【スチールラック】大阪府堺市中区 有限会社C様の不用品をお片付けしました!

大阪府堺市中区の有限会社C様からいただいた、不用品お片付けのご依頼についてご紹介いたします!

大阪府堺市中区にある有限会社C様が倉庫を閉鎖するにあたり、不要になったスチールラックのお片付けをご依頼いただきました。

重くて場所も取ってしまう大型家具のお片付けをPORTE(ポルテ)がお手伝いした流れがこちらです。

回収したもの:スチールラック

\不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!

STEP
お電話でのお問い合わせ

有限会社C様が、事業縮小にあたって、借りていた倉庫を閉鎖することになり、倉庫で使用していた大型のスチールラックのお片付けをご検討される中で、ご担当者様がPORTE(ポルテ)のHPをご覧いただき、お電話にてお問い合わせいただきました。

「10畳ほどの倉庫の壁際全体に設置していたスチールラックを引き取ってほしい」「解体したら費用は安くなるか」とご質問あり、PORTE(ポルテ)では大型のスチールラックも引き取り可能であること、お見積りは現地判断になるが、解体していただければ、お荷物の容積も小さくなるので、その分プラン料金や解体作業費を抑えられるかもしれないとお伝え。「では一度見積もりしてもらいたい」「最短でいつ来てもらえるか」とのことでしたので、明日であればこのお電話でご予約お取りできることをお伝えし、有限会社Cのご担当者様のご都合に合わせて、翌日13-16時の間でご予約をお取りしました。

STEP
お見積り訪問当日

予め、有限会社Cのご担当者様より、到着時間が分かったらできるだけ早く連絡が欲しいとのご要望をいただいておりましたので、朝9時の段階でだいたいの到着目安時間をご連絡し、お伝えしたお時間に、現地スタッフが有限会社C様をご訪問しました。ご担当者様も、到着時間に合わせて待っていてくださり、早速、倉庫のスチールラックを拝見して、大きさや重さ、材質、搬出環境などからお見積金額をご提示させていただきました。

すでに社員様方で解体してくださっていましたので、解体する前よりも1つ下のプラン料金のご案内となりました。そのくらいであれば承認下りると思うが、稟議に通す必要があるため、見積書を発行してほしいとご依頼があり、お見積り当日中にメールで御見積書をご送付。

翌日、有限会社Cのご担当者様より、稟議が通ったので、3日後に回収してもらいたい、支払いは月末振込になるので、先に請求書を発行してもらえないかとご連絡をいただき、御請求書をメールでお送りしたうえで、3日後の13-16時でお片付け作業のご予約をお取りしました。

STEP
後日回収作業

お見積りから4日後、改めて有限会社C様をご訪問。解体されているスチールラックの部品がバラバラにならないよう、作業員が持参した養生テープで部品をまとめて、2名で手分けして搬出し、20分ほどで作業が完了しました。

有限会社Cのご担当者様からも、「解体してあったとはいえ、あんなに大きくて重くて場所を取っていたスチールラックを短時間で片付けてもらえて、倉庫もすっきりして良かったです!片づけはまだ終わっていないので、またポルテさんにお願いしたい」と嬉しいお言葉をいただきました!

ぽるるん

大きい家具は、もしご自身で少しでも解体できるなら、解体して容積を小さくしてもらうと、プラン料金を安く抑えられる場合があるよ!ただ解体する場合はケガなどしないように気を付けよう!

目次

お客様の声

今回、倉庫を閉鎖するために片づけをしていて、できる限り費用をかけずに社員で手分けして処分を進めていましたが、大きいスチールラックだけは処分に困っていました。そんな中でポルテさんのHPを見つけて、初めて問い合わせをしましたが、受付から見積もり・回収作業のときまで、とても親切に対応してもらいました。少しでも費用を抑えようと社員でラックの解体もしましたが、その分お見積りも安くしていただけてとてもありがたかったです。まだ倉庫の不用品は出ると思うので、処分に困ったらまたポルテさんにお願いしたいと思います。

有限会社C様のお片付けのお役に立てたようで幸いです!PORTE(ポルテ)では、お客様のご予算内でのお片付けなど、できる限り柔軟にご要望にお応えできるよう努めておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ♪

あわせて読みたい
【シーリングライト、スチールラック、シェルフ、テーブル】神奈川県小田原市にお住まいのM様からいただ... お引越しに向けて、不要品の回収をご希望されていた、神奈川県小田原市にお住まいのM様。LINEでのお見積もり訪問のご予約からお片付け作業までの流れをご紹介させていた...

不用品の処分でお困りの方は 安心&安全のPORTEにお任せください!/

電話ボタン
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次