洋服の処分方法をプロが解説!効率的かつ賢い方法で不要な衣類を手放すにはどうすればいい?

洋服の処分に迷ったら参考にしましょう。タイミングの見極めからリサイクル、寄付まで、様々な方法をご紹介します!スムーズに衣類を手放しましょう。

いらなくなった洋服をスマートに手放し、新しい価値を見つけよう!

いらなくなった洋服の処分、どうしていますか?

気がついたらクローゼットに収まらなくて、整理をしようと決意する人も多いでしょう。

洋服の処分には色んな方法があるんです。処分、リユース、寄付、リメイクなど…。

それぞれの特徴を理解して、自分のシチュエーションに合った処分方法を見つけましょう!

目次

洋服の処分を考えるタイミング

いつの間にかクローゼットの中が溢れてしまっていた…そんな経験はありませんか?

そんな時は思い切って整理するのが良いでしょう。

 クローゼットの整理・断捨離のススメ

クローゼットや押し入れの中が洋服でいっぱいになったら、それは断捨離するタイミングです。

いざ整理してみると、もう着なくなった洋服や、買ったのに一回も着ていなかった洋服が出てくる…なんてことがあるかもしれません。もので溢れた状態では、衛生的にも良くありません。

「2年着てない服は処分する」などルールを決めて必要なもの・不要なものに分けると良いでしょう。

断捨離して整理することで綺麗になるのはもちろん、気持ちもスッキリするので気分転換にもなります。

洋服の状態と処分の選択

長年着ていると、裾や袖がほつれてくることがありますよね。頑固な汚れは、洗濯機では落ちないこともあります。そんな時は処分を検討した方が良いでしょう。

また、捨てる洋服の中には、ほぼ新品の洋服もあるかもしれません。そんな時は廃棄ではなく、リサイクルやリユースを検討する方法もあります。

洋服のリサイクル・リユース

綺麗な状態の洋服であれば、廃棄の前にまずはリサイクルやリユースすることを考えましょう。ごみの削減になりますので、地球環境に優しい取り組みになります。

リサイクルショップで売却

リサイクルショップなどの買取専門業者に、着なくなった洋服を買い取ってもらうことができます。店舗によって取り扱っている品目が違いますので、ご利用の店舗の取り扱い情報を確認してから持ち込むようにしましょう。

汚れや欠損がある場合は、引き取りを断られることがあります。また、買取査定額を出してもらってから売却するようにしましょう。

大量に処分したい場合は、出張買取郵送サービスを利用すると良いでしょう。ただし、大量生産した洋服類は、ほとんど値段がつかないことがあります。

フリマアプリやオークションサイトを利用する

最近は、フリマアプリネットオークションを利用する人が増えてきましたね。洋服もよく取引されています。自分で値段を設定できるのがメリットですね。ブランド品などは需要が高いでしょう。

ただし、すぐに買い手が見つかるとは限らず、売れるまでは自宅で保管しておく必要があります。クローゼットの断捨離が目的ですぐに処分したい!という方には向かない方法でしょう。

ブランド・店舗の回収ボックスを利用する

洋服メーカーでは、着なくなった洋服の回収を行っています。店舗によっては、メーカーを問わず受け入れているので、便利ですね。

代表的なアパレルメーカーは以下の通りです。

ユニクロユニクロ・ジーユー・プラステで販売した全商品。インナーやソックス、グッズ商品も含む。
H&Mブランドや状態を問わず可能
無印良品無印良品で販売している衣料品全品が回収対象。下着・靴下は回収不可。
ZARAすべての種類の衣類が可能

\不用品の回収でお困りの方は、PORTEにお任せください!/

洋服の寄付・支援

洋服の寄付を募っている団体もあります。

支援団体への寄付

古着は、支援団体へ寄付することもできます。多くは、アフリカの発展途上国に送られています。支援団体によって寄付先や支援内容が異なりますので、寄付したものがどこへ行くのかをよく確認してから寄付するようにしましょう。

 地域の寄付活動への参加

地域の地区センターなどでは、定期的に古着の回収を受け付けているところがあります。

行政のホームページに掲載されてますので、確認すると良いでしょう。

古着として国内に送られたり、洋服をリサイクルして新たな製品に生まれ変わったり用途は様々です。

洋服の廃棄・ゴミとしての処分

汚れや破損が酷いものは、ごみとして廃棄しましょう。

可燃ゴミとしての処分

通常の洋服であれば、可燃ごみ(燃えるごみ)として一般ごみに出すことができます。ごみ袋に入れて、指定の曜日に出しましょう。

不用品回収業者への依頼

洋服ごみが大量にある場合や、引っ越しなどで他にも不用品が多数ある場合は不用品回収業者にお願いするのが便利です。

家具や家電、日用品までほぼ全てのものを回収してくれるので、運搬の手間なく処分することができます。

希望の日時に予約を入れ、見積もり〜見積り額の確認〜回収という流れで利用することができます。

\不用品回収のPORTE 回収事例の記事はこちら/

洋服のリメイクや再利用

洋服をアレンジしたり、裁断して別の用途に使用したりする方法もあります。

リメイクやリフォームの方法

洋服に穴が空いてしまったら修復したり、ワッペンを貼ったりすることで再び着ることができます。子供服の場合はお子様が成長すると着れなくなってしまうので、洋服を活用してバッグやポーチを作ることもできます。

自宅での再利用アイデア

洋服は布でできていますので、切断して雑巾として使うことができます。特に、窓のサッシなど頑固な汚れを掃除する時には、使い捨ての雑巾を使うのが便利ですね。

洋服処分の注意点・費用

処分前に抑えておくべき注意ポイントがあります。

処分方法による費用の違い

寄付や店舗の回収は、基本的には無料でできますが、郵送による寄付の場合には郵送料がかかります。店舗まで、重い荷物を持って出向かなければなりませんね。

リユース品として売却する場合には費用はかかりません。

不用品回収業者の場合は回収費用はかかりますが、他の不用品とまとめて依頼することによりお得に利用できます。運搬コストがかかりません。

悪徳業者から身を守る方法

回収業者の中には、違法に取引をしている業者も存在します。トラックに載せた後に、全てが無料ではないと最終的に高額請求をするケースもあります。

そのような業者は一部ですので、悪徳業者に引っかからないように、しっかり見極める目を持つことが大切です。

まずは、しっかり許可を得ているかを確認しましょう。不用品を回収するには「古物商」の許可が必要です。

見積もりを無料で行っているところを利用し、料金の内訳をよく確認すると良いでしょう。

また、寄付を募っている団体で、古着の寄付には料金がかかります、と言っている団体はかなり怪しいので関わらない方が良いでしょう。

まとめ

タイミングの見極め

クローゼットや押し入れの容量を超えたら、断捨離と整理を行いましょう。不要なものがなくなって綺麗になれば、気持ちもスッキリして快適に過ごすことができるでしょう。

多様な処分方法の選択

処分、リユース、寄付、リメイクなど、様々な方法がありますが、その時の洋服の状態や自分の置かれてる環境を考慮して選ぶと良いでしょう。

リユースをすることで、ごみの削減に繋がるので環境の負荷を抑えることができます。資源を大切にすることを心がけると良いでしょう。

悪徳業者は利用しない!

無許可で営業している業者は避けましょう。

しっかり見積もりを出してもらって、利用するようにしましょう。

困った時は不用品回収業者にお願いしよう

引っ越しや大掃除などで大量に処分したい場合は、不用品回収業者にお願いするのが便利です。洋服はもちろん家具や家電、不燃ごみなど、どんなものでもまとめて回収してくれます。

また、希望の日時に予約を入れられますので「明日までの処分したい!」などの急な依頼にも対応してくれます。

不用品回収のPORTE(ポルテ)では無料で訪問見積もりを行っています。経験豊富なスタッフが多数在籍していますので、安心してご利用いただけます!

まずは、お気軽にお問い合わせください!

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
当記事の監修者
高岡 麻里恵
高岡 麻里恵さん
整理収納アドバイザー
自身も片付けが苦手だった過去から、出産を機に育児、家事の両立の生活に苦戦。 そんな生活をより良くするため、片付けが大切だと気付き、整理収納アドバイザーの資格を取得。 整理収納の知識を得て実践すると時間と心のゆとりができ、暮らしが豊かになった事から、同じ悩みを持つ方の力になりたいと思い 整理収納アドバイザーとして活動を開始。 現在はオンラインを中心に整理収納セミナーを開催。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次