シーリングライトの処分:方法、費用、リユースの知識

シーリングライトの処分に迷ったら。正しい方法、必要な費用、リユースのコツを明確に提示。環境に優しい処分方法で悩みを解消します。

シーリングライトの処分の仕方:正しい方法、コスト、そしてリユースの秘訣

シーリングライトの処分に困っていませんか?

この記事では、シーリングライトの処分方法を紹介していきます。

自治体でシーリングライトを処分する時の注意点なども詳しく紹介していきますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

正しいシーリングライトの処分法を覚えておくと、必ず役に立ちます。

記事を読んで、自分に合った方法でかしこくシーリングライトの処分を行いましょう!

シーリングライトの正しい処分方法

粗大ゴミとしての処分

もっともシンプルな方法は、自治体に粗大ゴミとして出す方法です。

粗大ゴミの基準に満たない場合は燃えないゴミとして、ゴミ袋に入れて処分することになります。

自治体によって、粗大ごみの基準は1辺が30cmだったり、50cmだったりと様々ですので、必ず自治体の指示にしたがって処分を行いましょう。

粗大ごみ受付センターは基本的にはネットからでも電話でも受付可能です。

粗大ゴミの手数料は大きさによって異なりますので、手数料の額が分からない場合は、申し込みをする際に忘れずに確認しましょう。

自治体の粗大ゴミに出すのは、手順が多少面倒というデメリットがありますが、手数料が比較的安く自治体に処分してもらえるため、安心というメリットがあります。

最も一般的な処分方法とも言えるため、粗大ごみの処分に慣れている場合は、自治体で処分することをおすすめします。

不燃ゴミとしての処分

お住まいの自治体の指定ゴミの捨て方に従い、燃えないごみとして回収してくれます。

指定の有料ゴミ袋がある場合は、ゴミ袋に入れることができれば回収してくれる場合がほとんどです。

シーリングライトのサイズによっては、ゴミ袋に入れるのが難しい場合もありますが、できる範囲で解体してゴミ袋に入れることができれば回収してくれます。

小型家電回収ボックスでの処分

シーリングライトなどの照明器具は、小型家電リサイクル法の対象商品です。

小型家電には鉄や銅はもちろん、金や銀、レアメタルと呼ばれる金属などが含まれているケースがあります。

市役所やショッピングモールに持っていき、設置してある小型家電回収ボックスに入れることで、無料でシーリングライトを処分することができます。

リサイクルショップやフリマアプリでの売却

近隣のリサイクルショップ)やフリーマーケット、Web上のフリーマーケットアプリなどで販売できます。

おしゃれなデザインの物やリユース可能な物(購入してからあまり時間の経っておらず状態が良い物)は、売却できる可能性が高いでしょう。

まだ使える電球があるのであれば一緒に販売するのも良いでしょう。

不用品回収業者に依頼する方法

まだ使えそうなシーリングライトは、不用品回収のプロに依頼して引き取ってもらいましょう。

不用品回収に依頼すると、自治体に連絡して引き取り期間を確認したり、ごみ処理券を購入して貼ったりするなどの手間がかかりません。

回収日を待つことなく、あなたの都合の良い日程で予約をとることができますので、スムーズに処分できるでしょう。また、中古ショップに運び入れたり、フリマアプリの写真撮影したりする必要もないので、とても楽に済むはずです。

\ 不用品の処分でお困りの方は安心&安全のPORTEにお任せください!/

シーリングライト処分の際の注意点

シーリングライトの取り外し方

シーリングライトを取り外すには、「照明カバーの取り外し」「コネクターの解除」「ライト本体の取り外し」「アダプターの取り外し」という順序でおこないます。

また事前に電源を切っておくのも忘れないようにしましょう。

電球や蛍光灯の取り扱い

電球や蛍光灯には非常に割れやすく、取り外しの際はもちろんのこと、粗大ゴミや燃えないゴミとして提出する際も、割れないようにして注意して扱いましょう。

特に蛍光灯には少量ではありますが、水銀が使われています。水銀中毒になるほどの量ではありませんが、割った時に備えてしっかりと窓は開けて喚起をしておきましょう。

処分方法による分別の違い

粗大ゴミや燃えないゴミとして廃棄する場合は、シーリングライト本体と電球を分けて捨てる必要があります。

シーリングライト本体は上記で解説したとおり、自治体の指示にしたがって廃棄します。

電球や蛍光灯は、燃えないゴミか資源ゴミに分別されることが多いです。

電球類がどちらに分別されるかは自治体のルールを確認しましょう。

電球や蛍光灯を捨てるときは、購入時の箱あるいは緩衝材や紙で全体を覆い袋に入れて処分します。

燃えないゴミの場合、他の燃えないゴミと一緒にせず分別して、「キケン」と書いた紙を袋に貼り付ける必要があるところも多いです。

シーリングライトの処分費用について

各処分方法の費用相場

自治体の粗大ゴミに出す:250円〜400円

買い換えるタイミングでお店に引き取ってもらう:550円〜1,100円

フリマアプリ・ネットオークションで売却する:1,000円程度(送料・手数料)

不用品回収業者に依頼する:3,000円〜

無料で処分する方法は?

リサイクルショップで買取が出来れば、お得に処分が出来ますね。

シーリングライトのリユースとリサイクル

リサイクルショップでの売却方法

複数のリサイクルショップへ持ち込みの上、査定しもらいましょう。

フリマアプリやオークションサイトでの売却方法

リサイクルショップを利用するのが面倒な方はフリマアプリで売ることも可能です。ご自分の好きな価格をつけられるので、リサイクルショップよりも高く売れることもあります。

ただしこの場合は素人同士での取引となるため、シーリングライトの寿命が分からなかったり、発送の際に破損したりと、トラブルが起こりやすいです。気を付けて利用しましょう。

ご自分で梱包やメッセージをするのが苦ではない方は、一度フリマアプリを使用してみてはいかがでしょうか。

シーリングライト処分のよくある質問

シーリングライトは何ゴミに分類される?

シーリングライトは粗大ゴミか燃えないゴミに分別されることが一般的です。

どちらに分別されるかは自治体によって異なりますが、一般的には30cmを超えるものは「粗大ゴミ」に分別されます。

シーリングライトの処分で失敗しないためのポイントは?

一般的には粗大ごみとして処分するのが一番費用を抑えられて、手軽でおすすめですが、お引越しや模様替えなどで他の不用品と一緒に処分する場合は、電話1本で駆けつけてくれますし、手間がかからずまとめて処分できるので非常に便利です。

まとめ

シーリングライトの処分方法は多岐にわたり、粗大ゴミとしての処分や不燃ゴミとしての処分、リサイクルショップやフリマアプリでの売却などがある

一般的な自治体の粗大ごみとしての処分や自治体によっては不燃ごみで処分できる場合もありますね。

うまく処分できれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる場合もありますので、リサーチしましょう。

処分方法によって必要な費用も異なり、無料で処分する方法もあれば、一定の費用がかかる方法もある

粗大ごみは処分費、フリマサイトは手数料が発生します。

不燃ごみで無料で出せる自治体もありますので、確認が必要です。

シーリングライトの取り外しや電球、蛍光灯の取り扱いには注意が必要であり、適切な知識と方法が求められる

電球や蛍光灯には非常に割れやすいため、取り外しの際や粗大ゴミや燃えないゴミとして提出する際も、割れないようにして注意して取り扱いましょう。

特に蛍光灯には少量ではありますが、水銀が使われています。

水銀中毒になるほどの量ではありませんが、割った時に備えてしっかりと窓は開けて喚起もする必要があります。

近くに子供がいても危ないので、その点もしっかり気を配りましょう。

また電球がシーリングライトに付いているタイプの物を処分する際は、電球は取り外して別々にして処分をしましょう。

リユースやリサイクルを考慮する場合、リサイクルショップやフリマアプリなどを利用すると効果的

もしまだ使用が可能な場合はリサイクルショップやフリマアプリなどを利用すると次の方にまた使用してもらえて、お得に処分が出来ます。

シーリングライトの処分に関する正確な情報と適切な方法を知り、環境に配慮した処分を心がけましょう

シーリングライトはまだ使用できる場合はリサイクルショップや処分する場合は粗大ごみや不用品回収業者に依頼して不法投棄をせず正しくお得に処分しましょう。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次