電子レンジ回収業者の選び方: 信頼できる業者の特徴と利用メリット

電子レンジ回収業者の選び方を紹介。信頼できる業者の特徴と利用メリットを詳しく解説します。

電子レンジ回収業者の選び方と利用方法

引っ越しや、電子レンジを新しく買い替える際に、面倒なのが不要になった電子レンジの処分です。各自治体によって処分方法が異なるので、処分するのが面倒な家電です。

そこで今回は、引っ越しや電子レンジを買い替える際に、不要になった電子レンジを引き取ってくれたり、買い取ってもらえる家電量販店や不用品回収業者に依頼する処分方法を紹介していきます。

ぜひ参考してください。

電子レンジの適切な処分方法

電子レンジの処分方法概要

電子レンジは「小型家電リサイクル法」にて処分方法が指定されている家電です。

電子レンジを処分する方法は主に5つです。その5つの処分方法を紹介します。

家電量販店へ下取りに出す方法

家電量販店は買い替えの際に下取りをして、購入金額から下取り価格を値引きしています。値段が付かない電子レンジでも無料で処分できる可能性があります。

店舗によって条件が異なるので、事前にホームページなどで確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する方法

一切手間をかけたくないという方や、引っ越しなどですぐに処分したいという方は、不用品回収業者に依頼しましょう。電子レンジ以外に処分したいものがある方は、その回収も依頼できるのでとても便利です。

回収は不用品回収業者が家にきて全て作業してくれるので、手間はかかりません。

不用品回収業者に依頼しようと考えている方は、買取も同時に行っている業者に依頼すれば、よりお得に処分ができる可能性があります。

粗大ごみ・燃えないごみとして処分する方法

電子レンジは粗大ごみもしくは、燃えないごみとして処分することが可能です。自治体によって、粗大ごみ扱いか燃えないごみ扱いかは違いますので、お住いの自治体に確認しましょう。

冷蔵庫・洗濯機などの電化製品は家電リサイクル法により、粗大ごみに出すことができません。対して電子レンジは小型リサイクル法対象の品目なのでゴミとして捨てられます。

小型家電のリサイクルを推進している自治体にお住まいの場合は、電子レンジをごみに出すのではなくリサイクルしましょう。

オークションサイトやフリマアプリで販売する方法

まだ使える状態の電子レンジでしたら売ることもできます。

インターネットの普及によりリサイクル市場などもオンライン化が進んでいます。中でも買い手が多いのがオークションサイトやフリマアプリです。例として、メルカリ、ヤフオク、ラクマといったサイトやアプリがあります。

リサイクルショップに持ち込み、買取りを依頼する方法

リサイクルショップに買取りしてもらうのも一つの手です。

先程紹介したオークションサイトやフリマアプリでは、売却の際に自分で梱包をし発送する手間があります。リサイクルショップは商品を持ち込めば、買い取ってくれるのでその手間はありません。

しかし、古い型番だと買取価格が付かず、買取を断られてしまうなど値落ちが激しいのもリサイクルショップの特徴です。

無料で処分する方法

電子レンジを無料で処分する主な方法は、先程案内した

・オークションサイトやフリマアプリで販売する方法

・リサイクルショップに持ち込み、買取りを依頼する方法

です。

オークションサイトやフリマアプリで販売すると、梱包・発送などの手間がかかるので、リサイクルショップに持ち込む方が手間が少なく済むかもしれません。

処分にかかる費用と相場

有料の処分の場合のまとめです。

粗大ごみ

費用相場: 500円~1,000円

特徴: 回収日が決まっているため、出し忘れや申し込み忘れに注意する必要があります

不用品回収

費用相場: 3,000円〜10,000円

特徴: まとめて処分したいものがある場合に便利です

家電量販店

特徴: 1,000円~2,000円 家電引き取りのほか、下取りサービスも費用を安く抑えられます

\ 不用品の処分でお困りの方はPORTEにお任せください!/

回収業者を利用するメリット

回収業者のサービス内容

不用品回収業者は、電子レンジなどの不用品を基本的に何でも回収・処分をしてくれます。その他にも室内からの運び出し作業まで対応してくれる場合がほとんどです。不用品回収業者に依頼すれば手間がかからず電子レンジなどの処分が可能です。

また、粗大ゴミは回収日が決められているので、その回収日に都合が合わないと処分に期間かかる場合があります。急ぎの場合は困ってしまうでしょう。しかし不用品回収業者の場合、業者によって違いはありますが、即日回収が可能な場合があるので、手早く電子レンジなどの家電の処分ができるでしょう。

回収業者を利用する利点

安全かつ適切な処分が期待できる

不用品回収業者は大きいもの・重たい物の処分をするプロです。

自分がけがをする危険性もなく、安心して任せることができるでしょう。

また、処分に関してもその道のプロですので適切な処分をしてくれます。

コストパフォーマンスが良い

不用品回収業者に依頼すれば、室内からの運び出し作業、回収、処分まで一通りの流れをすべて対応してくれるので、費用はかかりますが、電話やメールだけでこの対応を依頼できると依頼できれば、コストパフォーマンスは非常にいいと言えるでしょう。

不用品回収業者の中には、買取などを行っている業者もあるので、まだ使えるような物の回収を一緒に依頼すれば、割引対応などしてくれる可能性もあります。

すぐに処分ができる

電子レンジなどを処分するには、自治体に依頼する場合や、自分で販売する場合でも基本的にある程度時間と手間がかかります。引っ越しなどで急いで処分したい場合は利用できない可能性もあるでしょう。しかし不要品回収業者であれば、依頼した当日中に回収・処分できる業者もあるので、他の処分方法に比べて時間がかからず処分ができます。

回収業者に依頼する際の注意点

無許可の業者や悪徳業者が存在する

不用品回収業者に処分してもらうのはとても便利で楽ですが、無許可の業者や悪徳業者が多いのが注意点です。これに関して、市区町村などのHPでも無許可業者の注意を促している所もあります。不用品回収業は、軽トラック1つあれば簡単に始める事ができる為、無許可で営業している業者が多いというのが現状です。

特にスピーカーなどで大音量で「無料で回収」などとうたっている業者には注意が必要です。

こういった業者は、積み込みは無料だが、廃棄にはお金がかかるといって後から請求されるケースが多いので注意しましょう。

回収業者の選び方

信頼性の確認方法

不用品回収業者は、とても「楽」に「便利」に棚などを処分してもらえる業者です。

しかし、悪徳な業者も存在している為、信用できる優良な不用品回収事業者かどうか見極める為に「許可」があるかどうか確認する必要があります。

不用品回収業を行うためには、「古物商許可」もしくは「一般廃棄物処理業許可」や委任状を市区町村や都道府県の公安委員会から受けていなければなりません。

悪徳な回収業者は、これらの許可を受けていない場合があります。不用品回収事業者に問い合わせる前に回収業者のホームページなどを見て許可の有無を確かめておきましょう。

評判と口コミの活用

業者のホームページや集客サイトには、サービス利用者からの口コミが掲載されていることがあります。

実際に利用した人による評価で、作業の品質や業者の対応、料金の妥当性などをうかがうことができるでしょう。業者が口コミに対して回答をしていることもあり、対応の丁寧さまで推測できるかもしれません。

口コミ評価がなるべく高い業者を選ぶようにして、全体の口コミ数に対して悪い評価の割合が高い業者は避けた方が無難です。

また、口コミの更新頻度が高いほど、顧客からの声に対して真摯に向き合っている姿勢が感じられるので、そういう業者を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

複数業者の比較と選定

不用品を処分するときは、できるだけ複数の業者に見積りを依頼した方がいいでしょう。

複数業者に依頼し比較することで、主に以下のメリットがあります。

相場より著しく高い業者を見分けられる

料金相場を知った上でお得な業者を探す事ができる

業者のホームページ上で料金が明示されていないところも存在するため、事前の見積りは必須です。

見積書の各項目に目を通し、曖昧な記載がないかどうか注意しましょう。

その他に注意すべき点としては、まれに見積り自体に料金がかかる業者があるので、見積り後のキャンセルが可能かどうかも含め、問い合わせの際によく確認してください。

おすすめの電子レンジ回収業者

業者1の特徴とサービス内容

ヤマダ電機

ヤマダ電機では、家電買取キャンペーンを実施していて、電子レンジも対象にです。買取にはいくつかの条件があり、それらを満たしていれば、最大2,000円で買い取りしてくれるようです。

また、買い取った電子レンジは自社工場で中古品として再商品化されるそうで、リサイクルにも力を入れていることがうかがえます。

「買い取りの条件」

・現在使用できるもの

・買取対象製造年式の範囲内の家電(2020年製~2013年製)

・本体に破損、変色、色あせ、サビがない製品・電源コード及び、製品ごとに指定された付属品がある家電

業者2の特徴とサービス内容

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは、使用ずみ小型家電の引き取りをおこなっており、電子レンジもその対象です。

「引き取りの条件」

3辺合計が240cm以下かつ重量30kg以下(超過した場合は追加料金が発生)

料金2,200円(回収のみでの訪問の場合、別途出張費用2,200円が発生)

※一部対象外のエリアがあり、事前に店舗に確認しましょう。

業者3の特徴とサービス内容

ケーズデンキ

ケーズデンキでは、使用ずみ家電製品のリサイクルを推進していて、使用ずみ電子レンジの引き取りも行っています。

「引き取り方法」

使用済み電子レンジを最寄りのケーズデンキに持ち込む。

料金2,200円(引き取りのみの訪問の場合は、別途追加料金が発生)

よくある質問と回答

回収業者の利用料金は?

主な相場は3,000円〜10,000円のようです。ただし回収を行う建物にエレベーターがあるか、電子レンジの大きさや重さによって料金が変動する可能性があります。

即日回収は可能?

即日回収は基本的に可能なところが多いです。業者に電話やLINEなどで問い合わせて、見積もりと回収を即日に同時で行えるか確認しましょう。

大量の電子レンジ回収も対応?

基本的に可能な回収業者が多いです。料金と回収可能日は見積もり事によく確認しましょう。

まとめ

電子レンジの適切な処分方法を理解する

電子レンジは自治体によって不燃ゴミ扱いか粗大ゴミ扱いかが異なります。自分で処分する場合はよく確認してから処分しましょう。他にも不用品回収業者に依頼したり、自分でオークションなどで売る方法があります。自分の都合に一番あった方法で処分しましょう。

回収業者の利用が効果的である理由

処分方法の中でも、一番おすすめなのは不用品回収業者に依頼する方法だと思います。

「楽に」「すぐに」「手軽」に処分が可能なので、忙しい現代人には一番あった方法です。

信頼できる回収業者の選び方のポイント

信頼できる不用品回収業者を選ぶには、必ず事前に「古物商許可」もしくは「一般廃棄物処理業許可」を持っているか確認し、インターネットで口コミなどを調べ、評判がいい業者を選ぶようにしましょう。

よくある質問とその回答を確認する

・一番お得に電子レンジを処分する方法は何ですか?

処分方法は色々な方法があります。そのため、一概にこれがいいとは言えませんが、手軽さやコスパを考えると不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

・色々な所で電子レンジの引き取りをしているけど何が違うのですか?

主な違いは、かかる手間、金額です。また引き取りの方法も、買取・有料引き取り・下取りと様々です。

・すぐに電子レンジを処分したい場合の方法は?

一番手間をかけず、すぐに電子レンジを処分するには、不用品回収業者を使いましょう。即日対応可能な業者もあるので、すぐに引き取ってもらうことが可能です。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次