ベッド引き取りの手順とコスト: おすすめ業者と注意点も紹介

ベッド引き取りの手順とコストを明示!業者の選び方と注意点も一緒に紹介。安心してベッドを処分しましょう。

 ベッド引き取りの手引き:安く・簡単に処分する方法と費用

ベッド引き取りの基本知識

ベッドを捨てる際に自治体の収集処分以外にも色々な方法があるのはご存知ですか?ベッドは大きさも様々でダブルサイズ以上になると運び出しをするのも大変です。

ベッドの処分方法知ることにより、処分費用を安く抑えたり、運び出しの手間をかけずに処分することも可能です。家具を処分する際に以下のようなことで悩みはありませんか?

組み立て式のベッドなので自分では運べない…

ベッドを売却したいけど、どのような「状態」「ブランド」なら売却できるか?

ベッドを処分したいけど自治体での処分は1ヶ月以上かかる

大量にまとめて処分したい

このようなお悩みをお持ちの方でしたらこの記事を読んでいただければお役に立てると思います。ベッドの処分でお困りの方に向けて詳しく解説していきます。

ベッド引き取りの流れ

自治体の粗大ごみ受付センターに連絡して予約し、回収日・料金・回収場所の確認をする

回収料金分の粗大ごみシールをコンビニなどで購入する

粗大ごみシールをベッドに貼り付ける

回収日時までにベッドを玄関先や指定の回収場所まで運び出す

自治体が回収作業を行う

引き取りにかかる費用の相場
メーカー品目料金と条件
ニトリ指定なし4,400円
(購入家具と同数量もしくは同容量)
無印良品ベッド、マットレス他3,000円
(購入家具と同数量もしくは同容量)
※同種引き取り不可製品あり
イケアソファ、マットレス無料 
(購入家具と同数量もしくは同容量)
※アウトレット商品は対象外
東京インテリア大型家具
(幅+丈+奥行= 300cm以上)
4,000円〜
(購入家具と同数量もしくは同容量)
大塚家具指定なし2,000円〜
(購入家具と同数量もしくは同容量)
ベルメゾンベッドなどの対象家具無料 
(購入家具と同数量)
Amazon無料(地域限定)
(購入家具と同数量)

ベッドの処分方法6選

自治体の粗大ごみ回収を利用する方法

基本的には、粗大ごみ収集を依頼するには、まずお住まいの地区の市区町村にある粗大ごみ受付センター(東京都の場合)へ電話もしくはネットから申込みを行います。 電話では通常「住所氏名、品目(ベッド)、ごみの大きさ」などを伝えます。 申込みの電話をかける前にベッドの大きさを測っておくか、サイズを確認しておくと安心です。

不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者を利用してベッドを処分する方法があります。

メリットは、どんな状態のベッドであっても回収してくれて、家の中からの運び出しも行ってくれる点でしょう。費用は業者によって異なりますが、5,000円〜10,000円程度です

また、買取を行っている業者も多く、状態がよければ処分費用がかからず、買い取り代金が手に入ります。もし査定で買取ができないとなっても、回収費用を払えば処分してもらえるので手間もかかりませんね。

デメリットとしては、買取ではなく処分するときの費用が自治体の料金よりも少々高くなってしまうことです。しかし、自治体の処分のように、自身で運搬する必要が全くないので、手間はほとんどかかりません。

買い替え時に店舗で引き取ってもらう方法

家具を購入する際に、引き取りを希望している旨を伝えます。

後日、家具納品の際に業者がベッドを回収してくれます。

リサイクルショップに買い取ってもらう方法

大きな店舗を構えている会社は、それだけ人件費や家賃がかかっています。そのため、あまり高く買い取りをしてもらえない・・・という事もあります。また、多少の汚れや染み、汗の臭い、へたりで大幅に査定額が落ちるところもあります。

オンラインマーケットで販売する方法

インターネットを利用して、自分で売る方法があります。

仕事が忙しくない人、時間をかけてでもなるべくベッドを高く売りたい!!という方にはオススメの方法です。 写真の撮り方や、値段の付け方などに工夫が必要になります。

時間と手間がかかるので、あまりオススメできません。

おすすめのベッド引き取り業者

業者選びのポイント

ベットを処分する際、適切なベット引取業者を選ぶことは重要です。適切な選択をすることで、環境への負荷を減らし、スムーズな処分が可能になります。以下は、ベット引取業者を選ぶ際のポイントです。

ベッド引き取りの際の注意点

ベット(ベッド)を処分したい場合、正しい方法で手続きを行うことが重要です。ベットの引き取りに関する以下の注意点を確認しましょう。

ベットのタイプを確認する: まず、どの種類のベットを引き取りたいかを確認しましょう。ボックススプリング、マットレス、ベッドフレームなど、ベットにはさまざまな種類があります。

ベットの状態を確認する: 引き取り先によっては、ベットの状態が問題になることがあります。ベットが損傷していたり、汚れていたりする場合、引き取りが難しいことがあります。ベットをきれいに保つことが大切です。

引き取り先を選ぶ: 引き取り先として、地元のリサイクルセンターや寄付団体、家具引き取り業者、またはゴミ収集サービスを検討しましょう。選択肢を比較し、ベットの種類と状態に適した引き取り先を選びましょう。

予約と手続き: 引き取りをスケジュールするために事前に予約を行い、必要な手続きを済ませましょう。引き取り先には、引き取り日時と要件について確認を行ってください。

部屋の配置を確認する: ベットが配置されている部屋のアクセスを確保しましょう。引き取り担当者がスムーズにベットにアクセスできるよう、他の家具を移動させる必要があるかもしれません。

安全性を考慮する: 引き取り作業中に安全に気をつけましょう。引き取り担当者に作業の際の安全を確保するための指示を出すことが大切です。

費用に注意する: 引き取りには費用がかかることがあります。引き取りサービスや業者によって異なるため、費用について確認しましょう。

書類を保管する: 引き取りの際、受領書や書類を受け取り、引き取りが正式に完了したことを証明できるようにしましょう。

ベットの引き取りを計画する際、地域の規制やルールに従いつつ、環境に配慮した方法で処分することが大切です。正しい手続きを行い、ベットを効果的に引き取りましょう。違法な不用品回収業者には注意し、買取価格がつかないベッドの特徴も把握しておきましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次