食洗機の処分方法とは?手順と費用相場をプロが解説!

食洗機を処分する際の手順と費用相場を知りましょう。自治体のルール、回収業者の利用、リサイクルショップの活用方法を紹介します!

食洗機の処分方法と費用相場は?タイプ別の捨て方とお得に手放す方法を解説!

家事の中で、一番面倒な家事としてあげられるのが食器洗い。

家族の人数が増えるほど食器の枚数は増えてしまいますし、家事の負担軽減を目的に食洗機を選ぶご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、食洗機にも寿命があり「食洗機を捨てたいけれど方法がわからない」「買い替えできる?」「リサイクルできる?」食洗機の廃棄に関する疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ものの循環を目的にしたリサイクルが重視されるようになり、食洗機も対象となるのか気になるはずです。

また、まだ使えるものはどんどんリユースすることも大事ですね!

この記事では、食洗機の処分方法やリサイクルについてご紹介します。

目次

食洗機の廃棄方法

食洗機はどのように処分するのでしょうか?

 自治体のルールに従い、ごみとして出す

自治体のごみのルールに従ってごみとして処分する場合、2つの方法があります。

粗大ごみ】として処分する場合、処分手数料がかかります。

申込から運搬まで、ご自分で手配が必要となります。

小型家電リサイクル法】を積極的に行っている自治体では、持ち込む手間はありますが、基本的には無料で処分が出来ます。

回収方法は、小型家電回収ボックスやステーション集団回収などさまざまで、大きさの基準が設けられています。

1辺の長さが30㎝または50㎝を超えると受け付けてもらえないことが多いので、注意しましょう。

事前に市町村のお知らせを見たり、役所へ問い合わせましょう。

食洗機はタイプによって捨て方が違う

サイズによって捨て方が異なります。

比較的コンパクトな食洗機ですと、小型家電リサイクル法の処分方法にて無料で処分ができます。

サイズの基準を超えると粗大ごみとしての処分になり、処分手数料がかかります。

食洗機処分にかかる料金

では、実際に処分するときの料金を見てみましょう。

食洗機には2つのタイプがあり、据え置き型とビルトインのタイプ、それぞれ料金体系が異なります。

据え置き型食洗機

据え置き型の食洗機は、ご自身で撤去から処分ができれば、粗大ごみとして処分ができます。

料金は自治体によって異なりますが、1,000円ほどで回収してくれます。

ただし、据え置き型の食洗器を水栓から取り外したり、撤去するには複雑な作業が必要になります。

苦手な方は費用は掛かりますが、業者に依頼することを検討しましょう。

ビルトインタイプ食洗機

ビルトインタイプはキッチンに埋め込まれているタイプです。

壊れた、処分したいと思ってもご自身で簡単に撤去できるものではありません。

ビルトイン食洗機は据え置き型食洗機よりも、本体を水栓やキッチンのシンクから取り外す手間がかかります。

業者に取り外し作業を依頼すると別途10,000円〜20,000円程度がかかると想定されますが、業者や製品などによって金額は同じではありません。

手間や時間とコストを照らし合わせて、自分で取り外すか業者を活用するか考えましょう。

食洗機を処分する3つの方法

設置している食洗機によって処分料金も異なることが分かりました。

食洗機を処分するとしたら、大きく分けて3つの処分方法があります。

ご自身に合った処分方法を見つけましょう。

粗大ごみとして出す

粗大ごみとして処分する場合の大体の流れは下記の通りです。

・電話またはホームページから申し込み

・回収日までに粗大ごみ処理シールをコンビニなどで購入

・回収日に処分場所まで運搬する

手間はかかりますが、比較的お安く処分ができます。

ただし、取り外しから運搬までできた場合に限ります。

ビルトインタイプや、もし万が一ご自身で撤去して運搬するのが難しい場合は、利用することができません。

リサイクルショップに買取依頼する場合

リサイクルショップで買い取ってもらえれば処分費用を掛けずに処分ができるので、嬉しいですよね。

ただし注意しなければならないのは、買取りの基準です。

家電製品全般にいえるのは、製造から5年以内であることを買取条件にしていることです。

5年を過ぎたころから、家電製品は何らかの異常が起こりやすくなるため、リセールすることが難しいとされています。

リサイクルショップの買取価格は査定を見てから、買取店舗を決めるといいでしょう。

食洗機の買取り強化をしているショップなら、売りやすいかもしれません。

不用品回収業者に依頼する場合

食洗機1点で不用品回収業者に依頼するまでもないと思っている方が多いのではないでしょうか。

不用品回収業者PORTEの回収方法はとても柔軟に対応です。

便利なサービスは、電話やメールなどで問合せすれば、予定があえば即日出張見積・回収もしてくれます。

さらに引越などでまとめて不用品を処分したい場合、一気に片付けることができます。

状態がいいものであれば買い取りができることもあります。

設置したままでも問題ありません。取り外しが必要なビルトインタイプの場合、事前に相談しておくようにしてください。

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

食洗機の取り外しから処分までの流れ

食洗機の取り外しから処分までは手間がかかり、素人だと多少難しい作業もあることが分かりました。

食洗機を取り外して処分するまでの流れを解説します。

自分で取り外し、自治体で処分する

据え置きタイプの食洗機は、一般の人でも簡単に設置できます。

取り外しは設置の手順の逆と考えると良いでしょう。

  1. 庫内の水を排水する
  2. 分岐水栓のコックと閉じる
  3. 電源プラグ・アースを外す
  4. 分岐水栓から給水ホースを外す
  5. 排水・給水ホースを本体に粘着テープなどで上向きに固定する

食洗機は水を使う家電ですので、取り外し時も注意して扱いましょう。

取外しができれば、あとは粗大ごみの申し込みをして、回収場所に処分する流れになります。

 専門業者に依頼する

ビルトインタイプの食洗機は、キッチンに組み込んで設置しているタイプです。

水道工事や電気工事の技術や知識がない場合は容易に取り外すことはできません。

また、取り外した後、キャビネットをどうするかという問題もありますので専門業者に依頼するのが賢明です。

もし、取り外した食洗機を処分するのなら、取り外し、回収もしてくれる不用品回収業者に依頼するのがベストです。作業は全て業者にお任せできるので、自分で取り外しをする必要はなく処分することができます。

 食洗機を廃棄するときの注意点とポイント

処分するときの注意点を見てみましょう。

食洗機の処分方法の注意点

タイプによって処分方法が異なります。

ご自身で処分できる食洗機なのか、撤去を業者に依頼する必要があるのか、確認しておくと、スムーズ処分できるでしょう。

食洗機を高価買取してもらうには?

食洗機を買取強化している店舗ですと、高く買取りしてくれるかもしれません。

家電製品全般にいえるのは、製造から5年以内であることを買取条件にしているところが多いでしょう。

買取り査定に出す前に、綺麗に掃除をすると良いでしょう。見た目がピカピカな状態の方が買取価格が若干上がる可能性もあります。

再利用と買い替えの選択肢

まだ使える場合は、捨てるのはもったいないですよね。

処分せずに再利用できる方法を見てみましょう。

人に譲る

知人の方で譲ってほしい方がいる場合やジモティで近くで譲ってほしい方がいた場合、廃棄することなく必要な人の手に渡るので嬉しいですよね。

ごみの削減にもなるので、環境のためにも良い方法です。

リサイクルショップに買取を依頼する

製造から5年以内であれば、リサイクルショップで買取が可能です。

もし使っている食洗器が5年以内であれば、一度相談してみるのも一つの手です。

食洗機の廃棄処分を含む取替工事

買い替え時に、古いものと新しいものを同時に取替え工事が出来たら、一石二鳥ですよね。

家電量販店によっては下取りや交換工事をしている店舗もあります。

事前にネットなどでチェックしておくとよいでしょう。

まとめ

食洗器の処分方法についてご紹介しました。ご自分に合った処分方法は見つかりましたか?

最後に確認しましょう。

食洗機の処分方法はさまざま

食洗器の処分方法はいろいろあります。

自治体のごみとして処分

リサイクルショップで買取

不用品回収業者に依頼

処分にかかる料金はタイプによって異なる

食洗器には2つのタイプがあります。

据え置きタイプ

ご自身での撤去ができるため、自治体のゴミとして処分ができるため、比較的安価で処分できる。

ビルトインタイプ

素人では取り外しが難しいため、専門業者を手配する必要があります。

料金として10,000円~20,000円ほど

取り外しから処分までの流れを理解する

取外しから処分まで、普通に不用品を処分するより多少手間がかかることが分かりました。

費用対効果を考えて、業者に依頼することを検討してみるのもよいでしょう。

再利用や買い替えも選択肢の一つ

知人の方に譲ることができたり、うまくリサイクルができれば処分費用を掛けずに処分ができます。さらに、ごみの削減にも繋がり環境にもいいですよね。

適切な処分方法の選択が重要

なるべく費用を掛けずに処分するとなるとご自分で取り外しや運搬する必要があり、手間や時間がかかります。

不用品回収業者に依頼すれば、取り外しから処分まですべてやってくれます。

不用品回収のPORTEであれば、お問合せいただければ柔軟に対応させていただきます。

まずはご相談だけでも一度お問い合わせくださいね。

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次