手間なく不要な自転車を引き取ってもらう方法とサービス選びのポイント

不要な自転車を引き取ってもらう方法を紹介!適切なサービスの選び方と利用時のメリットを明らかにします。

不要な自転車の引き取りに関して: サービスの選び方と利用メリット

通勤や通学にも便利な自転車。一家に一台、もしくは一人一台所有しているご家庭も多いのではないでしょうか?自転車が不要になってしまうと、処分方法に悩んでしまうものですよね。いざ処分するとなると手間がかかる自転車、できれば無料で処分したいと望む方もいらっしゃると思います。

そんな、自転車の処分や捨て方にお悩みの方へ、今回は、自転車の捨て方・処分方法について詳しく説明していきます。

最後までにご覧いただき、自転車を処分する最適な方法をぜひ見つけていただければと思います。

自転車を引き取ってもらう前に

不要な自転車の引き取りの重要性

不要な自転車の引き取りは、環境保護と社会への貢献において重要です。捨てられた自転車は廃棄物問題を引き起こし、貴重なリサイクルの機会を逃すことになります。また、引き取られた自転車は修理や再利用が可能で、低所得者や若者にアクセス可能な交通手段を提供します。

さらに、公共スペースの美化と交通安全にも寄与し、地域社会全体の質を向上させます。自転車の引き取りは持続可能な未来への一歩であり、誰もが参加できる簡単な方法です

 この記事の目的と構成

この記事では、自転車の引き取りについて、引き取りを依頼するメリットや、無料引き取りサービス・有料引き取りサービスといった自転車引き取りの種類、引き取りサービスを利用する上での注意点等をご紹介していきます。

不要自転車の引き取り基礎知識

自転車引き取りとは?

自転車引き取りとは、不要な自転車を専門の団体やサービスによって収集し、適切に処理するプロセスです。これはいくつかの重要な目的を持っています。

  • 環境保護: 自転車は金属やプラスチックなどのリサイクル可能な素材を含んでおり、不要な自転車を引き取り、これらの素材を再利用することで廃棄物を削減し、環境への負荷を軽減します。
  • 社会的貢献: 引き取られた自転車は修理や再利用の対象となり、低所得者や若者などの人々に手頃な価格で自転車を提供する機会を創出します。これにより、社会的な包摂を促進し、交通手段へのアクセスを広げます。
  • 公共スペースの美化と安全性: 捨てられた自転車はしばしば公共の場所を占拠し、景観を損ね、交通の障害物となることがあります。自転車引き取りサービスはこれらの問題を解決し、地域の美化と安全性を向上させます。

総括すると、自転車引き取りは環境保護、社会的貢献、美化、安全性の向上に貢献する重要な取り組みであり、不要な自転車を適切に処理するための方法です。

引き取りを依頼するメリット

自転車の引き取りを依頼することにはいくつかのメリットがあります。

  • スペースの節約: 不要な自転車を捨てずに引き取ることで、家やガレージなどの貴重なスペースを解放できます。これは特に都市部やスペースが限られている場所で重要です。
  • 環境への貢献: 自転車は金属やプラスチックのリサイクル素材を含んでおり、適切に処理されることで廃棄物の削減と環境への貢献に繋がります。リサイクルは資源を有効活用する方法です。
  • 社会的貢献: 引き取られた自転車は修理や再利用の対象となり、低所得者や若者に手頃な価格で自転車を提供する機会を提供します。これにより、交通手段へのアクセスが広がり、社会的な包摂が促進されます。
  • コミュニティの美化: 捨てられた自転車はしばしば公共の場所を占拠し、景観を損ね、交通の障害物となります。自転車の引き取りサービスはこれらの問題を解決し、地域の美化と安全性を向上させます。
  • 簡便さ: 自転車の引き取りは簡単で手間がかかりません。専門の団体やサービスに依頼すれば、自分で廃棄物処理の手続きをする必要がありません。

自転車の引き取りを依頼することは、スペースの節約、環境への貢献、社会的貢献、美化、便利さなど多くのメリットがある取り組みです。自転車を捨てる代わりに、これらのメリットを享受する選択肢として検討する価値があります。

引き取りサービスを利用する際の注意点

 引き取りサービスを選ぶ前に、信頼性と評判を確認しましょう。口コミやレビューをチェックし、信頼性の高いサービスを選びましょう。引き取りサービスの料金体系をよく理解し、隠れた料金がないか確認しましょう。料金は引き取られる自転車の数や状態によって異なることがあります。

\ 不用品の処分でお困りの方はPORTEにお任せください!/

自転車引き取りのプロセス

引き取り前の自転車の準備

自転車を引き取りしてもらう前に、必ず「防犯登録の抹消手続き」をしておきましょう。自転車を購入するときに、防犯登録をすると思いますが、例えばその自転車を不要になったからといって、知人などに譲ったとしましょう。その時に、防犯登録を抹消していないと、その知人(次の持ち主)が自転車を盗難したと疑われる場合があります。また、もし自転車が半残に利用された場合、防犯登録により持ち主とされているご自身が疑われることになってしまいます。

知人に譲渡したり、中古として売却したとしても、防犯登録をしたままだと思いがけぬ事態が起こることも考えられます。

防犯登録の抹消手続き方法は、お住いの都道府県によって異なります。地域の「自転車防犯協会」のホームページで事前に確認してください。一般的に手続きは交番や警察署で受け付けていて、本人が自ら行く必要があります。

まず、防犯登録抹消には以下のものが必要なので準備してください。

  • 防犯登録カード(もしくは控え)
  • 防犯登録抹消の対象となる自転車
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・保険証など)

案内に従って必要な書類などに記入し、提出すればOKです。防犯登録抹消手続きには特に費用はかかりません。

引き取り申し込みから引き取ってもらうまでの流れ

自転車の引き取りを申し込んでから引き取られるまでの一般的な流れは以下のようになります。

  • サービスの選択: 自転車引き取りサービスを選びます。信頼性、エリアカバレッジ、料金体系、利用可能な日程などを比較して最適なサービスを選びます。
  • 申し込み: 選んだサービスに申し込みを行います。通常、ウェブサイトやアプリを介してオンラインで申し込みを行うことができます。申し込みには自転車の詳細情報や引き取り希望日時などが含まれます。
  • 見積もりの受け取り: サービスプロバイダーは、申し込み情報に基づいて引き取りに関する見積もりを提供します。料金、引き取り日時、サービスの詳細などが含まれます。見積もりが受け入れ可能であれば、引き取り手続きを進めます。
  • 引き取り日時の調整: 引き取り日時を調整し、自転車の引き渡しの詳細を確認します。サービスプロバイダーとのコミュニケーションがスムーズに行われるようにしましょう。
  • 自転車の準備: 自転車をクリーニングし、必要なら修理や整備を行います。バッテリーがある場合は充電し、鍵や関連する文書を整理します。また、防犯登録している場合は、防犯登録を抹消しておきましょう。
  • 引き取り: 約束した日時に、サービスプロバイダーが自転車を引き取ります。自転車がチェックされ、必要に応じて引き取りサービスの車両に積み込まれます。自転車が引き取られる際に、引き渡し文書や受領書を記入し、自転車が引き取られたことを確認します。サービスプロバイダーとのすべての手続きが円滑に進むようにしましょう。
  • 支払い: サービスプロバイダーに対して引き取りサービスの料金を支払います。支払いは通常、引き取り完了後に行われます。
引き取り後の自転車の行方

自転車が引き取られた後、その行方はサービスプロバイダーや団体によって異なります。以下は一般的な行方のいくつかです。

  • 修理と再利用: 自転車が修理可能であれば、修復作業が行われ、安全に使用できる状態に戻されます。修理後、再利用するために市場に出回ったり、必要な人々に提供されることがあります。
  • リサイクル: 自転車の一部または全体がリサイクルされることがあります。金属部品やプラスチック部品など、再利用可能な素材は別の製品の製造に使用されます
  • 寄付: 自転車がまだ使用可能である場合、団体や慈善団体に寄付され、低所得者や必要な人々に提供されることがあります。これは社会的な支援や交通手段の提供として役立ちます。
  • 部品取り: 自転車が修復不可能な状態である場合、部品は他の自転車の修理に利用されたり、予備部品として保管されたりします。
  • 解体と廃棄: 自転車が劣化や破損が激しい場合、解体されて廃棄物として処理されることがあります。この際に、リサイクル可能な素材は分別されて再利用されます。

自転車引き取りの種類

無料引き取りサービス

まだ使用可能な自転車は、無料で引き取りをしている自治体もあります。引き取り場所に持ち込んだり、粗大ごみ回収時にリユース希望と伝えると、無料で引き取ってリユースされます。ただ、冒頭でも言いましたが、対象となるのは「まだ使える普通の自転車」だけです。サドルやペダルがない自転車や電動自転車、全体的なさびや、フレームに曲がり・へこみがあるなどといったものだと回収できない可能性がありますので、ご自身の自転車が、まだ使用できる状態かどうか確認をしましょう。

 無料で引き取りを考えるのであれば、フリマアプリやネットオークションで売る、ほしい人へ・知人へ譲る、といった方法もありますね。

有料引き取りサービス

一般的には、粗大ごみとして処分する方が多いでしょう。自治体によっては、「指定の場所近くに収集する」「処理場まで自分で持ち込む」など、処分方法によって費用が異なる場合があります。

 自治体指定の環境センターや粗大ゴミ処理場へ自分で直接持ち込んで捨てることもできます。持ち込んだ粗大ごみの総重量によって料金が決まることが多く、10kgあたり50円程度が相場ですが、中には無料で受け付けているところもあります。必ずお住まいの自治体の粗大ごみ案内ページを確認しましょう。

 地域にある不用品回収業者に回収しに来てもらうという処分方法もあります。自転車だけでなく、処分したいものが多い時や、処分を急いでいる・都合の良い日にまとめて処分したいという時は、不用品回収サービスの利用がおすすめです。予定が合えば、電話をした当日に引き取りに来てくれることもあり、簡単に捨てたい方や自分の都合に合わせて捨てたい方から人気があります。自転車のタイヤがパンクしていて自宅からの搬出が難しく、店舗や指定の場所へ持ち込みができない人にもぴったりです。

自転車店やリサイクルショップによる引き取り

古い自転車や壊れた自転車を引き取ってくれる自転車屋さんもあります。店頭へ自転車と処分料金を支払うだけで、簡単に捨てられて便利です。引き取り条件や料金は店舗によって異なり、買い替えであれば無料で処分できることもあります。

大手スーパーが運営しているイオンバイクモール、ホームセンターのカインズ、大手自転車販売店のサイクルベースあさひなどでは、不用な自転車の引き取りサービスを行っています。購入すると無料で引き取りしてくれる店舗もあります。さらに防犯登録の抹消手続きも店舗内でできるので手間が減らせる処分方法です。

状態が良い自転車であれば、リサイクルショップで売って処分する方法もあります。リサイクルショップは、店舗への持ち込みのほか、無料の訪問買取サービスや宅配買取を行っている店舗もあります。

自転車の搬出が難しいという人や少しでも早く自転車を処分したい人は、リサイクルショップなどの買取サービスの利用がおすすめです。特に自転車専門の買取店に持ち込むと適正価格で買い取ってもらいやすいです。

リサイクルショップに持ち込むとその場で査定し、金額に納得出来たら、自転車と現金を交換するという流れになるので、防犯登録の解除は事前に済ませましょう。再販を目的としているため、壊れている自転車やひどく汚れている自転車は買取対象とはなりませんが、子供用自転車や電動自転車も買取対象になります。

引き取りサービスを選ぶポイント

評判や口コミの確認

引き取りを行う業者はたくさんあります。引き取りサービスを利用するとき、優良な業者を選びたいですよね。

 業者選びをする際は、評判や口コミを確認するのがよいでしょう。実際にその業者を利用した人からの口コミ評判ですから、信頼度は高めといってもいいでしょう。

引き取り費用の比較
  • 粗大ごみとして処分する:家の近くまで行政のトラックが引き取りに来てくれますし、処分費用は一般的な自転車は500円~800円、電動自転車は約1200円と他の処分方法に比べて安いのも特徴です。
  • 環境センターへ特設持ち込む:持ち込み処分のメリットは処分料金が安いことで、高くても自転車1台につき500円以内で捨てられます。
  • 不用品回収業者:不用品回収業者によって、料金設定やプランなど異なります。いろんな不用品回収業者のホームページを見比べたり、見積をとって検討するのがよいでしょう。
  • 自転車屋さんなどで引き取ってもらう
店舗名条件処分料金
あさひ買い替え時
引き取りのみ
¥500
¥1,000
イオンバイク新規自転車購入のみ1台無料
ビバホーム当店自転車購入のみ
※持ち込みのみ
無料
カインズ当店対象商品購入のみ無料
サイクルスポット買い替え時
引き取りのみ
¥550
¥1,650
サービスの対応エリアとスピード

粗大ごみや、環境センターへの持ち込みは各自治体で確認いたしましょう。

不用品回収業者は、幅広いエリアが対応エリアになっている業者が多数です。また、不用品回収業者は、都合が合えば当日回収も可能であったりするため、とても利用しやすいサービスだと思います

まとめ: 不要な自転車、正しく引き取ってもらおう

不要な自転車を適切に処分するために、自転車引き取りサービスを検討する際のポイントを振り返りましょう。また、今後の自転車ライフについても考えてみましょう。

引き取りサービスの利用を検討する際のチェックリスト

・自転車の状態を確認し、修理が必要な場合は修理を検討する。

・自転車がまだ動作可能で良好な状態であれば、寄付や売却の選択肢も考える。

・リサイクルセンターへの持ち込みや地域のリサイクルプログラムを検討し、環境に配慮する。

・自転車引き取りサービスを利用する際に、業者の評判や料金体系を確認する。

・サービスが提供されている地域を確認し、引き取り可能な自転車の種類や制限事項を知る。

今後の自転車ライフを考える

新しい自転車を購入する場合、用途や予算に合った選択肢を検討する。

自転車の保守と定期的な点検を行い、長寿命化を図る。

サイクリングや自転車ツーリングなど、自転車を楽しむ方法を探し、健康的なライフスタイルを維持する。

不要な自転車を適切に引き取ってもらい、新しい自転車ライフを楽しむために、上記のアドバイスを参考にしてください。地域のサービスや自身のライフスタイルに合った選択をすることが大切です。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次