電子レンジの正しい処分方法:無料から有料まで6つの選択肢

電子レンジの処分を検討中?小型家電リサイクル法の対象や、費用、おすすめの不用品回収業者まで詳しく紹介。安心して処分を進めるための情報を提供。

電子レンジの正しい処分方法:無料の方法、処分費用の相場、おすすめの不用品回収業者を紹介

電子レンジは無料で処分できるのか?費用がかかるならできるだけ安く処分したい!

そう思われている方は多くいるのではないでしょうか。

電子レンジは家電リサイクル法に定められていない品目ですが、小型家電リサイクル法法律の対象品目のため、定められた処分方法を行う必要があります。

不燃ごみ・粗大ごみとして出す以外にも、さまざまな処分方法があります。家電量販店に下取りを依頼できるほか、リサイクルショップや不用品回収業者の利用も可能です。

ここでは、電子レンジの適切な処分方法をご紹介していきます。ご自身に合った方法で処分していきましょう。

電子レンジの処分方法は大きく6つ

1. 自治体の定めた回収方法で処分する

ほとんどの自治体では粗大ごみとして扱っています。一般的に、粗大ごみの出し方は以下のようになっています。

①自治体の粗大ゴミを受け付けてくれるセンターなどに問い合わせ

②センターで確認した金額の粗大ゴミの処理券をコンビニなどの販売店で購入

③粗大ゴミの処理券を電子レンジの見えやすい部分に貼り付ける

④収集日に指定の場所に電子レンジを置いておく

電子レンジや電子オーブンレンジの粗大ごみ収集の料金や回収日は自治体によって異なります。月に一回としている自治体も多いため、申し込み忘れには注意しましょう。自治体によっては、札幌市のようにほとんどの家電を無料回収して、資源ごみとして扱っているところもありますので、自治体のホームページを確認して、料金や捨て方を確認してください。

2. 家電量販店に引き取ってもらう

すぐに処分できる方法として最も一般的な方法は、家電量販店に処分を依頼する方法です。家電量販店は買い替えの際に下取りをして、下取り金額を購入金額から値引きしています。値段が付かない電子レンジでも無料で処分してもらえます。

ただし店舗ごとに対応が変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

3. リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップリサイクルショップには、買取専門店と家電量販店のどちらでも買取してもらえなかったものを持ち込んでみましょう。では古いモデルや、安価なモデルでも買取してもらえる可能性があります。

4. オークションサイトやフリマアプリに出品する

オークションサイトやフリマアプリに出品し、他の人に販売することで、電子レンジを処分できます。

まだ使える電子レンジであれば、製造年月日が古い物や多少状態の悪い物でも売れる可能性があります。リサイクルショップで買取不可だった電子レンジでも出品できますし、リサイクルショップの見積もりよりも高値で売れる可能性が高いです。売れなければ処分できませんが、処分方法のなかで最も利益を得やすい方法かもしれません。

出品や梱包、発送、購入者とのやりとりなどを自分で行う必要がありますが、少しでも高値で売りたいなら、オークションサイトやフリマアプリを使うのがおすすめです。状態が良いと買取価格も大幅に上がります。

おすすめのフリマアプリには、以下の3つがあります。

  • メルカリ
  • paypayフリマ
  • 楽天ラクマ

おすすめのオークションアプリには、以下の2つがあります。

  • ヤフオク!
  • モバオク
5. 不用品回収業者に依頼する

電子レンジを処分したい時には、不用品回収業者に回収を依頼する方法もあります。

不用品回収業者は、粗大ごみをはじめとする家具・家電の処分を請け負います。自治体に依頼するよりもスピーディで、面倒な手続きを省けるのが利点です。

メリットは、自治体のリサイクルの日を待たずに処分できること、他の家具などの不用品回収もしてくれるので不用なものを一気に処分ができることです。

電子レンジのみ回収の場合は割高になるケースがあるので、必ず見積もりを確認してから依頼しましょう。

注意点として、不用品回収業者のなかには自治体の許可を得ていないところもあります。「無料回収」をうたう業者には要注意です。後から高額な料金を請求されたり、不法投棄に加担したりする可能性があるため、怪しい業者には依頼しないようにしましょう。

6. 使える状態のものは友人や知人に譲る

使える状態の電子レンジであれば、友人や知人に譲るのもいいですね。自分たちで運搬などが必要かと思いますが、知っている人に譲る・知っている人からもらうというのが一番安心安全でしょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン

電子レンジは「小型家電リサイクル法」を守って処分しよう

小型家電リサイクル法とは?

従来、小型家電は各自治体の処理方法に基づき、廃棄物として大半が処分されてきました。

これらの小型家電には、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルと言われる有用な金属などが含まれ、日本で1年間に使用済みとなる小型家電は65万トン、そのうち有用な金属は28万トン(金額にして年間約844億円分)といわれています。

これが、いわゆる「都市鉱山」と呼ばれる問題です。

この「都市鉱山」に埋もれた有用な資源をリサイクルするため、2013年(平成25年)4月1日より「使用済小型家電電子機器等の再資源化の促進に関する法律」(通称:小型家電リサイクル法)が成立しました。(一般社団法人 小型家電リサイクル協会HPより)

小型家電リサイクル法の対象品目には、次のようなものがあります。

  • パソコン
  • デジタルカメラ
  • ゲーム機
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • 電子辞書
  • 電源アダプタ
  • 電子レンジ など

電子レンジも小型家電リサイクル法の対象製品となっています

上記のように小型家電リサイクル品の回収は多くの方法がありますが、自治体によっては扱っていない方法があります。取り扱い品目や回収方法を事前に確認しておきましょう。

電子レンジの処分にかかる費用は?

無料で処分する方法

電子レンジは粗大ごみに該当するものがほとんどであるため、無料で処分する方法は限られますが、不可能ではないでしょう。

1.家電量販店での下取り・引き取り

新しい電子レンジと引き換えに下取りしてもらうことができれば、新しい電子レンジを安く手に入れることもできますし、買取価格がつかなくとも無料で引き取ってくれる場合があります。

ただ、無料で引取を行っている家電量販電もありますが、同店舗で新しく電子レンジを購入した場合に限り行うサービスがほとんどなので、まずは、店舗へ確認をしてみましょう。

2. オークションサイトやフリマアプリで出品する

いつ売れるか明確ではありませんし、送料や手数料はかかる可能性がありますが、その分の金額で売却することができれば無料、場合によっては利益になり処分することができます。

3. リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップで買取してもらうことができれば、無料どころか利益になりえます。ただ、買取ができない場合もあるので、リサイクルショップで買取ができなかった場合、フリマアプリなどで売るという順がよいでしょう。

処分にかかる平均的な費用

家電量販店でも、回収のみのサービスを利用するとなると、費用も掛かってきます。

お店によって、引取のみの場合。出張料に加え2,000円~の処分費用がかかったり、ひと箱2,000円程度の宅配回収サービスがあったり、店舗に持ち込みに限り1,000円で回収・出張場合、別途料金が加算、などがあります。

不用品回収業者に依頼する場合は、業者によってプランや金額が異なるので、不用品回収業者のサイトや電話問い合わせなどで、事前に予算感を知るのが一番良いでしょう。

家電量販店、ホームセンター、通販のリサイクル料金比較

【家電量販店】

店舗名条件等回収費用
エディオン縦+横+高さの合計が120cm以下で重さが10kg以下 ほか¥550
ビックカメラ梱包状態で3辺160cm・30キロ以内¥1,958/1箱
ケーズデンキ対象は家庭用電気製品に限ります。¥2,200
ヤマダ電機料金は店頭お持込の際の料金となります。¥1,100
ノジマ取り扱いなし
ヨドバシカメラ240㎝以下かつ30㎏以下¥2,200

【ホームセンター】

カインズ:無料引き取りサービスを実施。最寄のカインズ店舗にお持ちいただければ店舗スタッフが回収を承ります。 ご来店いただく前に回収希望の品が無料引取り可能かどうかを、最寄の各カインズ店舗までお問い合わせください。

※カインズ店舗で対象の商品をご購入いただいた場合に限ります

島忠ホームズ:お買い上げいただいた商品と同等・同数の引取りを無料にて承ります。

※店舗までお持ちいただいたものが対象です。※通販サイトのご利用は対象外です。

【通販】

ジャパネット:下取り対応商品と記載の商品を購入することで、不要となった電子レンジを下取りもしくは引取を行います。

※下取り回収料金900円が別途必要です。

優良な不用品回収業者を選ぶ3つのポイント

ポイント① 無許可の業者を選ばない

無許可の業者は廃棄物を不適切に処理する可能性が高く、これは環境に悪影響を及ぼすことがあります。また、無許可の業者は業界の規制に従っていないため、サービスの品質や信頼性に不確実性があります。許可を持つ業者は通常、一定の基準を満たす必要があり、信頼性のあるサービスを提供する傾向があります。

不用品回収は時には危険な作業を伴うことがあり、無許可の業者が必要な安全対策を講じていない可能性もあり、これは事故や怪我のリスクを高めることがあります。

さらに「無料」をうたっている不用品回収業者がいたら、要注意です。

ポイント② 複数社で見積り書の作成を依頼する

不用品回収を業者に依頼する際は、必ず見積もりを取ってからとりようにしましょう。

複数の業者で見積もりを取ることで、最も料金が安くサービスの質が高い業者を選びやすくなります。複数社の見積もりがあれば、値引き交渉しやすくなります。 口頭だけでは証拠が残らず、作業後に高額請求されるなどトラブルの原因になりうるので、形に残すことが大切です。

ポイント③ 回収できる品目を確認する

「なんでも回収してくれる業者を探している」といっても、あなたがどのようなものを処分したいかによって、依頼すべき業者は異なります。また、業者によって得意ジャンルもさまざまです。

ホームページの作業実績を確認し、自分が依頼したいサービス内容の実績が豊富かどうかも、依頼先を判断するポイントの一つになるでしょう。

電子レンジを処分する際に確認すべき注意点

状態が悪いものは自治体のルールに従って処分する

電子レンジが故障している、再販売できる状態ではないなどの場合、ゴミとして捨てる必要があります。

自治体ごとに、電子レンジが燃えないゴミなのか粗大ゴミなのかが異なります。例えば、粗大ゴミでしか出せない自治体で燃えないゴミとして出すと回収してもらえず、不法投棄の疑いをかけられる可能性があるため注意が必要です。

家電リサイクル券は不要

家電リサイクル券が必要な家電は、家電リサイクル法で定められ対象となっている、エアコン・テレビ・冷蔵庫/冷凍庫・洗濯機/衣類乾燥機であり、電子レンジはこれに該当せず、小型家電リサイクル法の対象家電となるため、家電リサイクル券は必要なく、処分することができます。

まとめ

電子レンジの処分方法は多岐にわたるが、適切な方法を選ぶことが環境保護に繋がる。

電子レンジの適切な処分は環境保護に不可欠です。使い古しの電子レンジは、リサイクルを通じて貴重な資源を再利用し、新たな原材料の採掘を減少させる機会です。

また、電子レンジ内には有害物質も含まれているため、正しい処分が地球環境への負荷を軽減します。地域の廃棄物管理規制に従い、許可を持つ業者を利用することが法的リスクを回避する方法でもあります。最も適切な処分方法を選ぶことは、私たちの持続可能な未来に対する貢献となります

小型家電リサイクル法を理解し、法に従った処分を心がけることが重要。

小型家電リサイクル法は環境保護と資源の有効活用を促進します。家電製品を適切にリサイクルすることで、有害物質の拡散を防ぎ、貴重な資源を再利用できます。法的な要件を守り、認可された業者を選ぶことは、環境への配慮と法的リスクを回避する手段です。小型家電の廃棄物を処分する際には、法に従い、持続可能な行動を心掛けましょう。

複数の不用品回収業者から見積もりを取得し、信頼性や費用を比較して選ぶことがおすすめ。

不用品回収業者を選ぶ際、複数の見積もりを取得し、信頼性と費用を比較することが賢明です。これにより、最適なサービスを選び、予算内で効率的な不用品処分が可能になります。信頼性の高い業者を選ぶことは、貴重な財産や環境に対する保護にもつながります。選択肢を比較し、最適なパートナーを見つけましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次