関する情報が記載されています。この情報を確認し、使用期限を把握しておくことが大切です。通常、マニキュアは1年から2年間は使用できるとされていますが、ブランドや保存方法によって異なることがあります。

5. 保存方法

マニキュアの寿命は、適切な保存方法に大きく影響を受けます。マニキュアは直射日光や高温、低温から遠ざけ、蓋をしっかり閉めて保管しましょう。また、冷蔵庫に保管することはお勧めしません。

6. クリーニング

マニキュアのボトル口や蓋に古いマニキュアが付着している場合、ボトルをきれいに拭いたり、蓋をきちんと閉めたりすることが寿命を延ばすのに役立ちます。

以上のポイントを考慮しながら、マニキュアの状態を確認し、必要に応じて新しいものに切り替えましょう。安全かつ効果的なネイルケアを続けるために、古くなったマニキュアを使わないようにしましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次