チェストの粗大ごみ処分方法とは?方法と手順の全てをプロが徹底解説します!

チェストの粗大ごみ処分に迷ったらどうしますか?自治体のルール、自分での処分方法、リメイク・リサイクルのヒントから、不用品回収業者の利用まで詳しく紹介します!

チェストを粗大ごみとして処分する方法を解説

チェストは、大きく重さもあるため、いざ捨てるとなると大変ですよね。

チェストは粗大ごみでの処分が可能です

粗大ごみで捨てる場合はご自身での、処分場所までの移動が必要になります。

自治体の回収作業員は屋内からの搬出は基本的に行ってくれないため、玄関の前、または自宅の立地によっては最寄りのゴミ集積場まで運搬する必要があります。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、1階のゴミ集積場まで運ばなくてはなりません。

カラーボックス程度の粗大ごみであればさほど苦にならない作業ですが、チェストを移動させるのは大変です。

1人で運ぶことはできないので、人手が数人必要にもなるでしょう。

これから粗大ごみの他にも、チェストを楽に手間をかけずに処分する方法をご紹介します

目次

粗大ごみとしてチェストを処分する基本

一番ポピュラーで皆さんが真っ先に思いつく処分方法が、粗大ごみでの処分になるかと思います。

粗大ごみは一定のルールがありますので、ポイントを確認しましょう。

粗大ごみの定義とチェストの該当理由

粗大ごみは、多くに地域では一番長い辺が30センチを超えると粗大ごみの扱いになります。大きさの基準は地域によってルールが異なりますので、必ず確認しましょう。

チェストは30センチ以上のものがほとんどですので粗大ごみに該当してきます

自治体のルールと料金

チェストを処分する場合の一般的な料金は3,000円ほどと言われています。

自治体によってルールは異なりますので、まずは確認しましょう。

自治体の粗大ごみ回収サービスの利用

自治体の粗大ごみの回収サービスは比較的安価なサービスですが、その分ご自身でする手続きや準備があります。

手続きの流れを確認しましょう。

申し込み方法:オンラインか電話で申し込みましょう

自治体によってさまざまですが、基本的には自治体のホームページから受付、又は電話にて申込ができます。

申込の際に回収日処分場所を確認しましょう。

手続き・準備に手間がかかるのがこの方法のデメリットです。

大体は申し込みから回収まで1週間程かかり、場合によっては1ヶ月もかかってしまうことも。余裕をもって申込する必要があります

料金と支払い方法

処分費用は、コンビニなどで粗大ごみ処分シールを購入することで、料金の支払いができます。

回収日までに準備をしましょう。

自分でチェストを処分する方法

チェストを解体して一般ごみ(燃えるごみ)に出す方法もあります。粗大ごみの規定以下のサイズに切断しましょう。ただし、作業に慣れていない方は怪我をする可能性もありますので、おすすめはしません。

安全な分解方法

ご自身で解体などをする際は、チェストは重量があるので、怪我などしないように注意しましょう。

また、釘やネジなどの鋭利なものもありますので、ノコギリなどを使っての作業は常に危険を伴います

怪我をしないように手袋や軍手を着用するとともに安全に配慮しながら作業しましょう

処分場所の選び方

マンションなどの共同住宅は敷地内のごみ集積場所で処分できることがほとんどです。お住まいの住居のルールをきちんと確認するようにしましょう。

ご自身で解体や運搬が難しい場合は便利な不用品回収業者を利用すると便利です。

不用品回収業者のPORTEであれば、電話一本で即日見積・回収が可能です

そのあとの運搬や解体も一切お客様に手間をかけさせません。相談だけでも問い合わせしてみるのも一つの手です。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

チェストのリメイクやリサイクル

まだ使用できるチェストをゴミとして処分するのはもったいない時もありますよね。

リサイクルリメイクをしてまた新たに使用している方もさまざまです。参考に見てみましょう。

リメイクをして再利用しよう

DIYが得意な方はリメイクをして再生して、まだまだ使用していくというのもありです。

リメイクで雰囲気が変わるとまるで新品を購入した気分にもなりますし、愛着が湧いたものですと今後も長く使えるのは嬉しいですよね。

リサイクルショップでの買取

状態が良いものですと、リサイクルショップでの買取も可能です。

処分費用がかからず、お得に手放せるのが何よりもメリットです。

ただし、ご自身で店舗まで持ち込みする必要があるため、少し手間がかかります。

傷や汚れがある場合は買い取ってもらえないことがほとんどです。まずはリサイクルショップに確認しましょう。

不用品回収業者を利用する場合

粗大ごみのメリットは比較的安価で処分できること、デメリットは大きい粗大ごみだと、処分場所までの運搬が大変というところです

不用品回収業者を利用する際の流れや注意点を見ていきましょう。

依頼の流れ

不用品回収業者に依頼する際はお電話またはホームページから依頼ができます。

まずは見積もりを依頼しましょう

不用品回収業者のPORTE無料で訪問見積をさせていただいております

費用と口コミを確認しましょう

費用は業者によって異なりますので、複数の業者に見積を依頼して比較するのが良いでしょう。

業者のホームページに口コミなどが掲載してますので、参考にみてみるのもいいですね

まとめ

粗大ごみの基本と予約方法

多くの地域では、1番長い辺が30センチを超えると粗大ごみになり、チェストはほとんどが該当してきます。

行政のホームページから、予約を入れることができます。

自治体によってサービス内容やルールが異なるため、まずは問合せして確認しましょう。

リメイクやリサイクルを検討しましょう

リメイクすることでまた雰囲気が変わってお気に入りのチェストが長く使用できますね。

状態が良ければリサイクルショップでお得に処分ができるので、リサイクルショップに問合せしてみるのもいいですね。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用するのも一つの手です。

何より、費用は粗大ごみと比べてかかりますが、非常に楽にスピーディーに処分することが可能です。

不用品回収業者のPORTEであれば電話いただければ即日回収も可能ですので、処分方法にお困りの場合はまずはご相談くださいね

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次