ドラム缶の引き取り方法とは?売却、リサイクル、選択のコツすべてをプロが解説!

ドラム缶の引き取りから売却、リサイクルまでの情報を提供します。信頼できるサービスの選び方、法的規制について解説します。

ドラムの引き取りについて 〜方法、コツ、おすすめサービス〜

錆びて使わなくなった中身が漏れているなどの理由でドラム缶を処分したい場合どのように処分したらよいのでしょうか。

この記事では、不要になったドラム缶のおすすめの処分方法コツをご紹介します

ぜひ参考にしてくださいね。

目次

ドラム缶の引き取りの基本

ドラム缶は自治体のごみとして処分できる場合もありますが、断られるケースが多いです。

その場合に使える便利な処分方法を紹介します。

  ドラムの種類と引き取りの必要性

ドラム缶には、主に3つの種類があります。

ポリドラム

金属製ドラムと比較して軽量で、ハンドリングが簡単なドラム缶です。

鉄ドラム

一般的にドラム缶。

再生できるドラム缶としての流通量はドラム缶の種類の中でNO.1です!

木製ドラム

別名、電線ドラムとも言います。

電力ケーブル・ワイヤーなど巻き取りように使用できるドラム缶できるドラム缶です。

ドラム缶は粗大ごみとして回収してくれる業者が少ないのが実情です

たとえ粗大ごみとして処分できたとしても、ドラム缶は体積が大きいのでお一人で回収場所まで運搬するのは難しいですよね。

そんな時に頼れるのが不用品回収のPORTEです。

PORTEであれば、お電話やメールでお問い合わせいただければ、お客様のご希望に合わせて訪問回収いたします。

運搬からトラックの積み込みまでスタッフがすべて対応させていただきます

引き取りプロセスの概要

ドラム缶を粗大ごみに出せない、出せる自治体だけど手続きや運搬が手間だという方も多いでしょう

不用品回収業者であれば、電話やメール1本で駆けつけてくれます。まずは見積もりをして、料金に納得できたら回収という流れになります。問い合わせの時にドラム缶の状態を聞かれるので、伝えられるようにしておく必要があります。

回収日当日には、お客様にやっていただくことは特に何もありません。

自宅の中まで回収に来てくれるので、面倒な運搬作業も必要ありませんので手間がかからず簡単に処理できます!

ドラム引き取りサービスの選び方

ドラム缶は頻繁に処分するものではないので、いざ業者に依頼する際は不安ですよね。信頼できる業者を見極める方法をご紹介します。

 サービス提供者の評価と信頼性

不用品回収業者を選択する際に先に確認することは、不用品回収業者を営業するために必要な許可を持っているかという点です

必要な許可は「古物商許可証」になります。

業者のホームページをみると載っているのが基本です。

誰でも確認できる情報になりますので、事前にチェックして載っていない場合は依頼しないのが賢明です。

また初めて不用品回収業者に依頼するのであれば、信頼できる業者に依頼したいですよね。

不用品回収のPORTEのホームページを見ていただくと、これまでにご利用いただいたお客様の口コミを掲載しています。

初めて利用を検討されている方には参考になると思いますので、是非確認してくださいね。

引き取り条件と料金体系

業者によって料金は大きく異なります。

複数の業者に見積もりを依頼して、金額を比較することをおすすめします。

不用品回収のPORTEであれば定額パックでご案内が可能です。不用品の量によって回収料金がわかりやすい料金体系になっています。

業者によって引き取れる不用品の条件や金額も異なりますので、複数の業者にお問い合わせをしてご自分にあった業者に依頼しましょう。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

自宅でのドラム処理方法

ご家庭で簡単にドラム缶を処理する方法はあるのでしょうか。

安全なドラムの分解と処理

ドラム缶をご自分で分解・処理することはあまりお勧めしません

古いドラム缶の場合、中身は何が入っているかわかりません。切断する際に爆発する可能性もあります。

無理にご自分で分解や処理しようとせず、適切に処分してくれる業者にお任せすることをおすすめします

環境に優しい処分方法

不用品回収業者なら、リサイクルできるドラム缶は再利用に回します。内部に残渣物やガスなどが残っている場合は取り除き、責任をもって適切に処理しています。

回収業者は処理のプロですので、環境に負荷が少ない方法で処分することができます

ドラム缶を高く売るコツ

ドラム缶を高く売却する方法はあるのでしょうか。

お得に処分する方法があれば嬉しいですよね。

ドラムの状態を確認する

ドラム缶の状態がよければ、買取もできます。

買取であれば無料で処分できるのでお得に処分できますよね。

ただし、買取には条件があります。

・製造から3年以内

・内部に液体異物が入っていないこと

ゆがみや曲がりがない、打痕がないこと

意外と条件が厳しいです

買取をご希望の場合は上記の条件を確認しましょう。

売却時の交渉ポイント

複数の業者に査定を依頼して買取金額を比較しましょう

相場が分かれば、値段交渉の参考になります。

ただし、意外に買取条件が厳しいので、あまり期待しないのが賢明です。

ドラム缶リサイクルの重要性

ドラム缶を再利用できれば、ごみの削減にもなり環境にもいいですよね。

リサイクルできるドラム缶の特徴や処理方法を確認しましょう。

ドラムのリサイクル方法

ドラム缶はきちんと処理ができれば、再びドラム缶として再生できます。

そのまま再生するには、徹底的に洗浄で内部残渣物やガスなどを取り除きます。

続いて整形を行い、点検をして新しいドラム缶に生まれ変わります

リサイクルの環境への影響

リサイクルできることで廃棄物が減るため環境にいいですよね

積極的にリサイクルしている業者に依頼しましょう。

地域別ドラム引き取りエリアでのサービスの特徴

地域密着型と全国展開している業者でそれぞれの特徴を見てみましょう。

大手のサービス

全国展開している業者の場合、豊富な実績がありますので信頼に繋がりますね

スタッフの人員が多いので、即日対応できる場合が多いのもポイントです。

地域密着型のサービス

地域密着型の業者はその地域のごみルールをよく把握しているため、依頼する際に非常にスムーズです。回収後の処分も的確に行ってくれるでしょう。

スピーディに対応できるのも地域密着型の業者の特徴です。

まとめ

ドラム引き取りは多様な方法が存在

ドラム缶の状態によって引き取り方法の選択肢が異なります。

もし状態がよければ買取ってくれる場合もあります。

ただし、買取りの条件は厳しいので事前に確認が必要です

不用品回収業者であれば、中身が入っていても状態が悪くても回収が可能です。回収に来てくれて運搬も任せられるので、楽に処分することができます。

サービス選択時は信頼性と条件を重視

複数の業者に見積を依頼してサービス内容や金額を比較して、ご自分に適した業者を選択しましょう。

不用品回収のPORTEのホームページには実際に利用したお客様の口コミを掲載しています。初めてご利用される方の参考になると思いますので、是非チェックしてくださいね。

 自宅での処理には注意

ご自分で分解や処理するのはあまりお勧めしません

なぜならドラム缶には危険な液体や異物が入っていることがあるからです。

なるべく専門の業者に依頼して適切に処分することをおすすめします。

不用品回収業者が便利

不用品回収業者にご依頼いただければ、責任をもってドラム缶を処理いたします。

PORTEであれば、お電話やメールでお問い合わせいただければ、お客様の都合に合わせてご訪問いたします

お客様のニーズに合わせて柔軟に対応いたしますので、何か不用品処分でお困りのことがあれば不用品回収業者のPORTEにいつでもお気軽にご相談くださいね。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次