家具の回収業者を選ぶポイントは?手間なく安全に処分する方法と業者の選び方をプロが解説!

家具回収をスムーズに行うための実践的アプローチ!料金相場、コスト削減のコツ、信頼できる業者の見極め方まで詳しく解説します。

家具の回収サービスを徹底比較!選び方からトラブル対処方法まで徹底解説!

皆さん、家具の処分にお困りではありませんか?

壊れてしまったり、ライフスタイルの変化により不要になったりと処分を考えるケースは、人それぞれです

大型家具なら尚更、捨てるのが大変ですよね。

一般的な家具であれば自治体の粗大ごみ収集で捨てる人が多いのですが、実は、それ以外の回収サービスもあるのです。

中には粗大ごみでは間に合わない!という方もいるでしょう

そんな時に役立つおすすめの回収サービスをご紹介します!

この記事を読めば、様々な回収サービスを知った上で、最適な手段で家具を捨てることができます!

目次

家具回収方法の比較と選択

いくつかの回収サービスを比較検討しましょう。

それぞれのメリットとデメリットを理解して、最適な手段を見つけましょう!

 自治体の回収サービスの活用法

家具は、自治体の粗大ごみ収集で処分することができます。

戸別収集」と「ごみ処理施設に直接持ち込み」の2種類の手段がありますが、多くの場合は戸別収集を利用します。

お住まいの住居のゴミ捨て場で回収してくれるので楽に捨てることができます。粗大ごみ収集を利用する際には、必ず事前予約が必要になります。

粗大ごみ処理手数料を支払い、回収が可能となります。コンビニなどで販売している粗大ごみ処理券を料金分購入し、シールを粗大ごみに貼りましょう。

粗大ごみ料金は安価ですが、予約できる日に限りがあるので要注意です。処分の日数に余裕があり、予約が1ヶ月後も問題ないという方には適しているでしょう。

民間の回収業者の利用メリット

不用品回収業者に依頼して、不要な家具を回収してもらう方法もあります。

回収費用はかかりますが、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応してもらえる点がメリットです

引っ越しなどで処分の期日が迫っている方は、粗大ごみ収集にお願いできない場合がありますね。最近では、そのような時に業者にお願いする方が増えています。

家具や家電などが混在していてもまとめて回収してくれて、面倒な手続きもいらないのでストレスなく処分ができます

スタッフが運搬まで全て行ってくれますので、一人暮らしの女性の方でも安全に処分することができます。

家具買取と回収の違い

買取りをしてもらう場合は、比較的新しく綺麗な状態でないと断られることがあります。特にマットレスやファブリックソファーなどのファブリック製品は衛生的な観点から取り扱っていない店舗もありますので要注意です。

逆に人気ブランドの家具などは需要があり、中古市場でもよく出回っていますので比較的買取価格は高めです

条件をクリアしているものであれば売却できますので、収支はプラスになります。引き取りのみの場合でも費用はかからずに手放すことができるでしょう。

一方、回収のみの場合は料金がかかります。ですが、どんなものでも回収してくれるのでその分メリットもあります。自治体で捨てることのできない、スプリングマットレスなどの処理困難物でも回収してくれるのも嬉しいですよね。

不用品回収業者の中には、買取りサービスも併用できるところがありますので要チェックです!

家具回収の料金相場とコスト削減のコツ

回収業者に料金を抑えるコツをご紹介しましょう。

回収業者の料金体系と計算方法

多くの業者では、定額パック制を採用しています。ですが、これは目安ですので実際に見積もりしてもらう必要があります。

不用品の容積の他に、住宅の環境によっても追加料金がかかる場合があります。

階段かエレベーターか

近くにトラックを停められるか

 は多くの業者で判断基準にしています。

また、大型家具の中にはドアの幅を通らなくてその場で解体が必要なものもあります。

解体ありか、なしか

特殊な機械は必要ないか

という点も料金に左右します。

最後にスタッフの数の問題があります。3名以上必要な場合は追加で料金がかかって来ますので、事前に人数を確認すると良いでしょう

費用を抑えるためのポイント

業者によっては、買取りできるものは買取りしてくれるところもあります。ほぼ新品の家具を含む場合は、買取りも行っている業者にお願いすると費用が安くなるのでお得でしょう

信頼できる家具の回収業者の選び方

不用品回収業者といってもたくさんあり、どの業者にすればいいのか迷いますよね。そんな時に優良な業者を見極めるポイントを解説していきます。

良心的な家具回収業者の特徴

まずは、しっかり許可を得て営業しているのかを確認する必要があります。

ご家庭から不用品を回収するには、古物商許可が必要になります。ホームページなどに許可番号の記載があるかは最低限チェックしましょう。

また、無料で見積もりを行っている業者に見積もりをお願いすると安心です。実際に訪問見積もりを行っているところであれば、正確に見積もりをしてくれる上に、直接不安点を確認することもできます。

到着目安時間を事前に教えてくれるなど、細かい心遣いがあるかも確認でき、信頼できる業者なのか判断することもできるでしょう。

選び方のチェックポイント

業者によって、「回収料金」「サービス内容」は異なります。

まずは、料金プランを確認しましょう。定額パック制ならば、かかる料金の目安が分かりやすいですね。

不用品の中に買取り希望のものがあれば、買取りサービスも行っているところを選ぶと良いでしょう。回収料金から買取価格を引いてくれるので、合計金額が安くなります。

また、口コミ回収事例も参考にすると良いでしょう。実際に利用した人の感想を読むことで、回収の流れがイメージしやすくなります。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

家具回収時のトラブル事例と予防策

起こりたくはないけど、偶発的にトラブルが起こることもありますよね。そんな、トラブルが起こった時の対処法を確認しましょう。

 よくあるトラブルとその解決法

不用品回収業者の中には、悪徳業者と言われる違法に取引をしている業者も存在します。そんな業者に依頼してしまい、最終的に高額請求をされてしまうケースが発生しています。

ケース1
「無料で回収」というチラシが入っていた業者に依頼。全てが無料ではないと、トラックに載せた後に追加料金を請求され、最終的に高額な回収料金を払わされた。

解決法:
必ず見積もりを依頼し、見積もり後に金額変更がないことを確認しましょう。また、予約時にキャンセル料が無いことも確認しておくと安心です。
ケース2
回収された家電や家具の不用品が、不法投棄されていた。実際には適切な処理をしていなかった。

解決法:
このような業者は過去に摘発されていることがあります。ネットで調べたら出てきますので、怪しい業者とは関わらないようにしましょう。

家具回収サービスのユーザーレビューと評価

回収業者を選定する時は、レビューを参考にすると良いでしょう。

利用者の体験談

実際に利用した人の感想をみることにより、その業者の良し悪しが分かります。

回収事例も併せて掲載しているところもありますので、回収の流れも参考になりますね。

\PORTEのお客様体験談&回収事例の記事/

まとめ

最適な家具回収サービスの選び方

主には、自治体の粗大ごみ収集を利用する方法と、不用品回収業者に依頼する方法があります。

費用をとことん安くしたいなら粗大ごみ収集ですが、すぐには処分できないというデメリットがあります。引っ越しなどで処分の期日が迫っている方には利用できないですね。

希望の日に回収をお願いしたい場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

運搬をスタッフに任せられるので、大型家具でも安全に処分できる点も魅力的です。

コストパフォーマンスを考慮した家具回収の方法

費用コストを抑えたいのか、労力コストを抑えたいのかによって最適解は変わってくるでしょう。

手間や時間がどのくらいかかるのかもコストを考える上で大切なポイントです。

トラブルを避けるための予防策と対処法

トラブルを避けるためには、信頼できる業者に依頼する必要があります。

古物商許可」などの必要な許可を得て営業しているかは最低限確認するようにしましょう。

また、事前に見積もりを行い、見積もり確定後に追加がないことを確認することも必要です。その場で追加料金を要求してきたら怪しいので利用しない方が良いです。

キャンセル料がないかも重要なポイントです。

不用品回収ならPORTEがおすすめ

PORTEでは、家具家電、スプリングマットなどの処理困難物の回収も行っています。

無料で見積もり訪問を行っていますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。引っ越し時の「明日までに処分したい!」という急な依頼にも対応しています。現在、対応エリア拡大中!詳しくはホームページでご確認ください。

まずはお気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次